元・副会長のCinema Days

映画の感想文を中心に、好き勝手なことを語っていきます。

「レヴェナント:蘇えりし者」

2016-05-06 06:23:06 | 映画の感想(ら行)

 (原題:The Revenant)本作で念願のオスカーを獲得したレオナルド・ディカプリオの演技は、確かに見応えがある。また、エマニュエル・ルベツキのカメラが捉えた厳しくも美しい自然の風景は、高く評価されてしかるべきだ。しかし、その2点を除けばこの映画は大して上等だとは思えない。無駄に長い上映時間も含めて、マイナス要因が多すぎる。

 1823年、西部開拓時代のアメリカ北西部。極寒の中で毛皮を採取しようとした狩猟チームはインディアンの襲撃を受けて、多数の犠牲者を出しながらも命からがら船に乗り込み、川を下る。その中のひとりで道案内役のヒュー・グラスは、ネイティヴアメリカンの妻との間にできた息子のホークを連れて参加していた。船を捨てて山に入った一行だが、見回りに行ったグラスは熊に襲われ、瀕死の重傷を負う。彼らは何とかグラスを運ぼうとするが、足手まといになることは確実。隊長のアンドリュー・ヘンリーはグラスの最期を見届けて埋葬するためにホークとジョン・フィッツジェラルドそして若いジム・ブリッジャーを残し、軍基地への行程を急ぐ。

 ジョンはグラスを亡き者にしようとするが、その現場をホークに見つかり、彼を殺してしまう。ジョンは事実を知らないジムをだましてグラスに軽く土をかけただけでその場を離れる。息子の死の一部始終を見ていたグラスは危篤状態だと思われたが、奇跡的に一命をとりとめ、傷ついた身体を引きずりながらジョンを追う。実話に基づくマイケル・パンクの小説の映画化だ。

 あの時代にロクな治療も受けられず、山中に放置された重傷者が生還するとは俄かに信じがたい。それ以前に、グラスが置き去りにされる経緯やホークが殺されるプロセス、ジムがジョンの言い分に疑問を抱くようになるくだりが、何とも無理筋である。

 さらには七転八倒しながら荒野をさまようグラスが、どのようにして回復していくのか、そのあたりがまるで説明不足。常識で考えれば、冷たい土の上で一晩過ごしたり、厳冬の川に飛び込んだりした時点で即あの世行きだと思うのだが、作者は“実話なんだから納得しろ”と言わんばかりの態度を崩さない。

 グラスの過去に関する映像がフラッシュバックとして挿入されるが、これが思わせぶりで何が言いたいのかよく分からず、グラスがいつの間にかネイティヴアメリカンの長老の娘を救っていたという話も御都合主義である。極めつけは、逃げたジョンを終盤追跡するのがグラスとヘンリー隊長の2人だけという点。武装したならず者を追いつめるには、もっと人数を集めるべぎだろう。

 斯様に要領を得ない話を延々と2時間半以上も見せられると、いい加減ウンザリしてくる。もっとコンパクトに要領良く仕上げられなかったのだろうか。アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの演出は、形而上的なネタに酔いしれるばかりでテンポが悪い。形振り構わぬ熱演を見せるディカプリオも、何となく宙に浮いた感じになっている。坂本龍一の音楽は可もなく不可も無し。鑑賞後の疲労感は大きかった。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ダンシング・ヒーロー」 | トップ | 「第13回九州ハイエンドオ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画の感想(ら行)」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

「レヴェナント 蘇えりし者」 (ここなつ映画レビュー)
レオナルド・ディカプリオは年を取ってから(失礼!)の方が好きなので、彼がオスカーを受賞した事は、心からおめでとうを言うよりほかの気持ちは無い。むしろ遅い、遅過ぎた、という気持ちがある程だ。というか、何もこの「レヴェナント~」で獲る必要があったのか?とい...
レヴェナント:蘇えりし者  監督/アレハンドロ・G・イニャリトゥ (西京極 紫の館)
【出演】  レオナルド・ディカプリオ  トム・ハーディ  ドーナル・グリーソン 【ストーリー】 アメリカ西部の原野、ハンターのヒュー・グラスは狩猟の最中に熊の襲撃を受けて瀕死の重傷を負うが、同行していた仲間のジョン・フィッツジェラルドに置き去りにされてしま...
レヴェナント 蘇えりし者 (映画的・絵画的・音楽的)
 『レヴェナント 蘇えりし者』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)主演のディカプリオがアカデミー賞主演男優賞を受けたというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、夜、横になっている主人公のヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)が、先...
レヴェナント:蘇えりし者 (to Heart)
THE REVENANT 上映時間 156分 映倫 R15+ 監督 アレハンドロ・G・イニャリトゥ 脚本 マーク・L・スミス/アレハンドロ・G・イニャリトゥ 音楽 坂本龍一 出演 レオナルド・ディカプリオ /トム・ハーディ/ドーナル・グリーソン/ウィル・ポールター/ルーカス・ハース 1823...
レヴェナント (もののはじめblog)
レヴェナント 蘇えりし者 実話を基に”復讐のために過酷な状況を生き抜く、決して諦めない男”を描く。(156分) 瀕死の重傷を負いながら生存本能を糧に、追う者と追われる者が交叉する強靭な男のサバイバル・ドラマ。 息遣いが荒くなる。 極寒の未開の地で凍った川に入...
レヴェナント 蘇えりし者/THE REVENANT (我想一個人映画美的女人blog)
「アモーレス・ペロス」 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」の アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督が、 実話を基に”復讐のためだけに過酷な状況を生き抜く、決して諦めない男”を描く。 原題のレヴェナントには、「帰...
レヴェナント 蘇えりし者 / The Revenant (勝手に映画評)
レオナルド・ディカプリが、アカデミー賞(主演男優賞or助演男優賞)ノミネート5度目にして、初めて主演男優賞を受賞。これで彼も、無冠の帝王を脱したわけですね。 初めてのアカデミー主演男優賞のレオ様の重厚な演技が光っているそんな話題作ですが、同じく今回のアカ...
大自然の猛威の中に (笑う社会人の生活)
25日のことですが、映画「レヴェナント:蘇えりし者」を鑑賞しました。 IMAXにて 狩猟中に熊に襲われ瀕死の重傷を負ったヒュー・グラス グラスを足手まといだと狩猟メンバーのフィッツジェラルドは置き去りにし 反抗したグラスの息子も殺害 かろうじて生還したグラス....