元・副会長のCinema Days

映画の感想文を中心に、好き勝手なことを語っていきます。

「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」

2007-07-28 06:56:39 | 映画の感想(は行)

 極端な自意識過剰女を演じている佐藤江梨子や、漫画家志望の根暗なその妹に扮する佐津川愛美の演技など、まったく大したものではない。私見だが、ああいう“最初からぶっ飛んだ役”は、当初の“掴み”さえ分かればあとはノリで何とかなるのだと思う。彼女たちのような基本的演技力がままならない者にとっては“都合の良い役”だったのではないだろうか。

 対して真に凄みを感じさせるのはサトエリの兄嫁を演じる永作博美だ。実際、この映画は彼女のためにあると言っても良い。貞淑で働き者の農家の嫁・・・・という設定ながら、実は異常な生い立ちを持ち、そのために“家族”に対して異常なほどの執着を見せるが、本人は夫とのセックスレス生活を長年続けていて自ら“家族”を持つことに関して完全に腰が引けている。そのアンビバレンツな精神構造が映画が進むにつれジリジリと表面化し、徐々に狂気の世界に足を踏み入れてゆくプロセスは圧巻と言えよう。永作の実力のほどを見せつける怪演である。

 だが、どちらかというと脇のキャラクターである彼女が目立ってしまったこと自体、本作の不成功ぶりを印象づけるものだ。どうしようもない姉妹二人の泥仕合など、観ていて鬱陶しいだけで何のカタルシスもありゃしない。ヘンな連中におかしなことをやらせて、それを作者が勝手に面白がっているだけみたいな印象を受けてしまう。まずは、舞台となる石川県の片田舎のリアリティを徹底的に描出すべきではなかったか。現実が描けてこそ非現実が活きるのは常識以前のことである。

 これが劇場用長篇デビューとなる吉田大八監督はCM界出身らしく、なるほどテンポは良く凝った映像処理も手慣れたものだが、観客の心にグッと迫る求心力の発揮は、まだまだのようだ。今後の精進を望みたい。

 それにしても、佐藤江梨子のようなアマゾネス的ルックスの女優は、邦画界では本作みたいな現実離れした役しかやらせてもらえないのは仕方がないのだろうか。この映画はカンヌ映画祭にも出品されたことだし、海外進出してみるのも面白いかもしれない・・・・と、勝手なことを言ってみる(^^;)。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「屋根裏の散歩者」 | トップ | 参院選の結果に思う。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ (朱色会)
<腑抜け>なんで…観てきました。とても心に残る秀作だと思う。3連休のどこかでご覧ください。http://www.funuke.com/ 鑑賞記:「おんなたちのさまざまな出家(入家)模様」 私は男なので、想像でしかないのだが、おんなにとって<家>とは特別なものなのだろう。 <家>...
『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』 (TATSUYAのシネマコンプレックス)
黄色いブラックコメディの秀作。  やっと夏らしい夏になってまいりました。レイトショーに持って来いの季節。で、梅田シネリーブルのレイトショーで観たのがこの映画『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』であります
【映画】腑抜けども、悲しみの愛を見せろ (新!やさぐれ日記)
■状況 MOVIX伊勢崎にてレイトショウで観賞 ■動機 チャットモンチー(主題歌担当)にお願いされた為 ■感想 思いのほか面白くて驚いた、満足 ■あらすじ 両親の訃報を受け、女優を目指して上京していた長女・澄伽(佐藤江梨子)が故郷に戻ってくる。自意識過剰...