テディちゃとネーさの読書雑記

ぬいぐるみの「テディちゃ」と養い親?「ネーさ」がナビする、新旧の様々な読書雑想と身辺記録です。

《正典》に迫れ!その2(訂正とお詫びも…)

2009-07-31 22:32:39 | ブックス
「♪るゥるゥるゥるゥ~♪るるるゥ~♪」

 ……えー、バイオリンだ!と
 テディちゃが言い張って止まない奇音が聞こえてまいりましたね。
 こんにちは、ネーさです。

「るるゥ~♪テディちゃでスゥ~♪」

 では、この奇ッ怪なる音曲?にのせて、
 本日ご紹介いたしますのは、はい、こちらを、どうぞ~!


 
      ―― シャーロック・ホームズの冒険 vol.3&vol.5――


 
 英グラナダTV製作のドラマシリーズ、
 画像のDVDブックは’09年7月に発行されました。
 つい先日、同シリーズのvol.1を御紹介いたしましたが……
 実は、訂正の必要があるのでは、と考えております。

「むッ? ていせいィッ?」

 デジタルリマスターされた画像で
 ホームズさんの格好良さ度数もアップ!と記しましたものの、
 DVD各話を見比べ、
 デジタル技術に詳しいネーさ弟にも色々と訊ねました結果、
 どうやら、美麗な画像であるとは
 申し上げられぬ状態であるようです。
 
 確かに、画像の解像度はTV放送時に較べて
 向上してはおりますが、
 ハイヴィジョンの鮮明な画像に慣れた眼には
 あまり『きれい』ではない部分が
 多々有る、のです。
 
 原因は、おそらくマザーテープの画質に
 限界があったためかと思われます。

 よって、先日の記事にて
 以前よりも画像がバリバリきれいになったんだ!との
 誤解を与えかねない表現がありましたことを
 お詫びして訂正いたします。
 申し訳ありませんでした。

「ううッ、ごめんなさいィでスッ!」

 しかし、残念極まるその点を大目に見れば、
 このドラマシリーズは、やはり、
 ホームズさんものの中では
 最良の作品である、と言えましょうか。

 vol.3には『踊る人形』と『まがった男』、
 vol.5には『ギリシャ語通訳』と『ノーウッドの建築業者』
 が収録されています。

 これら4話の中で、ニヤリ!とさせられるのは
 『ギリシャ語通訳』の、或るシーン。
 そうです、ここはロンドンで最もヘンテコと噂に高い
 《ディオゲネスクラブ》!
 お喋り厳禁の偏屈者クラブへ、ようこそドクターワトソン!

「あうゥッ、
 しゃべっちゃァだめだめェなのでス!」

 談話室以外では完全なる沈黙を――
 そんなヘンテコな、
 いえ失礼、こだわりあるクラブで
 ホームズさんとワトソンさんは
 ギリシャ語通訳のメラスさんから
 怖ろしい話を聞かされます。
 安楽椅子探偵志向のマイクロフト兄さんも知恵を貸し、
 探偵さんたちは事件解決に奔走しますが……?

「がんばッてェ、ほーむずさんッ!」

 暗号解読シーンが楽しい『踊る人形』もおすすめ!
 画像にやや不満はあっても、
 ホームズ《正典》マニアを自負する方々はやはり必見!の作品です。
 ミステリ好きさんも、せめて一度は御覧下さい。

「♪るるるゥ~♪
 ♪ほーむずさんはァ~いつでもォ~すてきィ~♪」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

― 光とガラスの美 ―

2009-07-30 21:50:18 | ブックス
 バカンス? それって何のことだったかしら~?
 とボケたくなるネーさです、こんにちは。

「こんにちわッ、テディちゃもォなつやすみィほしィなッ」

 夏休みには東京へ旅行を予定してます♪という御方も
 おられることでしょう。
 そんな方々におすすめしたいのが
 六本木の国立新美術館で開催中の『ルネ・ラリック』展と、
 はい、こちらの御本ですよ~!



         ―― ラリックをめぐるフランスの旅 ――



 写真・文は南川三治郎さん、監修は池田まゆみさん、
 ’09年6月に発行されました。
 ルネ・ラリックさん(1860~1945)は
 宝飾デザインやガラス工芸を中心に活躍した
 日本でもとても人気のあるアーティストさんですね。

「ふむふむッ、
 きらきらァしてるでスぅ!」

 宝飾のデザイナーとして出発した
 ラリックさん――
 アールヌーヴォースタイルの華!と評すべき
 数多くのアクセサリーを製作いたします。

「じゃぽにずむゥ、でスよゥ~♪」

 時代の流行は、やがてアールデコへ。
 この新しい波を、ラリックさんは見事に把み、
 さらなる美を産み出しました。
 表紙の写真は、
 ノートルダム・ド・フィデリテ修道会の礼拝堂です。
 ラリックさん後半期の傑作、とされています。

「むゥゥ~んッ?
 どこかでェ、みたようなァ……?」

 はい、そうですね。
 テディちゃ&ネーさも大好き♪東京港区白金台の
 『東京都庭園美術館(旧朝香宮邸)』には
 ラリックさんが製作したガラス扉や
 レリーフなどがいまも輝きを放っています。
 そう! 東京へいらしたら、
 ぜひ『庭園美術館』も見ていただきたいですね!

「おすすめェすぽッとォ、でスよゥ~」

 この御本では、
 ラリックさんの母国フランスで拝見できる
 宝飾品やガラス製の美術品、建築、
 そしてラリックさんの略伝などが
 紹介されています。
 アート好きさんに、おすすめ!
 写真が豊富なので、ラリックアート初心者さんにも
 おすすめの一冊です。

 では、バカンス計画中の皆さま、
 楽し~い夏休みが来るといいですね♪

「ネーさ、がっこうはァ、もうなつやすみィでスよッ」

 あ、そうでしたね。
 学生さんたちは夏休み満喫中だわ。

「みんなァ、ぽけもんすたんぷらりーにィ、むちゅうゥなのでス!」

 ……ポ、ポケモンスタンプラリー……?

「がッつでェ、あつめようッ!
 ぽけもんッすたんぷゥ!」

 ……えーと、ネーさの知らない世界があるようです……。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桃を、ごくっ、と!

2009-07-29 22:16:31 | 美味
「おおォ、ちべたッ♪」

 はーい、本日は読書をちょっとひと休み、
 ちべたい、じゃなかった、冷た~いドリンクの御紹介です。
 こんにちは~、ネーさで~す。

「こんにちわッ、テディちゃでスゥ!
 ネーさ、ちべたいィでスねッ♪」

 アルミ缶できりりと冷えたこちらは
 『サントリー』さんの《Gokuri ピーチの誘惑》です。
 夏期限定のお味でしょうか。
 では、ぬるくなってしまわないうちに、実食!
 いえ、実飲!

「いただきまスゥ!
 わほッ、もものォかほりィ~♪
 ぐぴぴッ、ごくごくッ……おあじもォ、ももッ♪」

 ネーさも、いただきまーす。
 ごくっ、と……ふうむ、
 トロミあり、甘みもあり、
 不二家さんのネクターに似ていますね。
 ネクターよりはすっきり系、かしら~?
 桃の香りが、とってもファンタスティ~ック!

「ぐびぐびィ、いけまス!」

 このままストレートに飲んでも美味しいのですが、
 サイダーで割っても良さそうですね。
 カクテル作りが趣味だという御方は
 『ベリーニ』風ドリンクの材料にいかがでしょう~?

「ごくんッ、ごくくッ!
 ふゥ~、ごちそうさまでしたでスゥッ♪」

 天候不順な夏ですが、
 皆さま、お身体に御注意下さいね。
 お腹を冷し過ぎないように!

「ぎくくッ……!」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

《正典》に迫れ!

2009-07-28 22:27:39 | ブックス
「♪るゥるゥるゥるゥ~♪るるゥ~♪」

 ……あの、テディちゃ、そ、それは?

「これはァ、べーかーがいィのォ、ばいおりんッ、でスよゥ、ネーさ!
 ♪るゥるゥるゥ~~♪」

 ベーカー街にバイオリンの音色……といえば、この御方でしょうか。
 ええ、そうです!
 本日ご紹介いたしますのは、こちらのDVDブックですよ~!


 
       ―― シャーロック・ホームズの冒険 vol.1 ―― 


 
 製作は英グラナダTV、
 画像のDVDブックは’09年3月に発行されました。
 vol.1には『美しき自転車乗り』と
 『まだらの紐』の2編が収録されています。

「ほーむずさんッ、
 あいかわらずゥ、かちょいいィ!」

 いえ、かつてNHKTVで放映され、
 ホームズファンを熱狂させた映像は
 デジタルリマスターの効果もあり、
 よりきれいになっているんですよ。
 なので、ホームズさんの格好良さ度数もアップしてますね。

「えくせれんとォ!」

 解説本にドラマ2編を収めたDVDがついて
 お値段なんと1050円!という点が評判を呼び、
 売り切れ状態になっていたこの作品を
 やっと入手いたしました。
 ああ、懐かしや、ホームズさん、ワトソンさん!
 世界初の探偵業、ご苦労さまです!
 
「るゥるゥるゥ~♪
 ばいおりんがァ、むせびィなくゥ~~♪」

 霧の都を走る二輪馬車、
 怯える依頼人、
 探偵さんと伝記作家を見張る犯罪界のナポレオンの眼……

 何もかもTV放映時と同じだわ~と
 言いたいところなのですが、
 ちょっと残念なのは
 吹き替え版がない、ということですね。
 このDVDでは、
 日本語版字幕・英語版字幕・字幕なし、と
 選択肢は3種類。
 NHKの放送ではとても印象的だった
 露口茂さん吹き替えによるホームズさんに
 再会したかったのですけれど……。

「すてきなァほーむずさんッ、でしたよゥ!
 またおあいィしたいのにィ……」

 とはいえ、その一点を除けば、
 おおむね問題はなし、でしょうか。
 主要キャストの簡単な紹介ページ、
 英日対訳も掲載されていて、
 TV放送ではカットされていた場面も
 ちゃーんと復活!
 いえ、こちらが本来の姿、ではあるのですが。

「やぱりィ、のーかッとォがァ、いいでスゥ!」

 ホームズさんマニアの方々、
 そして、まだこの作品を見ていない御方も、ぜひ!
 マニアさんも納得できちゃう映像と配役、
 全てがいまなお新鮮で、
 ミステリ好きの心を揺さぶります!

「♪るゥるゥるゥ~♪
 ひびけェ~♪ばいおりんッ~♪」

 夏休み中のボーイズ&ガールズにも、おすすめです!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メロンパン、お好きですよね?

2009-07-27 22:19:40 | ブックス
「すたみなァ、つけよゥ~ッ!
 えいえいッおォ~ッ!」

 ……と、張り切るテディちゃのために
 本日も御本を探して東奔西走のネーさです、こんにちは。

「こんにちわッ、テディちゃでスゥ!
 きょうのォ、てーまはァ、あまァ~いィすたみなッ!
 ネーさ、ごしょうかいィをォ!」

 はいはい、では皆さま、こちらを、どうぞ~!



            ―― きょうもメロンパン ――


 
 編者はヒヨコ舎の皆さん、’09年6月に発行されました。
 表紙に並ぶはメロンパン!
 ページをめくればメロンパン!
 パン屋さんのメロンパンに
 ホテルのベーカリーのメロンパン、
 コンビニのメロンパン、
 お取り寄せのメロンパン、と
 全92店のメロンパンを掲載した
 メロンパンカタログブックです。

「めろんぱんのォ、あらしィ~♪」

 ですね。
 しかし、メロンパンにこれほどのバリエーションがあるとは……
 驚きの連続でございました。
 当然ではありましょうが、
 ひとつとして、
 これとこれは同じじゃん?
 という御品はありません。
 似ていそうに見えて、全然違う!

「ふァいッ!
 いろもォ、かたちィもォ、おあじィもォ、
 それぞれェなのでス!」

 パン職人さんの腕の見せ所――
 それがメロンパンなのでしょうか。
 これこそ私が美味しいと考えるメロンパン!
 当店のお客さまが求めているのは、これだ!
 そんな研究心と自負がそれぞれのパンに感じられます。

 主に東京圏のペストリーを中心に、
 パンの直径&高さ、重量までもきっちり計測。
 もちもち系か? さっくり系か?
 クリームは入っているのかな?
 税込みのお値段は?
 お店の場所は?
 等々のデータを網羅した
 パン好きさん、
 美味しいもの好きさんのための楽しい一冊!

「にんきのォ、めろんぱんッ、てんこもりィ~でスゥ♪」

 メロンパンが美味しいお店は、
 きっと他のパンも美味しいに違いない!と
 期待させてもくれますよね。
 お腹の虫がキュキュ~っと鳴いたら、
 行きましょう、メロンパンが評判のお店へ!

「いちだーすゥ、くださいなッ!」

 ……適量を守って、職人さん入魂のメロンパンをお愉しみ下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高速&攻防クライムノヴェル!

2009-07-26 22:27:31 | ブックス
 雨だったり炎天だったり、の日本列島ですね。
 灼熱の東京・多摩地方から、こんにちは、ネーさです。

「こんにちわゥ、テディちゃもォいるでスよゥ~」

 夏に負けるな!灼熱の夏には灼熱のミステリを!
 というわけで、さあ、本日はこちらを、どうぞ~!


 
           ―― スリーピングドール ――


 
 著者はジェフリー・ディーヴァーさん、原著は’07年に、
 画像の日本語版は’09年10月に発行されました。
 英原題は『THE SLEEPING DOLL』です。

「ふむふむッ、みすてりィでスかァ?」

 以前に御紹介いたしましたディーヴァーさんの著作
 『ウォッチメイカー』――
 ’07年度のベストミステリにランクインした作品に
 キャサリン・ダンスさんという女性が登場しました。

 キャサリンさんは、優秀な犯罪捜査官。
 《キネシクス》なる高度な観察術を用い、
 犯罪の容疑者たちを尋問し、
 欺瞞を見抜くことに関しては
 他の追随を許しません。
 いわば、尋問のプロフェッショナルさん、ですね。

 が、そのキャサリンさんをも翻弄する強敵が現れました。

「むむむッ!
 じけんのォ、けはいィ!」

 かつて凶悪な事件を起こし、
 刑務所に服役中だった犯罪者が
 キャサリンさんの目と鼻の先で
 ……脱走!

 すぐさま道路は封鎖され、
 検問が敷かれます。
 キャサリンさんたちの手配は功を奏し、
 間もなく怪しい配達用車両が
 警戒線に引っかかりました。
 
「ゆけゆけッ! つかまえちゃえッ!」
 
 追跡の末、
 パトロール隊員たちが車両を確保!
 勇んでドアを開け、さあ、逮捕!のはずが……あっ?

「ふァッ??」

 車内にいたのは、
 脱走犯とは似ても似つかぬ少年?

 では……すべては罠、計略だった……と?

 ここからが熾烈な、
 一瞬の油断もならない追跡/逃走劇の始まりでした。
 脱走犯は何を考え、何処へ向かっているのか?
 警察の奴らはどこまでこちらの行動を読んでいるんだ?
 追う側・追われる側の攻防は
 いかなる結末へ……?

「ふァうゥ~、あたまがァ、こんがらがッちゃうでスゥ?
 はんにんはァ、はんにんはァ……えェ~とォ?」

 物語に仕掛けられた伏線は、いったいいくつ?
 練達のミステリマニアさんでも看破できないトラップが
 すべての場面にひとつ、またひとつ……!

「ふゥッ!
 あたまがァ、こんらんッしちゃうゥ?」

 読み出せば暑さなんてどうでもよくなっちゃう
 スリルとサスペンスのミステリノベル!
 ディーヴァーさん作品では人気の鑑識捜査官
 リンカーン・ライムさんもちょこっとだけ友情出演!
 夏休みの読書にぜひ!の一冊ですよ~♪

「おすすめェみすてりィ、でスッ!」 
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

車窓のドラマ!

2009-07-25 22:16:11 | ブックス
 皆さま、週末の交通渋滞に嵌まっていませんか?
 こんにちは、ネーさです。

「こんにちわゥ、テディちゃでスゥ!
 じゅうたいはァ、きらいッ! ぷんぷんッ!」

 では、本日は高速道路での渋滞が
 少しは楽しくなる……かもしれない?一冊を御紹介いたしましょう。
 はいっ、こちらを、どうぞ~!


 
          ―― 高速道路車窓鑑賞ガイド ――


 
 著者は高橋満さん&阿部昌也さん、’09年6月に発行されました。
 副題に『東名&名神高速道路編』とあります。

「ふむふむッ?
 とうめいィこうそくゥ……?」

 東京に始まり、
 神奈川、静岡、愛知、岐阜、滋賀、京都、大阪、
 そして兵庫県西宮市までを結ぶ
 東名&名神高速道路。
 530キロメートル超にもなる、長ーい道のりですが、
 では、その各区間、
 車窓には何が見えるのでしょう?
 あれは?と思わず見入ってしまう何かがあるのでしょうか?

「だめでスよゥ!
 よそみィ、げんきんッ!」

 ええ、そうなんです。
 この御本は運転手さんのためではなく、
 車の助手席や後部座席に同乗している方々のためのもの。
 ドライブ中のしりとりやゲームに飽きたら、
 窓の外を眺め、探してみようじゃありませんか。
 きれいな風景、
 巨大なコンテナターミナル、
 笑っちゃうような看板広告を!

「こうこくゥ?
 ひゃッ! 
 まぐろがァ、とんでるゥ!」
 
 それは、焼津の流通センターの看板ですね。
 お茶の看板や、
 石材屋さんの看板もありますよ。

「あッ! かんらんしゃでスゥ♪」

 遊園地の観覧車は分かり易いランドマーク。
 他には有名な企業さんのロゴマークも見えますでしょ。

「こうじょうッ、なのでス!」

 退屈しがちな長時間の車での移動を
 豊かな気持ちにさせてくれるユニークな車窓ガイド、
 高速バスユーザーさんにおすすめ、です。
 そろそろ窓の外にあのヘンテコ物件が見えてくるはず……!
 そう考えれば、
 平凡なドライブもよりスリリングに、
 メリハリのきいたものに?

「あんぜんうんてんッ、よォ~そろォ!」

 繰り返しますが、
 くれぐれもドライバーさんは読まないで下さい!
 運転しない人のみが楽しめる御本です。
 シートベルトを着用したら、
 さあ、ぐぐっと窓にかじりつきましょう。
 山のあなたの、あちらに見ゆるは……?

「ふじさんッ、みえるとォいいなッ♪」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テリブル・トリプル?

2009-07-24 22:06:08 | ブックス
「……おッさんン~??
 おッさんなんてェ、じみィ~……」

 テディちゃ、失礼ですわよ!
 地味どころか、この『おっさん』さんたち、派手派手です!

「えェ~? しんじられないィでスよゥ、ネーさ」

 では、あらためまして御紹介いたしましょう。
 こちらを、どうぞ~!



            ―― 三匹のおっさん ――


 
 著者は有川浩さん、’09年3月は発行されました。
 先日は『’09年上半期おすすめBOOK』の一冊として
 題名のみ取り上げましたが、
 さて、そのストーリーは?
 登場人物は……?

「さんにんのォ、おいちゃんッ、でしょッ?」

 おいちゃ……ではなくて、
 三人の『おっさん』志望者さん、です。

 世間的には、おじぃちゃん、などとも呼称されるお年頃の
 清田清一(きよた・きよかず)さん、
 有村則夫(ありむら・のりお)さん、
 立花重雄(たちばな・しげお)さんは、
 しかし、まだまだ老け込むつもりはありません。
 60歳?
 リタイア?
 んなもん、なんだ!
 ♪人間五十年~♪と信長さんは舞いましたが、
 それはもう昔のこと。
 体力&知力に自信あり!
 ジジイなんて呼ぶな!
 俺たちは、おっさんだ!

「ふァ~、げんきィいッぱいィ、なのでスねッ」

 三人が志すのは、
 ささやかな私設自警団。
 連れ立って夜間パトロールをする、
 ただこれだけでも、
 犯罪を防止する効果があるかもしれないじゃないか?

 そうして始めた自主パトロール、
 しばらくは平穏無事に過ぎました。
 でも、ああ、やはり!
 三匹のおっさんが
 犯罪に遭遇する日が来てしまいました……!

「ぎょえェッ!
 こ、こわいィでスゥ!
 にげなくちゃッ!」

 いえ、逃げるには及びません。
 清田さんは剣道の、
 立花さんは柔道の達人です。
 もうひとりの、有村さんは……

「からてッ、でスかァ?」

 武闘派ではなく、頭脳派です。
 機会いじりを得意としていて、
 武器の自作なんてお手のもの~♪

「べつのいみィでェ、こわいィッ!」

 トラディショナルな勧善懲悪を、
 また、かつて大人気を誇ったという時代劇を
 強く意識し、テンポよく語られる6編の
 『おっさん』冒険譚。
 
 著者・有川さんの『図書館戦争』シリーズが好き!という御方は、
 このおっさんたちにも共感&共鳴できますよ!
 世にはびこる悪党どもを、
 はてさて、彼らがいかに料理いたしますことか、
 お立会い~!

「このいんろうがァ、めにはいらぬかッ!」

 ……テディちゃ、同じ時代劇でもそっちじゃありません。

「てんかごめんのォ~」

 ……それも微妙に違うかも……。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日も《グミ》ニュース♪

2009-07-23 22:30:08 | 美味
 ショコラもいいけどグミも好き♪な皆さま、こんにちは。
 もいちど日食を見たいな~と思っているネーさです。

「こんにちわッ!
 テディちゃもォ、にッしょくゥ、きにいッたでスゥ!」

 『ニホンの次はイースター島だ!』と
 南半球に旅立った日食ハンターの方々も多いとか。
 あ、『日食用特殊メガネ』を購入した御方は
 捨てちゃダメですよ!
 2年後か3年後には『金環食』が見られるらしいわ!

「ふァいッ!
 たからばこォにィ、ほかんッ、しとこうッ♪」

 さて、お待たせしました、
 本日のグミはこちらです。
 画像を御覧下さ~い♪
 右側の袋が『カッチェス』さんの《クラシックコーラ》、
 左側の、テディちゃが抱えているのは
 同じく『カッチェス』さんの《ベリーデザート》。
 お店のおねえさんによれば
 コーラ味のは発売されたばかりなんですよ~、とのことでした。
 
「むひゃッ!
 いッただきまァ~スゥ!」

 はい、ネーさもいただきまーすっ。
 ぱくっ!……ふーむ、国産グミよりも弾力性があるような?
 お味も、どことなーく濃厚というか……?

「からふるゥ、でス!」

 とてもきれいな色合いのグミですが、
 人工的な着色料は使用していないそうです。
 さすがドイツ、《食》のルールは堅実ですね。
 安心してモグモグっ、パクっ、もうひとつパクっと。

「こーらあじィもォ、おいしッ♪」

 ちょうどカッチェス製品のフェアが開催されていて、
 ノートとファイルをいただいちゃったのも嬉しい驚きでした。
 輸入食材屋さん等でフェアに遭遇したら、
 グミ好きさん、お買い物タイムですよ~!

「もぐぐッ、もぐッ!
 いろんなァぐみィをォ、おためしィあれッ!」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

踊ろう!天下の台所で!

2009-07-22 22:23:46 | ブックス
 テディちゃ、見てー! 日食よー!
 お日さまが欠けてゆくわー!

「きゃぽォ~♪ 
 おもしろッ♪ へんてこォふしぎィ~♪」

 ……ああ、辺りが明るくなってきました。
 天体ショーは終わってしまったようですが、
 では! お日さまにも負けぬパワーと明るさ、
 面白くて楽しい物語を御紹介いたしましょう。
 こちらを、どうぞ~!


 
             ―― 大阪は踊る! ――


 
 著者は高遠響さん、’09年6月に発行されました。
 題名の通りに、舞台は大阪! しかもメインステージは道頓堀!

「♪あかいィひィ~♪あおいィひィ~♪」

 ええ、まさに、グリコのランナーさんも輝く、
 あの道頓堀で――
 世紀の珍事件、いえ、大事件が!

 深夜に震度5弱の地震が観測された翌朝、
 『なんやくっさい黒いモン』が道頓堀から流れ出ていると、
 市役所に苦情が寄せられたのです。
 得体の知れない苦情を処理する羽目になったのは
 『どないしょう課』の課員さんたち、三名。
 彼らが現場の道頓堀に駆けつけてみると
 臭くて黒くて噴水のように噴出しているこれは……

 石油?!?!!

「ええェ~ッ??
 せェきィゆゥゥゥ~ッ!!」

 冗談のような、
 嘘のような出来事は
 ……怖ろしいことに、事実でした。

 道頓堀に、油田!
 かなり貴重な、良質の原油であると専門家の判定も得て、
 市長さんは大計画をブチ上げます。

 《道頓堀油田開発計画》、発進!

 市役所内にこだまするのは
 『石油を掘るどおおおおお!』
 の雄叫び――

「えいッえいッ、おォ~ッ!」 (←のせられやすい性格です)

 しかし。
 光あるところには影あり……。

「むッ? どこかでェ、きいたァようなッ?」

 光あれば、影あり。
 石油あれば、利権あり。
 油田が生み出すであろう巨額のオイルマネーを巡り、
 陰謀が動き出しました。
 
 いでよ、大阪を救う正義の味方!
 道頓堀を中央政府の好きにさせるな!
 立ち上がれ、『どないしょう課』の勇者たち!

「……どらくえェ、みたいィ?」

 問題児と見なされ、
 しょうもない雑務ばかりをさせられていた
 『どないしょう課』の三人は
 道頓堀のたこ焼き屋さんの2階に出張所を構えました。
 この小さな秘密基地、いえ、作戦会議室から、
 反撃の始まりです!

 油田の権利は、どこへ?
 道頓堀にじわりじわりと迫る包囲網!
 天下の商都を襲う危機とは?

「さすぺんすふるゥ、でス!
 どらまちッくゥ、でスゥ!」

 関西の方々には痛快な、
 そして関東に住む私たちにとっても
 快哉を叫びたくなるユニークなパワフルストーリーです。
 読書好きさん、ぜひぜひ一読を!

「えいッえいッ、おォ~ッ!」
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加