ハリの医術でラッキーライフ・「最高の鍼灸」をめざして!

患者中心の新たな人間医療を築く”いしずえ”「万能快鍼法」の確立をめざす、チャレンジ鍼灸師の歩み。

脊柱管狭窄症の再手術をしたのに、また腰痛が・・・・・

2016-10-21 09:23:39 | 症状① 運動器系やいろいろな痛み
脊柱管狭窄症の再手術をしたのに、また腰痛が・・・・・

昨年12月に左腰痛がひどく、
大学病院で「脊椎管狭窄症」のためと言われ
手術をして貰いましたが、また痛むようになり、
いろいろな薬を出されても全然痛みが変わらず、再手術・・
という64歳の建築関係の男性患者が来院しました。

最近、何かの拍子に腰が痛くなり何となく歩行が難しくなったので
数年前に転んだときに圧迫骨折」したので、それが原因だろうと思い
大学病院 で診察を受け、教授からMRI画像などを見せられて、
また「脊椎管狭窄症」だから「再手術」した方が良いといわれ
最手術をしてしまったそうです。

再手術をした後も痛みは変わらず、あまりに痛みが続くので、
友人の紹介で、ハリ治療を受けてみようと思い来院したとのことです。

よく調べてみると、左の腰椎の傍らが緊張し、
右には全く緊張はありません
でした。
臀部には、深いところに筋硬結がありました。

治療は、左腰椎傍の中国ハリによる表皮に沿った「快浅刺法」
20分くらいで置鍼したハリの周りが赤くなり、温かくなった
患者が言ったのでハリを抜き、軽く擦ってみたら「緊張」は
ほとんど取れていました。


先日、二度目の来院でしたが、
最初の治療で腰の痛みはほとんど取れてました。


両方の臀部の深いところには、
少し歩行時の痛みが残っているということなので
今回は深いところに「灸頭鍼」をしてあげたら、
ほとんど痛まずに歩けるようになり、
また痛くなったら早く来ると喜んで帰りました。


iタウンページ↓
中川求真堂
☎ 028-633-1866
『癒し』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 椎間板ヘルニアの手術をした... | トップ | ハリの医術が現代に生きるの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL