テディちゃとネーさの読書雑記

ぬいぐるみの「テディちゃ」と養い親?「ネーさ」がナビする、新旧の様々な読書雑想と身辺記録です。

きらきら♪ハロウィンツリー!

2008-09-30 23:23:51 | おまつり
 ……やっちまったなー。(←クールポコさん風に)

「やッちまッたァ、でスねッ、ネーさ!」(←少しだけクールポコさん風に)

 えー、そうですね、テディちゃ、やっちまいました、です。
 画像は、ガラス製のハロウィンツリー、
 『プラザ』のハロィングッズのコーナーで見かけて……
 あんまり可愛らしいもので、買っちまいやしたぜ。

「くろねこッ、いるでス!」

 枝に下げられているガラスのドームの中には、やはりガラス製の、
 羽をひろげた白いフクロウくん、
 黒い猫ちゃんや、蝙蝠くんといったハロィンモチーフが入っています。
 ツリーの天辺には、オレンジ色のカボチャくんも♪

「すうィんぐゥ、してまス!」

 ふるふる揺れるガラスドームの、動きに愛嬌があります♪
 シブイ色合いも良い感じですしね~♪
 『プラザ』のガラス製ハロウィンツリーは全部で4種類、
 既に売り切れの御品もあるようです。
 ガラス細工の魔力に屈してしまった御方は、早めに『プラザ』さんへ!

「とりィくゥ、とりィーつゥ、とりィーつゥゥ!」

 ……テディちゃ、なにかひとつ余分なような?
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

・・・名作の第一歩・・・

2008-09-30 14:04:24 | ブックス
 本棚を眺めていて、ふと気付いたネーさです。こんにちは。

「こんにちわゥ~、テディちゃでスゥ~!
 ネーさッ、なににィ、きがァついたのでスかァ?」

 画像でお分かりでしょうか、いまや大人気となっている作品の、
 シリーズ第一作目を御紹介していませんでしたよね?
 これはいかん!という訳で、本日の一冊が決まりましたよ~!
 はいっ、こちらを、

「どうぞォ~♪でスゥ!」



          ―― 池袋ウエストゲートパーク ――



 著者は石田衣良さん、単行本は1998年に、
 文庫版は2001年7月に発行されました。
 表題作『池袋ウエストゲートパーク』を含む全4話から成るこの御本は
 石田さんのデビュー作であり、記念碑的な作品であるとも言えます。

「まことおにィさんのォ、とうじょゥ~なのでスねッ♪」

 そうですね。高校を卒業したばかりの、若きマコトくん、
 ファンファーレとともに、ではなく、
 PHSを手に颯爽と登場いたします。
 マコトくんの親友、ギャングボーイズのキングであるタカシくんも、
 もちろん初御目見得です!

「ふァんふァーれッ♪」
 
 いえ、タカシくんはね、どちらかというと、
 四角いリングに鳴り響くゴングを背負って現れたような。

「ふァ?」

 物語の幕が上がるのは、週末の夜の池袋西口公園――
 マコトくんと友人のマサくんは、二人の女の子と知り合いになりました。
 ヒカルちゃんと、リカちゃん、
 そして絵の上手なシュンくんの五人で、気楽に遊ぶ夏のひととき。
 
 が、或る日、遊びの時間は唐突に終りを迎えます。
 マコトくん、警察に呼び出されてしまいました。
 また少年課の吉岡刑事から説教を喰らうのかな?
 深く考えもせず池袋警察署を訪れたマコトくんは驚きます。
 マコトくんを持っていたのは、少年課のパイプ椅子ではなく、
 取調べ室の扉……!

「うきゃッ! こわいィでスよッ!」

 おれは何に巻き込まれたんだろう?
 長い取調べを終えた後、吉岡刑事がそっと教えてくれたのは――

「こ、こわいィけどォ、しりたいィかもッ」

 この事件を皮切りに、トラブルシューターのマコトくんが誕生しました。
 『池袋ウエストゲートパーク』を冒頭に、
 第二話『エキサイタブルボーイ』では
 レギュラーのひとり・サルくんが主役級の活躍をみせ、
 トリッキーなコン・ゲームを思わせる『オアシスの恋人』、
 力作中編『サンシャイン通り内戦』と続きます。

 ブームとなったTVドラマとは、
 細部の設定、人物像、物語のひろがりも、大きく違い、
 ドラマは見たけれど小説は読んだことない、という御方は
 唖然としちゃうかもしれませんが、
 ぜひ、書籍のIWGPを!
 最新作『非正規レジスタンス――池袋ウエストゲートパーク8』も
 お薦めですよ~!

「たかしおにィさんがァ、やぱりィ、かッこいィ~♪」
 
 タカシくんは常時ストファイの相手を募集中らしいわ。
 サンドバックにされちゃうかもしれないけど、
 行ってみますか、テディちゃ?

「……えんりょォしとくゥのでスゥ~」 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かぼちゃ大王?

2008-09-29 23:11:16 | 美味
 皆さま、ご機嫌いかがでしょうか?
 《寒さなんかにゃ負けないぞ!旨いもん食べまくって元気チャージ!》
 の時間がやってまいりました。
 ご案内は私ネーさ、講師のテディちゃ先生、よろしくお願いいたします。

「ふァ~いィッ! よろぴくゥおねがいィしまァ~スゥ」

 さて、本日の『旨い!』ですが。

「ふァいッ! これでスゥ!」

 『不二家』さんの《カントリーマアム パンプキン》ですね。
 ハロウィンを意識したナイスなセレクト、
 テディちゃ先生、さすがです!

「てへッ♪」

 では、さっそく実食を、と……いただきまーす。

「いただきまスゥゥ~♪ もぐもぐもぐッとォ~♪」

 ほほぅ、これは甘い!
 砂糖の甘さではなく、野菜の持つ甘みがクッキー生地に練りこまれ、
 パンプキンチョコチップも素朴な風味!
 ほっこり優しい、美味しい甘味です。

「かぼちゃッだいィすきィ~なひとはァ、おおよろこびィ、でス!」

 なんと申しましょうか、
 ケーキ屋さんの焼き菓子の風情があると言うべきでしょうか。

「ふァいッ、おじょうひんなァ、かんじィでスねッ♪」

 栗、カボチャ、サツマイモ……秋の実りに目がない女性にお奨めしたい、
 しっとりタイプのクッキーでした。
 テディちゃ先生、総評を!

「んまんまッ、でス! ごうかくゥ!でスゥ~♪」

 ありがとうございました。
 《食べまくって元気チャージ!》、お別れの時間が来たようです。
 皆さまも、良い元気を発見されますように~!

「またァおあいィいたしましょゥ~ッ♪」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エウレカ・シチリア♪

2008-09-29 13:50:58 | ブックス
 雨ふり模様の東京・多摩地方から、今日もこんにちは、ネーさです。

「おさむゥござるのでスゥ~、テディちゃでスッ」

 どうしたことか、突然寒~くなってしまった日本から、
 地中海へ、いざ、ひとッ飛びいたしましょう!
 君知るや南の国、レモンの花咲くところ――
 はい、本日ご紹介いたしますのは、こちらです!



          ―― シチリアへ行きたい (改訂版)――



 著者は小森谷慶子さんと小森谷賢二さん、’08年8月に発行されました。
 しばしば長靴の形に喩えられるイタリアの、
 爪先のすぐ西側にあります大きな島が、シチリア島です。 
 この御本は、シチリアの魅力を写真と文章で紹介する、
 旅の上級者向けガイドブック、とも申せましょうか。

「ふァふゥー!
 ふうこうゥ、めいびィ、でスッ!」

 はい、風光明媚な島ですね。
 空あくまでも青く、海あくまでも青く深く。
 映画ファンの方々には、数々の名作の舞台として
 よく知られる土地でもあります。

 ラストシーンは涙、涙になること必至の、
 『ニュー・シネマ・パラダイス』――

「わふッ! テディちゃもォ、みたでス!
 わんだほッなのでスよッ!」

 ルキノ・ヴィスコンティさんが監督した『山猫』、
 『ゴッドファーザーPARTⅢ』や、『シシリアン』、
 それに『グラン・ブルー』(イタリアでは公開されていません)も。

 ネーさがお奨めしたい映画は、
 パオロさん&ヴィットリオさんのタヴィアーニ兄弟による作品、
 『カオス・シチリア物語』(1984年)です。
 エンディングのエピソードがとりわけ美しく、
 印象に残っています。

「どこもォ、とッてもォ、えになるゥ、ところでスねッ」

 絵になるこの島は、実は現役バリバリの火山地帯。
 有名なのは、エトナ山ですね。
 シチリア島の北側にあるストロンボリ島の火山も、
 噴煙を上らせているんです。

「……うッ、ちょびッとォ、こわいィ……」

 火山の危険があり、
 交通の要衝としてあっちこっちの国々から侵略され、
 土壌は決して肥沃とは言えず、
 生活水の確保は難しくて、
 マフィオーソなんてもので悪名が高くなっちゃって、
 それでもなお、
 シチリアの輝きは格別です。

「れもんもォ、きらきらッ♪」

 小森谷賢二さん撮影による写真を、ぜひ!
 こんなに碧い海があるなんて!と感激させられます。
  
 映画大好き!な御方に、
 また建築大好き!な御方にも、お奨めの一冊です!
 文明の十字路であったシチリアには、
 さまざまな様式の建物、お城、遺跡がいっぱい! 
 見ごたえ、ありますよ!

「えうれかッ、しちゃゥのでスゥ~♪」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラッシュなSALE。

2008-09-28 23:08:47 | その他
 9月ラストの週末は、お買物促進シーズンに当たっているのでしょうか。
 特に賑やかなのが、
 西武ライオンズの優勝で協賛SALEを開催中のデパートさん。
 ネーさも、そごう八王子店の同SALEへ、
 ちょこっとお出かけして参りました~♪

「むぽぽッ♪
 これがァ、せんりひんッ!でスねッ♪」

 そうなんですよ、テディちゃ。
 何か掘り出し物はあるかなぁと、ワゴンを覗いたら、
 このハンカチのクマさんとばっちり目が合ってしまいました。

「しんせきッ♪しんせきィ~ッ♪」

 赤いロンドンバス、ロンドンタクシーの絵柄も可愛いし、
 よぉし!と購入決定です。
 
「だいしゅうかくゥ~♪」

 優勝記念のSALEは、まだ何日間か開催されるようですね。
 お近くの、西武デパート、そごう百貨店へ、
 みんなで一緒に~♪

「もッとォ、いッぱいィ、せ~るゥ、ありますようにィ!」

 ……はっ、そういえば!
 セ・リーグのペナントレースや、
 日本シリーズも、まだまだあるんだわ!
 ということは、記念や感謝のSALEもまだまだ……?

「むむゥ。おかいものッてェ、いそがしィのでスねッ」 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鉄路恋しのエッセイ集。

2008-09-28 13:54:36 | ブックス
 なんとプチテツの心を騒がせる御本でしょう!
 いえ、全国ン千万の鉄道ファンを心騒がせる御本でしょうか!

「ふァ~? あのゥ~、ネーさ、
 テディちゃはァ、べつにィ……」

 外野の妄言はスカっとスルー、
 はい、御紹介いたしましょう。本日の一冊は、こちらです!



          ―― 有栖川有栖の鉄道ミステリー旅 ――



 著者は有栖川有栖さん、’08年9月に発行されました。
 写真は真島満秀さんによるものです。
 題名に『ミステリー旅』とありますが、ミステリ小説ではありません。
 大の鉄道ファン・有栖川さんが著した、鉄道エッセイ集なのです。

「ふむふむゥ。ここにもォ、てつどゥまにあがァ、ひとりィ……」

 鉄道ファンさまざまあれど、有栖川さんは、
 《乗る》タイプの鉄道ファンさん。
 いわゆる『のりテツ』さんですね。
 (『ノリテツ』と表記すべきなのでしょうか)

 大学時代、宮脇俊三さんの名著『時刻表2万キロ』読破をきっかけに、
 『鉄道の世界に開眼』してしまったという有栖川さん、
 友人とともに、先ずは近畿のローカル線の乗りつぶしから始めました。

「ろーかるゥ? じみィ、でスねッ」

 地味なのは仕方ないんです。
 学生なんですから、予算に限度がありました……
 卒業記念の、東北方面への旅行も、学割を利用してローカル線優先、
 新幹線やグリーン車とは縁のないエコノミーな旅行だったんです。

 やがて社会人になった有栖川さんは、
 休日は日帰り鉄道旅行、
 休暇が取れれば九州の路線を乗り巡り、
 はては新婚旅行も鉄道三昧の旅となりました。

「あゥ~、すわりッぱなしでェ、おしりィ、いたくなッちゃいィそォでスゥ」

 痛むお財布もお尻もものともせず、
 第三章『日本列島 殺人のない鉄旅』には、
 圧巻の鉄道エッセイが並びます。

 鮎川哲也さんへの思慕の色濃い
 『追憶の江ノ電』――
 多くの読み手が共感するに違いない、江ノ電の旅路を
 有栖川さんは懐かしげに綴ります。
 鎌倉高校前駅で目の前にひろがる海が、波の音が、
 すぐそこに迫ってくるような、
 うつくしい語りくちです。

 『新幹線よ』では、感謝を。
 無事故で当然、と思われているこの列車に、
 有栖川さんは謝辞を述べています。
 『今日も無事に運んでくれて、ありがとう』―― 
 
「あッ、ほんとォだッ!
 しんかんせんにィ、おれいィ、いわなくちゃッ!
 ありがとうッ!」

 鉄道ファンならずとも、ぜひ!
 愉しく、ちょっとだけもの悲しく、
 でも《鉄路》に係わるすべてに親しみが湧くような、
 すばらしい鉄道物語です!

「かえるゥのォ、おまもりィ、もッてェ、たびにィ、でるゥのだッ♪」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

足りぬのは?

2008-09-27 22:51:48 | 美味
 はいっ、画像でお分かりのように、おやつタイムです♪
 プリングルスのポテチです♪
 『期間限定 オニオンチーズグラタン』なのだそうです♪

「むぽッ♪ テディちゃ、いただいちゃいィまース♪」

 ネーさも、いただきまーす。
 もぐもぐ、っと。ううむ?
 オニオンスープとプロセスチーズ、
 それにホワイトクリームのパウダーをブレンドして、
 ポテチにまぶしたらこうなった、というような、
 或る意味では解りやすーいお味ですね。
 あら?

「…………」

 ど、どうしちゃったんでしょうか?!
 美味しいおやつを前にして、
 テディちゃが暗い顔をしています!
 なんと珍しい!
 テディちゃ、何があったの?!

「……まかろにィがァ、ないィでスゥ……!」

 は? マカロニ?

「ぐらたんにはァ、まかろにィがァ、はいッているものでスよゥ!
 なのにィ、ないィのでスゥ!」

 えー、それは。

「ちーずゥいッぱいィのォ、まかろにィがないィ、ぐらたんなんてェッ!」

 ですから、それは。

「まかろにィィーッ!」

 ……なんだか、ネーさもマカロニを食べたくなってきました……。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 ― きらきら美の歴史 -

2008-09-27 13:59:20 | ブックス
 たった一夜で寒さが加速しましたね~、こんにちは、ネーさです。

「くまにはァ、ないすゥなァ、きせつゥでスッ♪ テディちゃでスゥ」

 では本日も秋モード全開で参りましょう。
 アートな秋! お出かけの秋! ならば、ぜひこちらの御本を、どうぞ~!



        ―― すぐわかる ヨーロッパの宝飾芸術 ――


 
 著者は山口遼さん、’05年7月に発行されました。
 『Concise History of European Jewellery』と英題が付されています。

「ネーさッ、このォ、ひょうしィのォ、おじさんッ、へんてこッ!」

 変てこじゃありません、テディちゃ。
 表紙で輝きを放っているこのジュエリーは、
 『カニング・ジュエル』の名で知られる、
 英国V&A美術館所蔵の逸品なんですよ。
 バロック真珠を胴体部分に用い、七宝と宝石で仕上げられた人魚像は、
 もしいま売りに出されたら……何億円もの値がつけられることでしょう。

「ひゃふゥッ! おそろしィでスゥ!」

 この御本では、古代エジプト期に製作された黄金と色石の装身具に始まり、
 ヨーロッパ文化の曙期に生まれた金細工、
 ケルトやビザンチンの独特な意匠を持つ装身具など、
 時代の変遷とともに形を変える《宝飾品》が、
 写真と文章でわかりやすく解説されています。
 
 そうして、考古学的な美から、
 私たちにも理解しやすい、身体を飾る美へ――
 《宝飾品》が転進するのは、
 ルネッサンス期以降のようですね。

「ふァ~、るねさんッ?」

 当時のイタリアに現れ出ましたのが、
 ベンヴェヌート・チェリーニなる天才彫刻家さん。
 チェリーニおじさん、彫金も手掛けました。
 必然的に、限りなく近代のアクセサリーに近い金細工品が、
 チェリーニ工房から産み出されてゆくこととなったのです。

 ルネッサンスからマニエリスム、バロック、と時代は下り、
 アクセサリーの原型はほぼ完成しました。
 首飾り、耳飾り、宝冠、ティアラ……
 ダイヤモンドのカット技術も発展してゆきます。
 
「わほッ、はなやかァでスねッ」

 その一方で、昔ながらのスタイルを維持している《宝飾品》もあります。
 例えば――カメオ。

「テディちゃ、しッてるゥでス!
 よこがおォ、ちょうこくゥしてあるゥ、いしころォ、でスよッ」

 カメオの製作が始まったのは、
 紀元前1700年頃の地中海地方、なのだそうです。

「きッ、きげんぜん~ッ??」

 それが、今日(こんにち)見られるような、
 貝やメノウへの彫刻に行き着いたのは、2~3世紀の頃のこと。

「……やッぱりィ、むかしすぎるゥ~」

 さて、今秋、『箱根 彫刻の森美術館』では、
 《カメオ展》が催されています(~10月26日まで)。
 選り抜きのカメオが展示されているそうですが……ああ、いいなあ、
 観に行きた~い!

「ネーさ、それがァ、いいたかッたのでスねェ~……」

 宝飾品の展覧会等へお出かけする前に、ぜひこの御本を!
 歴史と技術への理解がぐんと深まります。
 展覧会へ行く予定がなくとも、
 美しいジュエリーの写真を眺め、賞賛を!
 きれいなものを見ると、元気も百倍千倍です♪
 
「きらきらァ、しすぎてるゥ~」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

季節のお花。

2008-09-26 23:13:28 | 花雑記
 お庭に彼岸花が咲きましたよ、テディちゃ。
 赤い色が目に染みますね。

「ネーさ、しろいィ、おはなもォ、あるそうでスよッ」

 白い彼岸花は少数派ですが、
 もっともっと少数派の彼岸花もあるのだと聞きました。
 
「ふむむッ? しょうすうはァ?」

 黄色です!
 『ショウキズイセン』という、変種の彼岸花は、黄色いんです!
 ショウキというのは、中国の神様の御名前です。
 彼岸花は、もともと大陸から移植されたお花なんですってね。

「きいろォ~♪」

 珍しい黄色の彼岸花を見てみたい!という御方は、
 小田急線『高座渋谷』駅に程近い御寺《常泉寺》さんへ!
 ちょうどいま、黄色いお花が咲いていると、
 FMヨコハマのレポーターさんが言っていましたよ~♪

「みてみたいィ~でスゥ!」 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はずんで歩けば♪

2008-09-26 13:28:46 | ブックス
 雲がぶあつい東京は多摩地方から、こんにちは、ネーさです。

「こんにちわッ、テディちゃでスゥ~♪」

 さて本日の一冊は……読書の秋、芸術の秋、
 と御紹介を続けてきたからには、これもやらなくては!
 行楽の秋!がテーマですよ~♪

「おでかけェ、なのでス!」

 はい、GOGOお出かけGO! こちらを、どうぞ~!



              ―― 世界の動物園 ――



 著者は奥宮誠次さん、’08年8月に発行されました。
 『PLANET ZOO』という英題が付されています。
 全日空空輸機内誌『翼の王国』に連載されたものに加筆し、
 撮りおろし写真も加えられたこの御本は、
 動物園マニアにはたまらない一冊でしょう。

「くまァ、いるでスゥ!」

 クマさんがいます。
 サイさんもいます。
 ゾウさんや、ゴリラさん、フラミンゴさんもいます。

 現在はロンドンをベースに写真家として活動する奥宮さんが訪れたのは、
 日本を含む、
 世界各地の動物園。
 ベルギー、ポルトガル、スペインに、
 アメリカ、カナダ、ドイツ、イタリア、ソウル、バンコクへも行きました。

「ほほゥッ、どうぶつえんッてェ、たくさんあるゥのでスねッ」

 北極クマの仔、クヌートくんの飼育で有名になったベルリン動物園。
 都会のオアシスとして知られるセントラルパーク動物園。
 モーツァルトゆかりの地、ザルツブルグ動物園。
 パンダとパンダのグッズ&オブジェ尽くしの北京動物園。
 欧州最古の動物園だというのは、ウィーンにあるシェーンブルン動物園。
 それぞれに、お国柄の違いが出ていますね。

 日本の動物園では、
 東京の上野動物園、
 北九州市にある到津の森公園、
 よこはま動物園ズーラシア、
 愛媛県立とべ動物園、
 名古屋市東山動植物園、
 広島市安佐動物園、
 旭川市旭山動物園も紹介されています。

「あさひやまッ! ひょうばんのォ、どうぶつゥえんッでスねッ」

 ネーさが個人的に応援している海外の動物園は、
 英国のジャージー動物園です。
 英仏海峡に浮かぶジャージー島に造られた動物園なんですよ。
 いつか機会があれば行ってみたいものです……

 また、この御本には掲載されていませんが、
 京都市動物園もお奨めです!

「ほぺッ? きょうとォ?」

 京都市動物園に暮らすアミメキリンの未来ちゃんには、
 太ももの部分にハートのマークがあるのだとか。
 なんてラブリーなんでしょう!

「はーとォ! みてみたいィでスゥ!」

 未来ちゃんに会いに。
 コビトカバくんや、ライオンくんに会いに。
 秋の動物園は楽しそうです!

「おやつゥはァ、ごひゃくゥえんまでッ♪」 
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加