テディちゃとネーさの読書雑記

ぬいぐるみの「テディちゃ」と養い親?「ネーさ」がナビする、新旧の様々な読書雑想と身辺記録です。

雨上がり。

2008-03-31 22:26:11 | 花雑記
 桜ちゃん。
 踏ん張って満開継続中!

「ちゅゥ~♪
 えらいィでスッ♪」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鹿さんに逢いに行く!

2008-03-31 13:51:46 | ブックス
「むきょッ?
 これはェ、みたことないィ、がいどぶっくゥ……?」

 よく気付きましたね、テディちゃ。
 ぱちぱちぱち♪  (←拍手)

「あッ、ネーさ!
 このきんぎょちゃんッ、なにでスかァ?」

 金魚ちゃんのモチーフが可愛らしいこちらは、
 この春に新しく刊行された旅ガイド本シリーズなんですよ。
 はい、御紹介いたしましょう!



          ―― ことりっぷ 奈良・飛鳥 ――

 
 
 2008年4月(ホントは3月?)に発行されました。
 発行元は昭文社さんです。

 一般的な国内ガイドブックで、情報量が多くて入手しやすくて、というと
 『まっぷる』さんや『るるぶ』さんがそれに当たりますね。
 でも、どちらのガイドも大判で、重量もそれなりにあります。
 北海道や、京都のガイドともなると厚みも加わって、
 気軽に持ち歩くのは、ちょっと辛い……。

「そォでスゥ~、つかれちゃうゥのでスよッ」

 そこで登場しますのが、はい! こういった小型のガイドブック。
 縦18cm、横15cm、
 バッグにもすぽんと納まるサイズです。

「べんりィでスゥ♪
 ……でもォ、ネーさ、なんでェ、『なら』なのでスかァ?」

 それはですね、えっへん、
 つい先日まで放送されていたドラマ、
 『鹿男あをによし』に影響されたからです!

「ふァ~、しかおとこォ……」

 万城目学さんの原作は大好きな御本ですし、
 主演の玉木宏さんも好きな役者さんですし、
 あの『花屋』さんのお話よりもずーっと力を入れて見ておりました。
 奈良のために描かれたようなこのドラマで、
 ネーさはすっかり奈良ファンになってしまったんです。

 テディちゃも、ほら、
 鷺池に張り出して建つ浮見堂がきれいだったこと、
 憶えているでしょう?

「ふァいッ! きれいだッたでス!
 あのいけにィ、きんぎょ、いるのでスかッ?」

 金魚で有名なのは、奈良市のお隣、大和郡山市の方です。
 日本の三大養殖地のひとつで、金魚資料館もあるそうですよ。

 奈良へは、京都駅から近鉄特急で37分、
 大阪・近鉄難波駅からやはり近鉄特急で36分、
 JRの路線を使ってもそれぞれ1時間足らずで行けるようです。
 いまなら、吉野の桜も見ごろでしょうか。
 
「おやまのさくらッ♪
 テディちゃもォ、みたいッ♪」

 新シリーズの旅ガイド、
 旅好きな御方は本屋さんでチェキされたし!
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晴天を待ちながら。

2008-03-30 23:03:06 | 美味
 う~ん、残念。
 天気予報の通りに、午後半ばから雨模様になりました。
 今日はお花見、できないわね……。

「がッかりでスね、ネーさ。もぐもぐゥ~」

 もぐも……?
 テディちゃ、それは!お花見用に準備しておいたお菓子ですよ!
 た、食べちゃってるの?!

「だッてェ、おなかすいたのでスよォ。
 これェ、おいしィのでスよゥ~、もぐもぐッ」

 うわぁ……ココア味のベアクッキーと、
 バニラのお味のベアクッキー、
 両方とも……。

「ごちそォさまでしたのでスゥ♪
 ふゥ~、おなかァいッぱいィ~♪
 ぽんぽこりィ~んッ♪」

 じゃ、夕食は抜き!朝食も抜き! ですね。

「……ぎょッ?」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

龍神さまの、QED。

2008-03-30 13:37:01 | ブックス
「むむッ? これはァ?
 しりーずゥさいしんさくゥ、でスねッ、ネーさ」

 そうなんですよ、テディちゃ。
 ミステリファンにはお馴染みのQEDシリーズ第15作を、
 本日は御紹介いたしましょう。



          ―― QED 諏訪の神霊 ――


 
 著者は高田崇史さん、’08年1月に発行されたものです。
 題からもお判りのように、今回クローズアップされるのは
 《お諏訪さま》。

「テディちゃ、きいたことォあるでスよッ!
 すわこのォ、かみさまでスゥ!」

 そうですね。東京の新宿から2時間半、
 私どもの住まう八王子からは約2時間ほど、
 JR中央線本線の特急に揺られてゆけば、
 諏訪湖のほとりに到着いたします。

「がたん~ごとん~♪」

 大学の先輩&後輩にして、
 同じ薬剤師さんであるタタルさんと奈々さん、
 揃って駅に降り立ちました。
 目指すは、名高き諏訪大社さま。
 ちょうど、お祭りの真っ最中なのです。
 神事の不思議を思案しつつ、
 友人たちとお祭り見物を予定していた二人でしたが。

 例によって例のごとく、
 かの地では、連続殺人事件が!

「むひゃァ~、やッぱりィ~」

 神事の謎を解くのが先か?
 事件の謎を解いちゃうのが先か?
 常にたがわず、タタルさんの博識が光ります。

「ぴかァッ!」

 学者さん研究者さんたちが束になっても敵わなかった長年の謎を、
 解いちゃっていいのか、タタルさん!?!

「いいんでスよッ♪」

 はい、いいんです!
 タタルさんが語って語って語りぬくうんちくシーン、充実しています。
 お諏訪さまという、日本中に知られている神さまが、
 これほど『由来がわからない』、
 『伝承にはっきりしない点が多い』神さまなのだとは
 全く意外なお話でした……。
 
「びッくりィだッたでスゥ~」

 お諏訪さまの謎と、
 現代の事件の謎が、どこで交差し《犯人》が明かされるのか?
 年表とガイドブック片手に、
 さあ、QEDファンは頑張りましょう!

 熊つ崎さんと沙織ちゃんの出番が少ないのが、残念でした……。
 沙織ちゃん、次回作ではまた笑わせて下さいね!

「ネーさ、このごほんはァ、こめでィじゃなののでスよゥ」

 あ、そうでした。

「んもォ!」

 QEDファンさん、ミステリ全般が好きな御方、
 歴史小説ファンさんにもにもお奨めです♪
 お酒、特にリキュール好きな御方にも、良いかもしれませんね。
 カクテルに関するうんちくも、半端じゃありません!

「テディちゃ、おさけのめないィのでェ、
 えェーとォ、ここあ、にするでス♪」
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花宴さまざま。

2008-03-29 23:05:01 | 花雑記
 迷いつつも、今日もやっぱり桜ネタ。
 きれいなお花を楽しめるのはいまだけ、ですからね。

 多摩川の支流のひとつに、
 浅川(あさかわ)という川があります。
 画像は浅川沿いの公園に咲いている桜です。

「ふわァ~、ネーさァ、おひるねしてるひとォ、いるででスよゥ~」

 あらー、本当ですね。
 なんとものどかな……って、テディちゃ?

「ぐゥ~ぐゥ~ッ」

 えっ、テディちゃまで?
 せっかくお花見に来たのに、昼寝ですか?
 爆睡ですかっ?
 起きなさーいっ!

「ぐーすかァ、むにゃむうゥ~」

 起きないと、ほら、夕暮れですよ。
 冷たい風が吹いてきましたよ。
 
「ふァッくしょんッ!
 ……あれッ、もうッひがくれてるゥでスッ!
 かえらなくッちゃッ!
 ゆうごはんのォ、じかんでスゥ!」

 これでいいのか、お花見……。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

笑えるアクション時代ミステリを!

2008-03-29 10:02:26 | ブックス
 笑いたい!
 くすくす、あはは、っと笑える御話を読みたいよう!
 もしも、そんな御本をお探しなら――

「ふァいッ!
 ネーさ、テディちゃもォ、かわゆくてェ、おおわらいィのごほんッ、
 だーいすきィでスゥ♪」

 では、こちらの御本を処方いたしましょうか。
 本屋さんに行って店員さんにこの用紙を見せて下さいね。
 はい、どうぞ!



          ―― ちはやふる奥の細道 ――

 

 著者/日本語訳はW・C・フラナガンさん&小林信彦さん、
 1983年6月に単行本が発行されました。

 物語の主人公は、日本人なら皆が知ってるあの御方――
 松尾芭蕉さん。
 そう、唯一無二の俳聖さまです。
 
 ……その秘められた半生が、この御本で明らかにされた!
 《奥の細道》紀行の裏に隠された驚天動地の真実!
 伊賀忍術を駆使して、芭蕉さんが疾る! 跳ぶ!
 対するは、徳川幕府の陰の実力者、水戸光圀!
 奥州と佐渡を舞台に繰り広げられる超絶スパイ活劇!

「ふあァ~ッ?!?」

 どうしてこうなっちゃうかというと、
 著者のフラナガンさん、《気鋭》の日本文化研究者さんらしいんですけど、
 文献の選択と読み方が……マズかった、みたいです。
 おかげで、フラナガン版『奥の細道』は、J・ボンドばりの、
 劇画的無国籍アクションになってしまいました……。

「ほわわァ~、いいのでスかァ?」

 いいんです!
 だって、面白いんですから!
 仕掛け満載の面白さの中から、
 真実の裏の真実をはたしてどれほど読み込めるか?
 裏の、裏の、そのまた裏は?
 
 装丁&装画、見事です!
 表紙画、扉、目次まで、『いかにも』の雰囲気どっぷり!
 ページの下部に記載された《原注》も! 劇中歌も!
 
「げ、げきちゅうか、ッてェ??」

 芭蕉さん、旅を完遂できるのでしょうか?
 クセモノ・光圀の狙いは何であるのか?
 波乱の旅の、行き着く先は――?
 そして、W・C・フラナガン氏の正体は?!!
 全編、笑っちゃってください!の名作です!

「ネーさ、ネーさ、たいへんでスよゥ~」

 どうしたんですか、テディちゃ?
 本屋さんへ行ったのじゃなかったの?

「それがァ、このごほん、しなぎれェだッて、てんいんさんがァ……」

 何ということ!
 では、仕方ありませんね、
 神保町やネットの古書店さんでお探しください。
 文庫版もよいのですが、できれば単行本の方を、ぜひ!
 《仕掛け》の数々を、より楽しめますよ!

「くすくすッ、ぷふふッ、なのでスよッ♪」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぽんぽこ雑俳合戦♪

2008-03-28 23:07:49 | 花雑記
 本日も、咲いております、サクラちゃん。
 そこで、思想も観察もなーんにもなく、一句を。

   『 風ほのか 花見はしごで 日も傾く』
 
 傾くは、かぶく、と読んでくださいねー♪

「ネーさ、テディちゃもォ、いッこ、できたでスゥ!」

 えっ、テディちゃも?

「いくでスよォ! えーとォ……

   『 なんでかな こうえん ひとがいッぱいだ 』

 こうえんにはァ、さくらァ、たァーくさんッさいてるでスからねッ♪」 

 うーん、凄い……雑俳にも何にもなっていないところが凄いわ。
 交通標語以下だわねー。
 怒る気にもなれないわー。

「こうつゥ……?
 あッ、テディちゃ、もういッこォ、できたでス!

   『 はなみあと うんてんしちゃだめ ぜったいにィ! 』

 おさけェのんだらァ、ぜッたいィくるまのうんてんだめッ!
 ――ッていう、おうたァ、なのでス♪」

 ふむ、その点は大いに賛成ですね。
 お花見に行かれる御方は、
 飲みすぎと、意外に寒い夜の気温にお気を付けて!

「かぜェ、ひかないでくださいィ~!」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本格ってどれ?と迷った時に。

2008-03-28 13:58:33 | ブックス
「みすてりィの、べすとてん、ッて……?
 ネーさ、なんだかァききおぼえェ、あるみたいィなァ~?」

 そこがね、テディちゃ、ミソなんです。
 以前に御紹介しましたのは、
 ’07年発行のミステリ全般を対象としてランク付けしたものでしたが、
 本日ご紹に介しますこちらの御本の、ほら、題名を、
 じーっくりごらん下さいな。



       ―― 2008本格ミステリ・ベスト10 ――


 
 著者は探偵小説研究会の方々、’07年12月に発行されたものです。

「ふァ~、『ほんかく』ッて、かいてあるでスゥ!」

 そうなんです。この御本で取り上げられているのは、
 《本格ミステリ》。
 これは本格とは言えないんじゃなぁい?という作品は、
 あっさり、跳ね飛ばされました。

「むむゥ~、おもいきッたことォ、しまスねッ」

 ちなみに、1位~5位までを順に記してみますと……

    『女王国の城』有栖川有栖さん
    『首無の如き祟るもの』三津田信三さん
    『密室キングダム』柄刀一さん
    『インシテミル』米澤穂信さん
    『離れた家』山沢晴雄さん

 という結果になっています。

「ネーさ、ぜんぶゥ、よんだでスかァ?」

 そ、それが、ごめんなさい、全部は読んでおりません……。
 これから、そのぅ、頑張って読みますです……。 

 ただ、ですね、新刊ミステリももちろんよいのですが、
 『国内復刊ミステリ』のコーナーには心惹かれます。
 今まで読めなかった御本が入手可能になったんて、すごい!
 嬉しいとは思いませんか?
 例えば、これなんて、どうです?
   『月光仮面 恐怖の秘密兵器』!
    著者は川内康範さん!
 ぜひぜひ、読んでみたい一冊です!
 いったいどんな御話なんでしょう……?

 また、『装丁対象選考座談会』も、本好きを唸らせてくれます。
 そして、巻末近く(まるでオマケ?)、
 『海外本格ミステリ2007MyBest5』アンケートも載っていて……
 う~む、日本のそれとはずいぶん傾向や様相が違っているようですね?
 思わず、ニヤリとしてしまいます。

 《本格》の最高傑作は何かと問われたら、
 現代日本のミステリ愛好家さんは、
 誰の、どの作品を挙げるのでしょうか?
 ’07年に発表されたこの作品?
 もっと昔の、あの作品?
 答えは……出そうにありませんね。

「ちょゥ~なんもんッ、でス!」

 ミステリ好きさんには、言うまでもなくお奨め!いたします!
 読みたい本がない~とお嘆きの方々も、ぜひ!
 わたくしネーさも……必読書リスト作りの参考にさせていただきましょう。

「ふァいッ、ネーさ!
 かみとォ、えんぴつッ!」

 では、ガンバってみまーす。まずは……ううむ、どれにしましょ?

「ネーさ、もォこけちゃッたのでスか……」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大甘な限定チョコ♪

2008-03-27 23:02:35 | ショコラ
「むほほ~ッ♪
 ネーさ、みてみてェ♪
 りらくまちゃんのォ、ちょこォ、でスよォ~」

 あのね、テディちゃ。それを発見してきたのは私です。

「むぴぴッ♪
 2こォあるからッ、うんとォ、
 1こはァ、とッといて、
 この1こォ、たべちゃお~ッとォ♪」 (もぐもぐ、っと)

 あ~、勝手に、もう~。

「るぴゃッ!
 あまァ~いィ!
 あンまいィでスよォ、ネーさ!」

 ええ? そんなに? (もぐ、っと)
 ……ほ、本当です。これは、なんとも、甘いチョコレート……。
 キャラメル味のチョコレートと、
 白色のバニラチョコの二層になっていて、
 センターにはマシュマロが詰められているんですけど、
 どれも、どすん!と甘い、のですね。
 甘い×甘い×甘い~の、甘さ三乗で、
 歴代のチロルチョコの中でも上位にランクされる甘さかもしれません。

「でもォ、おいしィ♪」

 ……えーと、ですね、
 このチロルチョコ『リラックマプリン』は、
 ローソン限定のリラックマオリジナル商品だそうです。
 食べたい!食べたいぞ!と夢にまでみちゃいそうな御方は、
 ローソンへ行ってみましょう、ね……甘いけど。

「おはなみのォ、おともにッ♪」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春夏秋冬、和の暦から眺めれば。

2008-03-27 13:48:57 | ブックス
「おぽッ♪
 かわいィ~わふゥ~の、ひょうしィ、でスねッ♪」

 そうですね、可愛らしい和風のイラストがいっぱいのこちらの御本が、
 本日の一冊なんですよ、テディちゃ。
 はい、御紹介いたしましょう!



        ―― しあわせを呼ぶ 和ごよみ ――


 
 著者は岩崎眞美子さんとサイトウトモミさん、
 ’07年11月に発行されたものです。

「ふむむゥ~、こよみィ……
 あれッ?
 ネーさ、これェ、はじまりがァ、2がつ、でスよォ?
 1がつ、どこいッちゃッたのでスか?」

 そこが、《和ごよみ》なんですよ、テディちゃ。 
 二十四節季(にじゅうしせつき)をもとにして考えると、
 一年の始まりは『立春』から、となります。
 
「わきゃッたでス!
 きゅうれきィ、でスねッ♪」

 はい、基準は旧暦。
 春に始まり、夏、秋、と続いて、一年のシメとなるのは、
 古い暦の上では冬の終わりとされる『大寒』です。
 その『大寒』の頃というのが、
 現代では1月の後半に当たるんですね。
 
「そうかァ……
 だからァ、このごほん、2がつからはじまッてるのでスねェ……」

 この御本では、新旧それぞれの暦を重ね合わせて、
 各月の由来や行事を解説してくれています。
 春分、穀雨、夏至、大暑、立秋、白露……。
 中には、シロツメク草で作る花冠の編み方、といった楽しいページも!
 そして、草もちの作り方や、
 梅酢シロップの作り方、までも!

 一方で、しんみりしてしまったのは、
 3月の暦でした……。
 ’08年の3月23日は、旧暦の2月16日になります。
 この日は、西行忌(さいぎょうき)。
 遠い遠い昔、
 平安時代末期の歌人、西行法師さまが亡くなられた日……。
 
 桜の開花だ何だと私たちが浮かれ騒いでいたのと同じ日に、
 西行さまは入寂されたのだなあ、と思うと……

「わァッ、ごめんなさいィごめんなさいィッ、
 テディちゃ、しずかにィ、おはなみィ、しまスからッ」

 西行忌、今後は胸に刻みます。
 胸に刻んで、桜を拝見いたします。

「ふァいッ!」

 全編カラーイラスト満載の、わかりやすい《暦》図鑑です。
 岩崎さんの文章、
 サイトウさんのカラー画が、爽快かつ痛快♪
 歴史好きの御方、それに天文好きの御方にも、ぜひ!

「テディちゃもォ、うゥ~、もッとォ、べんきょッ、するでスゥ~……」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加