テディちゃとネーさの読書雑記

ぬいぐるみの「テディちゃ」と養い親?「ネーさ」がナビする、新旧の様々な読書雑想と身辺記録です。

~ 華やぐ《JAPAN》の伝統文化 ~

2016-12-07 22:02:40 | ミュゼ
「こんにちわッ、テディちゃでス!
 さいしゅうゥせんにィ~むけてッ!」
「がるる!ぐるるがるるぅ!」(←訳:虎です!飛ばせ元気玉ぁ!)

 こんにちは、ネーさです。
 はい! 日本時間の8日未明、
 ユヴェントスはチャンピオンズリーグのグループステージ最終戦を闘います。
 既にグループリーグ突破を決めてはいますが、
 首位で抜けるためには、ここで勝ち切りたい!
 とぉりゃああ~っ!と元気玉を投げたなら(ふぅ~)、
 さあ、本日は読書をサボり、
 展覧会情報を、どうぞ~♪

  



          ―― 日本の伝統芸能展 ――



 東京都中央区の三井記念美術館にて、
 会期は2016年11月26日~2017年1月28日
 (月曜休館、ただし1/9は開館して1/10は休館、12/26~1/3の年末年始は休館)、
 『Special Exhibition The Traditional Performing Arts of Japan』
 と英語題名が付されたこの展覧会は
 国立劇場開場50周年を記念する特別展です。

「めでたいィ~しんしゅんッ!」
「ぐるるるがるるる!」(←訳:めでたい50周年!)

  

 国立劇場が誕生したのは、
 昭和41年(1966年)――

 雅楽、能楽、歌舞伎、文楽、
 演芸、琉球芸能・民俗芸能等々、
 さまざまな伝統芸能の保存振興を期してのことでした。
 
  

「それからァ、はんせいきィ!」
「がるるるぐる!」(←訳:記念の年です!)

  

 舞楽の面や、
 文楽のお人形、
 初期の歌舞伎を描いた屏風、
 江戸期の演芸(曲芸)が主題の浮世絵、
 歌舞伎の衣装など、
 《JAPAN》文化の象徴の数々が紹介されます。

「とらでぃしょなるゥ~じゃぱんッ!」
「ぐるるる!」(←訳:普遍の美!)

 新暦では、お正月は1月、となっていますが、
 お稽古事をなさる方々は
 もう《こと始め》のお仕度にかかっているかもしれませんね。

 忙しい年末年始も、
 ちょっと手が空いたなら……

「びじゅつかんでェ、ほッこりィ~!」
「がるるるがる!」(←訳:ココロの保養!)

 ぜひ、お出掛けを♪




    では、今回はオマケ画像も年末年始のノリで!
   
    ↑auさんのショップでいただいちゃったこちらは……
   
    《三太郎の暦 二〇一七》!
    「あッ! うらちゃんとォ、ももちゃんッ!」
    「ぐるぅるるがる!」(←訳:金ちゃんもいる!)
    auユーザーさんでなくても、いいんです。
    auさんのショップに行って、
    カレンダー欲しいんですが?と訊ねるだけでいいんです。

    タブレットを使った簡単なアンケートに答えて、
    ちょちょいっとゲームをすれば、
    参加賞としていただけるのが、
    この《三太郎》カレンダー♪
    もしも、万が一にも、
    ゲームで『当たり!』が出たのなら、
    《金ちゃんのクマ》ヌイグルミが貰えます!
    ええ、《金ちゃんクマ》可愛い!
    それはそれは可愛いんです!!
    テディベア好きな御方はauショップさんで
    是非ともゲームに挑戦されたしー!

    「ネーさはァ、はずれェでしたでス!」
    「ぐっるる~…」(←訳:がっかり~…)

    ああ、《金ちゃんクマ》……未練です……。


    
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ー 北の国のひかり ― | トップ | ミステリではなく、ミステリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ミュゼ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL