寺田本家24代目のブログ

寺田本家の24代目当主の発酵日記。
心を込めた自然酒造りや発酵の里へをめざす町おこしへの取り組みをご紹介しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

soybean flowers

2015-08-28 12:46:45 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白姓

2015-08-26 21:47:50 | Weblog


2014年に東京のミッドタウンで開催され、国内外から多くの評価を博した「コメ展」。その中に映像展示として流れた寺田本家のお酒造りの様子が「白姓」というタイトルでDVD化されました。
先代から引き継がれた思い、蔵人達の真摯にお酒造りに取り組む姿が美しい映像で綴られています。
他にも寺田本家の酒米を作ってくださる成田のおかげさま農場の高柳功さんや、新潟の和紙職人・小林康生さん、能登に伝わる儀式「あえのこと」など日本各地の米にまつわる人々や習俗が取り上げられた貴重な映像です。
ぜひご覧くださいませ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千葉錦

2015-08-12 12:18:06 | Weblog
自家田の在来種千葉錦
傾穂期も過ぎたくらい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戦争体験のお話

2015-08-09 22:41:43 | Weblog


長崎に原爆が落とされてから70年目の今日、昭和17年から28年まで満州にいた方の戦争体験を成田で伺いました。
「敗戦後は満州で食べるものも水も家もなく、日本政府はなんの助けもなく必死で生きてきた。22年に運良く立派な考え方の中国人の家庭に住ませてもらって28年に日本に帰ってこられた」
御年87才。
今聞いておかないと埋もれてしまうお話でした。

Today is a unforgettable Day for us
because of atomic bomb in Nagasaki 70 years ago.
So we had a event to hear elderly who experienced war.
He said no more wars in the world.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読売新聞の家庭欄

2015-02-18 19:49:39 | Weblog
今日2/18の読売新聞の朝刊家庭欄の酒粕特集に寺田本家のことを取り上げていただきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブラウンズフィールド

2015-02-11 16:39:24 | Weblog


ブラウンズフィールドのエバレットさんとデコさんたちが遊びに来てくれました。
今からドバイに料理の先生にしに行くそうです。
すごいなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全員集合!

2015-01-31 09:07:57 | 酒造り

集合写真を撮りました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今季最後の酛摺り

2015-01-27 13:54:57 | 酒造り
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湯気

2015-01-23 08:18:06 | 酒造り


湿度の高いこの数日は、蒸米を取り出す時に蔵の中は湯気に包まれます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

nid

2015-01-21 09:13:18 | メディア掲載情報
雑誌「nid」に寺田聡美のお料理を取り上げていただきました。
ご縁のある方もたくさん出てて素敵な号です。
よかったらご覧くださいませ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暮らし上手

2015-01-09 22:29:17 | メディア掲載情報
今週の月曜から金曜まで「暮らし上手」というサイトに寺田聡美のレシピをご紹介いただいています。
よろしかったら御覧くださいませ。

http://www.kurashijouzu.jp
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

noma

2015-01-09 22:25:16 | おいしいごはん
世界のベストレストラン50で1位に選ばれるデンマークのレストランnomaが今日から東京で期間限定でオープンします。
そこで寺田本家のお酒を独創的な料理に合わせて出していただいています。

nomaのシェフがどんなことを考えて日本に来たか、ご一読ください。

*************
私たちが長野県のどこぞ分からぬ森でキノコの「予言者」の後ろを追い、霧にどっぷりと包まれた時、ついに実感が湧いてきてしまった。
「俺らは、マジでやるんだ。日本でレストランを開けるんだ。。」

それは10月中頃の出来事でした。 私たちはそれまでに、この冒険のために凡そ2年の計画を既に費やしてきました。ですが、「一体俺は今どこにいるんだ?」と土を掘り返しながら考えていたまさにあの瞬間に、いきなり強く明らかな自覚となって現れたのです。

こんなことを、何年ものあいだ夢見てきたんだと思うのです。若いときに旅行する金もなく、ましてや自分のレストランをもっていないような若いコックの頃から。仕事のキャリアを積む中で、いつしかやっとこの神話の国で味わう事ができるようになり、欲望はより深まるばかり。西洋のシェフの同朋たちが、粛として敬意を込めて語る、この国の料理の度肝を抜かれるような種類の多さや技巧への一意専心というものに、できるだけ近づいてみたいと思ったのでした。私は単になんとなくで訪れて、発見をするだけでは飽き足らず、できうる限りこの地に一体化し、学びを得なければならなかった。


私は初めて懐石料理に、その歴史の深さを感じ、私たち西の料理人たちが食べたり調理したりする多皿コースよりもバランスの取れたものを見つけた。食器や建物のデザインは季節を反映しやすく整えられている。その「儀式」は、きめ細かな感覚、軽やかさ、そして季節感とは?ということを教えてくれた。

そしていま日本人の独創性から何を得られるかを思い、私たちの代表的な食材である慎ましやかなライ麦の穀粒を思う。スカンジナビアに生きてきた人々はこの穀物からパンやポリッジ(麦粥)を作り出し、生き長らえてきた。よくも悪くも、それはそこ止まりになっている。もし東へ行くならば、ここで米一粒が何に変わってゆくか注目したい。どれだけの信じられない発明がこのシンプルな素材から生み出され続けてきてきたのか。

心からインスパイアされたいがゆえ、私たちは単なる観光客の域をこえなければならない。ただ単に、スタッフ達と共に食べたり旅行したりするのではなくて、計画は(一時的ではあるが)完全なるレストランの移転へと発展した。私たちは海向こうのレストランを3ヶ月閉めることにした。私たちのささやかな企みは、一人残らずスタッフ全員を連れて行きつつ、食材はすべて置いてくるというものだ。私たちは私たちの感覚を、見知らぬ風味の景色に合わせてゆくことを決意した。自分たちの実力を推し量る機会に、ゼロから再スタートで挑む。

もちろん、なぜ?に対する理由はある。
11年間デンマークでの活動を経て、幸運なことに人々が私たちのレストランで食事することを望んでくれていると言えるようになった。そこまでの道のりは、厳しい試練以外のなにものでもなかった。毎日自らを挑戦の場にさらし、何時にも増して懸命に働き、なんどもなんども失敗に面し続けることによって、やるべきことを見出し、より良い理解を得てきた。この旅は思うに、私たちが築き上げてきたかもしれないうねりを一度断ち切り、心から私たちを畏めてくれるかもしれない。

心からインスパイアされるためには、私たちは単なるグルメ旅行者であることを越えなければならない。
我々のスタッフたちには、例えば、サバ料理を理想的な漬け具合にしたいが理由で、週に数度レストランに泊まり込む、とある料理人と出会わせてあげたい。その料理文化を深く理解することによって、私たちがどれだけ幼い子供のように見えるか感じてほしい。古い人間と若い人間がそんな舞台で出会うことは、なんとも不思議な感覚だ。両者がひとつのチームとして団結し共に何かに挑むなんてことは自分が思うに、この業界では過去そんなにできなかったことだ。これはまさに「おもてなしの心」を心から示すチャンスなのだ。「おもてなし」の一番近い訳語は”ホスピタリティー”だけれども、それは私たちが知るそれの、はるかもっと上のレベルにある。言うなれば、利他的な奉仕の型であり、日本文化の根底の一部である「寛容の精神」からくるものでもある。このことは、この国のどこでも出会うことができる。それがサービス提供の場でも、道で見知らぬ人に出会った時でも。そしてこのことが、東京で開くレストランで実践できるようになり、コペンハーゲンへ持って帰りたいことの一つなのだ。

日本の料理の幅広さ、美しさ、複雑さなどに関しては、たくさんのことが今まで語られてきた。がしかしながら、今を以って料理人と食べ手の全ての人が、もっとたくさんの模範から学ぶことがあるはずだ。それが『なぜ今日本にいるのか?』の答えなんだ。そうなんだ、なぜならここにいると、気持ちをひっくり返してくれるからなんだ。何が起こるか誰にもわからない。快適な処から飛び出ることが、料理人にとっては重要なんだ。いつかは、チャレンジしないと。次に何が起こるかわからない状況は、いつも私たちに恩恵を与えてくれる。そうまさに、不確実性と冒険、、これが私たちが今、渇望していることなんだ。

レネ・レゼッピ / シェフ、共同経営者 ノーマ (コペンハーゲン)

http://www.theworlds50best.com/list/1-50-winners/noma
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手 酛

2014-12-30 07:33:05 | 酒造り


山卸し作業をする前に夜中に何度も手で天地返しをします。
今日は今年最後の山卸し作業です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒仕込み

2014-12-23 07:56:51 | 酒造り

朝の櫂入れ

朔旦冬至の日の醍醐のしずくの醪

発芽玄米麹
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

枝豆の先生

2014-10-17 12:42:05 | 発酵の里



地元の小学校の生徒たちに「種まきからはじめる味噌作り授業」の先生をしてきました。
今日の作業は枝豆収穫。

天気も良くって最高の枝豆日和でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加