ハリが効いた!でも誰も信じてくれない。

「万能快鍼法」を土台に、現状を見直し新たな医学・医療の確立をめざす、チャレンジ鍼灸師の歩み。

辛い「難治性便秘」への取り組み

2016-12-21 11:05:57 | 症状③  呼吸器系・消化器系
30年以上も「便秘」で苦しんでいる。ハリで治るのか…
便秘で、「下剤」「便秘薬」を服薬しても、「スッキリ出ない」
服薬しなければ、
「幾日も出ないて、下腹部がパンパンに張って気持が悪い。


この患者は、40年来の「腰痛」と13年来の「喘息」で、ハリ治療を始めたが、
両方ともほとんど楽になり現在は、「健康管理」のような感じで
毎週一度来院している。

便秘のことは、つい最近になって相談された。
最初の問診で、もっと詳しく「現症」を聞いてあげるべきだったと
反省している。

私が、現在行っている「浅刺法」では、「気持ちがいい」感じはあるが、
「良くなる」という実感がなかった。
それは、「浅刺➡置鍼➡腹部が中から温まる感じ」まで
十分待たなかったためと思う。

今日から、「腹診」で、「硬結」を認める、三ヶ所に「灸頭鍼」を
試みた。
今までになく、「下腹部」が中から温まり気持ちがいいそうである。
「浅刺」の時は、ハリの周りが「発赤」したが、「腹部が中から温まる感じ」まで
いかなかった。


今度の結果はどうか、
来週が楽しみであろ。

iタウンページ ↓
中川求真堂
☎ 028-633-1866
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「五十肩」が、最初のハリで... | トップ | 「五十肩」が、三回目でほと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

症状③  呼吸器系・消化器系」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL