ハリが効いた!でも誰も信じてくれない。

「万能快鍼法」を土台に、現状を見直し新たな医学・医療の確立をめざす、チャレンジ鍼灸師の歩み。

「ハリ」は体表に沿って気持ちよく刺して効果がある! ②

2017-07-26 18:08:08 | 鍼灸学の過去と現在・未来は
「ハリ」は体表に沿って気持ちよく刺して
効果がある! ②


「ハリの医術」は、
体表のツボに気持ちよくハリを刺すのである。
そして病は速やかに癒えるのだ。


この「ハリの医術」の本来の姿は、
歪められて今日に伝えられている。


現在の日本の鍼灸師は、ほとんど「管鍼法」で刺す。
瞬時に痛まずにハリを刺入し、そのまま刺し進める。
「管」で刺した瞬間に
「体表」を通過し数ミリの深さに達してしまう。

これは、すでにこの時に「本来のハリ」ではない


「本来のハリ」とは何であろう。
古代中国人は、当時の「医師集団」の到達の成果を
「霊枢」という書物に書き残した。
これが後代に受け継がれたとき、すでに「誤読」があった‼

これを、もう50年も以前に
わが恩師、丸山昌朗先生は主張された。
しかし、当時、
誰一人受け止めた者はいなかった‼

私は、そんなものかと思いながら
良く意味もつかめなかった。 


私の50年を越える臨床体験の中で
3年前の自己治療体験は、
決定的に私の「ハリ医術の在り方」を変えた!


iタウンページ
中川求真堂
☎ 028-633ー1866
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二年続いた「血尿」が「ハリ... | トップ | 10年来の「逆流性胃炎」が完... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL