元・副会長のCinema Days

映画の感想文を中心に、好き勝手なことを語っていきます。

「レ・ミゼラブル」

2013-01-16 06:37:07 | 映画の感想(ら行)

 (原題:LES MISERABLES)観ていて疲れた。とにかく、出てくる連中すべてが肩に力が入り、気張りまくって歌っている。全編フォルテの印象で一息つけるところがない。これは撮影と同時に歌を録音するという、ライヴ方式の弊害が出ていると思う。

 この方式は作り手にとっては“臨場感が出て良い”ということになるのだろうが、演じる側としては早い話が“一発録り”だ。キャストがここぞとばかり気合いと情感を込めたパフォーマンスに徹したつもりでも、観る方としては一本調子でメリハリのない展開に映る。しかも、当然の事ながら歌いながら演技をするのは難しい。歌に気を取られると演技がおろそかになる。その逆も然りだ。

 ここで“舞台版は皆歌いながら演技しているじゃないか!”という突っ込みが入るのかもしれないが、本来歌と演技とを別々に収録できるはずの映画と比べるのはナンセンスだ。どうして万全な状態での歌声をスタジオで録らなかったのか。ライヴ方式なんて、作り手の独善に過ぎないと思う。

 さらに、本作はセリフのほとんどが歌で表現されるという、いわゆるオペラ形式の作劇を採用しているが、これも大いに疑問だ。このスタイルのミュージカル映画で成功した例としては、私が思いつく限りではジャック・ドゥミの「シェルブールの雨傘」とケン・ラッセルの「トミー」ぐらいしかない。

 通常のミュージカル映画はドラマ部分と歌及び踊りのシーンとが分かれているのだが、ドラマ進行の途上で非日常的なミュージカル場面が挿入されることにより、映画全体が良い意味での“絵空事”になり(笑)、観客はそれを承知した上でストーリーが少々破綻していようと楽しめるのだと思う。

 しかしオペラ形式だと、セリフが歌に変わっただけの“普通のドラマ”として最初から受け取られてしまう。歌と踊りがいつ現れるかという、ワクワク感がない。だからオペラ形式のミュージカル映画としては、ドラマ部分も“非ミュージカル映画(?)”と同程度に練り上げるようなアプローチをしないと絵空事になってしまう。

 ひるがえってこの映画はどうかというと、そのあたりがまるでダメである。長大な原作、しかも決して単純ではない内容を2時間余りに収めることは至難の業だが、それを勘案してもこれは実に下手な脚色であり、話の辻褄が合っていない。ここで“元ネタの舞台版がそうだから仕方が無い”という意見は却下する。舞台版が映画化に向いていないのならば、この企画は取りやめた方が良かった。

 舞台セットやカメラワークも洗練されておらず、大作感は意外なほど希薄だ。ヒュー・ジャックマンやラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド(正式な発音はサイフリッドらしい)などの出演陣は頑張っていることは認めるが、トム・フーパーの演出が精彩を欠いていることもあり、いずれもあまり印象に残らない。世評は高いものの、個人的には面白い映画とは思えなかった。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「バトル・ロワイアル」 | トップ | 「TAMALA2010」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (こうじ@季節の小箱)
2013-02-28 21:57:33
こんにちは。ご無沙汰しています。
この映画、公開前から妻と娘が夢中で、
いっしょに連れていかれました。

アン・ハサウェイのソロのところだけは、
この人、すごい
と思いました。
それから、
ラッセル・クロウの編集処理の部分が
監督、えらい、
と思いました。

ちなみに、
ただ1本だけ好きな映画をあげろと言われたら、
「ジーザスクライストスーパースター」を
選ぶ僕です(^o^)。
歌詞カードを見ながらなら、
だいたい全部歌えます。
コメント、ありがとうございました。 (元・副会長)
2013-03-02 08:40:48
「レ・ミゼラブル」に対する個人的な感想は本文に書いたとおりですが、私の周囲にも観た者はけっこう多く、概ね評判は良いようです。これからミュージカル映画の本格的な「復権」が始まるのでしょうか。

まあ、ワタクシ的には「作る娯楽映画はすべてミュージカル」である(笑)インド映画の大挙公開を望むものですが、無理っぽいですね。もしも特集上映なんかを企画してくれれば足繁く通いたいと思いますが・・・・。

「ジーザス・クライスト・スーパースター」は若い頃に観ましたが(当然、リアルタイムではなくリバイバル上映でしたけど ^^;)、びっくりしたのがラストが「イエスの復活」ではなかったこと。これは何か意味があるのだろうかと、悩むこと小一時間だったことを覚えています(^^;)。

それでは、今後ともどうかよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画レビュー「レ・ミゼラブル」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
レ・ミゼラブル~サウンドトラック◆プチレビュー◆伝説的大ヒットミュージカルの映画化「レ・ミゼラブル」。音楽の力に圧倒される、力強い作品だ。 【70点】 19世紀のフランス。 ...