チャプリコ♪♪

みんなちがってみんないい

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

リアルなタラレバ

2017年03月30日 23時54分21秒 | 日記

ほんと、人生って何が起こるかわからない。

想像つかなかったことが、さらっと起きてしまう。

簡単に、自然に。

その事実に、気持ちがついていけていない。

夢だったのかも、とさえ思ってしまう。

 

 

 

私が人生で一番信頼していた人

人生で一番好きだった人

一番、一生一緒に居たかった人

 

もう絶対に、一緒にはいられない人

いてはいけない人

 

 

 

なぜ、私を選んでくれなかったのか

なぜ、私じゃダメだったのか

わたしのことをどう思っていたのか

 

ずっと頭の中から離れなかった。

でも、聞けなかった。

ずっと、聞けないものだと思っていた。

 

まさか、このタイミングで話せるなんて思ってもいなかった。

 

 

 

「腕枕した時の事覚えてる?」

忘れるわけがないよ。

一つひとつ、覚えてる。

どんな気持ちだったか

どんなに幸せだったか

 

あの時、私が一瞬起き上がったときに、ドキッとした、そう。

あのままちゅーとかしてたら、どうにかなってたかもね。

今頃、違ったかもね。

 

そんな風に言われたのが始まりで。

 

そうだよ。


そのままちゅーでもしてしまおうかと思って起き上がったんだもの。

でも、出来なかった。

そんな勇気私にはなかった。あの時は。

 

 

 

そして、わたしのこと

見た目がタイプ。いつも戸田恵梨香が大好きで、私に似てるって言ってたじゃん。

(似てない。し、そんなこと言ってない)

体型もタイプ。

じゃあ中身がダメだった?と聞くと

中身も一緒にいて楽しい。好き。

いい匂いだし、髪の毛も好き。触りたくなる。

 

 

じゃあ一体何がダメだったんだよ!ってなるけど。

 


職場が一緒の人は基本、そういう目で見たりはしない、らしい。

でも、私は特別だったと。

あんまり喧嘩とかしないタイプだけど、私には言いたいことを言った、と。

 

年を重ねるごとに、綺麗になっていく、と。

 

 

 

 

この言葉、1年前に聞いていたら、きっと幸せだった。

人生で最大の、幸せだった。

この世の中で一番幸せ者だったかもしれない。

 

 

今聞いても、悲しさしか残らない。

 

 

私も伝えた。

こんなに自分の思っていることを人に伝えたことなんて

今まで生きてきた中で1度もない。

 

 

5年くらい(いや本当はもっとだけど)ずっと好きだったこと

以前に何度か伝えているのに本気にしてくれていなかったこと

それがとても悲しかったこと

あなたは私のドンピシャでタイプなこと

あなたの好きなところ

私も人と喧嘩することなんて親以外では皆無なこと

それだけあなたが特別だってこと

この世の中で誰よりも、一番、信頼していたこと

大好きなこと

 

 

 

あの時、ちゅーしてたら

これが1年前だったら

 

タラレバ男にタラレバ女か!

 

 

でも、タラレバ言うってことは、後悔しているってことで、

後悔とは、そこに愛があった証であるって

前にドラマでそんなことを言っていた。

 

 

 

 

一番望んでいたことが

一番幸せだったはずのことが

悲しさでしかない。

 

 

 

今はまだ、心の整理がつかない。

一つひとつ、整理していきたい。

この場所も、お借りします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 逃げ道 | トップ | 勇気 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事