ハリが効いた!でも誰も信じてくれない。

「万能快鍼法」を土台に、現状を見直し新たな医学・医療の確立をめざす、チャレンジ鍼灸師の歩み。

ハリは体表に沿って気持よく刺して「効果」がある! ⑥

2017-08-09 18:47:20 | 全身症状
「ハリ」は体表に沿って気持ちよく刺して
効果がある! ⑥

「持鍼の道は、堅なる者を宝となす。
正しく指して「直刺」し、鍼を左右するなかれ。」


古代中国の「ハリの医術者」は、
何の疑いもなく皮膚の表皮に沿って浅く水平に刺していた
と考えるのが、正当だろうと思う。

「ツボのシステム」が体表と諸内臓器官、組織と呼応し
健康・疾病を反映している「重要なポイントの系統」
であると把握していたのであろう。

そこから、
ハリは表皮に沿って浅く水平に、針先をしっかりと指で支えながら
「素直に、左右にぶれないように刺していたと考えられる


「直刺」は、「直角に縦に刺す」のではなく
「素直に刺す」と言うのは古代中国の「医術者」
にとっては当然のことだった。


このことを「わが師 丸山昌朗先生」は、
60年も前に指摘された。
しかし、当時誰ひとり「注目」した者はなかった。

私は「学生時代」で、
そんなもんかなと心の片隅に放置されていた。(次へ続く)


iタウンページ
中川求真堂
☎ 028-633-186
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 血尿の患者、ハリ治療の効果... | トップ | ハリは体表に沿って気持よく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

全身症状」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL