元・副会長のCinema Days

映画の感想文を中心に、好き勝手なことを語っていきます。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」

2017-05-20 06:36:06 | 映画の感想(か行)

 (原題:GUARDIANS OF THE GALAXY VOL.2 )面白いと思えなかったのは、何も前作を観ていなかったからではない。おなじみMARVELの作品ながら、設定自体が他のシリーズとは“一線を画した”ようなつまらなさ。大して工夫の無い筋書きを、狂騒的に粉飾してハデっぽく見せようとしているだけ。鑑賞後は疲労感だけが残った。

 地球からやってきたピーター・クイルをリーダーとする宇宙のはみ出し者チーム“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”は、今日も某惑星の依頼によるモンスター退治を引き受け、小金を稼ごうとしていた。ところがメンバーの一人であるアライグマのロケットが、その惑星の貴重品を勝手に拝借してしまったことから、彼らは追われる身となる。膨大な数の敵艦隊が迫り絶体絶命と思われたとき、ガーディアンズを救ったのは“ピーターの父親”を名乗る謎の男エゴだった。

 エゴが昔地球を訪れたとき恋人が出来て、その際に生まれたのがピーターなのだという。エゴは宇宙創成の頃から生きている“神”みたいな存在で、彼は自分の後を継いでくれる者としてピーターを指名したのであった。一方、ヨンドゥ率いる宇宙海賊や件の惑星からの追撃隊、さらにはメンバーのガモーラを付け狙う彼女の妹ネピュラなどもガーディアンズに迫り、彼らは四方八方からの敵に対峙するハメになる。

 同じMARVELのキャラクターの多くが地球(現実世界)を舞台に活動しているのに対し、ガーディアンズの仕事場は宇宙である。つまりは現実との接点もギャップも無い“何でもあり”の作品世界で、こういうシチュエーションではよほど話が面白くないと楽しめない。しかし本作のシナリオは実に幼稚だ。

 行き当たりばったりに見かけだけハデな登場人物を多数並べ、ワーワーギャーギャーと叫ばせて走り回らせることの繰り返し。そもそも、エゴがオールマイティの存在ならば、こんな七面倒臭いプロセスを踏まずにとっととピーターを拉致すれば良いではないか。しかも、意外な“弱点”もあるという設定には脱力するしかない。

 ジェームズ・ガンの演出は平板で、全編を埋め尽くすギャグ(らしきもの)は全くウケず。CG満載の賑々しい画面や、アクション場面の段取り、さらにはメカ・デザインなども既視感があってシラけてしまう。

 主演のクリス・プラットをはじめゾーイ・サルダナやデイヴ・バウティスタ、マイケル・ルーカーといった面々も、別に彼らでなくてもいいような役柄をこなしているのみ。シルヴェスター・スタローンとカート・ラッセルの扱いも大したことがない。エンド・クレジットの表記によれば次回作もあるようだが、私は観るのを遠慮したい。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「結婚ゲーム」 | トップ | アナログレコードの優秀録音... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。