ハリが効いた!でも誰も信じてくれない。

「万能快鍼法」を土台に、現状を見直し新たな医学・医療の確立をめざす、チャレンジ鍼灸師の歩み。

衝撃的な自己体験が、快浅刺法へのスタートだった!

2017-06-09 19:10:14 | 私がめざす「万能快鍼法」
衝撃的な自己体験が、
快浅刺法へのスタートだった!


中国古代の医術者たちは、
ひたすら患者の肌に触れ、
患者と反応点を確認し合いながら、
肌に浅く沿うように刺して置鍼した。

この原則が原典の「一字の誤読」によって誤られ、
効果激減の結果をもたらした!
これが「直刺」である。


ハリは、縦に刺しては駄目であり、
「表皮に水平に素直に左右にぶれずに刺す」ものである。

「原典」の文章を前後の文脈の中できちんと読めば明らかである。

私は自身への「治療体験の中で」このことを衝撃的に確認し、
新しい「快浅刺法」への歩みを始めた。



iタウンページ

中川求真堂
☎ 028-633ー1866

『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ハリの医術」のスタートは... | トップ | 「ふくらはぎの激痛」が一瞬... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL