ハリが効いた!でも誰も信じてくれない。

「万能快鍼法」を土台に、現状を見直し新たな医学・医療の確立をめざす、チャレンジ鍼灸師の歩み。

「ハリ」は体表に沿って気持ちよく刺して 効果があるっる。! ⑤

2017-07-31 18:30:22 | 鍼灸学の過去と現在・未来は
「ハリ」は体表に沿って気持ちよく刺して
効果がある! ⑤

「持鍼の道は、堅なる者を宝となす。
正しく指して「直刺」し、鍼を左右するなかれ。」


ここの「直刺」をどう読むかの問題である。
おそらく「古代人」には全然「問題」などなかったと思われる。
鍼は表皮に沿って水平にしか刺さないからである。
「ツボ」とは表皮の「反応点」ということは
当たり前の認識だったのである。

後代の「学者」によって、
「文献の詮索」が「学問」とされ、
実際の刺鍼の研究は行われず、
「直刺」は「縦に刺す」ことが自然に当たり前に
なっていったと考えられる。


iタウンページ
中川求真堂
☎ 028-633-1866
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 両下肢がパンパンにむくんだ... | トップ | 血尿の患者、ハリ治療の効果... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鍼灸学の過去と現在・未来は」カテゴリの最新記事