テディちゃとネーさの読書雑記

ぬいぐるみの「テディちゃ」と養い親?「ネーさ」がナビする、新旧の様々な読書雑想と身辺記録です。

2017!新春特別企画♪《連名の依頼人》その5・オマケ編!

2017-01-03 22:01:10 | 2017!新春特別企...
「こんにちわァ、テディちゃでス!
 あけましておめでとうなのでスゥ~!」
「がるる!ぐる!」(←訳:虎です!迎春!)
「ユキノジョンです!めでたや~♪」

 こんにちは、ネーさです。
 2017年の初めから、またまたやらかしてしまいました。
 おフザケ企画に付き合って下さった皆さま、
 ありがとうございます。

 マイクマフトお兄ちゃん、酉くんも、
 体当たりの出演、ありがとう!
 そこで今回は、
 新春特別企画と新春展覧会情報のコラボ編を
 ふたりに仕切っていただきましょう。
 
「うぉほほ♪ やってやるわい!
 皆々さま、こちらを御覧あれ~!」
「コケプッ!」
 
  



         ―― 川瀬巴水 展 ――



 東京都立川市の立川髙島屋8F催事場にて、
 会期は2017年1月2日~1月16日(会期中は無休)、
 『生前の旅を40年 永久に旅立ち60年=旅百年』と副題が付されています。

「そうなんじゃ!
 没後60年の記念展なのだぞよ!」
「コココゥ~!」

 川瀬巴水(かわせ・はすい)さん(1883~1957)は
 日本画家・鏑木清方さんのもとに入門した後、
 伊東深水さんの版画『近江八景』に影響され、
 版画家の道を志した御方です。

「世界的に人気なのだ!」
「コケコ!」

 ええ、そうですね。
 アップル創設者スティーブ・ジョブズさんが
 巴水さんの作品を収集していたのは有名なお話です。

 では、新春にふさわしい巴水さんの名作を
 ネーさ所有のポストカードから、はい、どうぞ♪
 
  「これはァ、はるでス!」
  
  ↑『上野清水堂』(1928)ですね。

  「ぐるるる!」(←訳:これは夏!)
  
  ↑『芝弁天池』(1929)ですよ。

  「イチョウのあき!」
  
  ↑『鶴岡八幡宮』(1931)には、
  いまはもうなくなってしまった銀杏の大樹が……!

  「これは冬じゃ!ぶるるっ!」
  「コケコゥ!」
  
  ↑『社頭の雪』(1939)は井の頭弁天を描いたものです。

 私ネーさ、この展覧会にお出掛けしてまいりましたが、
 巴水さんの図録は既に持っていますので、
 ポストカードを買い集めてみました。

 展覧会会場の出口付近のグッズショップは
 誰でも入店可能です
 (展覧会に入場しなくてもOKなオープンスペースです)。
 ショップでは、額装された巴水さんの版画、
 クリアファイルなどのステーショナリー、
 そしてポストカードも販売されていて、
 ここを覗いてみるだけでも
 初春の“日本の美”を楽しめます。

「立川に行ったらば、ぜひ観賞なされい!」
「ココケピ~!」
 
 
  

  2017年の春夏秋冬も
  テディちゃ&虎くん&ネーさは読書に雑話にガンバります。
  活字マニアの皆々さま、
  よろしくお願いいたしますね~♪


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017!新春特別企画♪《連名の... | トップ | 岐路、また岐路。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2017!新春特別企...」カテゴリの最新記事