いつか また 韓国?

韓国の似ているところ、違うところが気になります。 そして自然大好き!

お喋りにお付き合い下さい。

王ヶ頭(いず会)

2017-06-30 20:09:50 | 登山

楽ちんでトレーニングしなくて楽しめる所~~というわけで。

何年か前にネパトレの会で行って、大感激だった王ヶ頭に行きました。

 

天気は曇り。 もう これはしかたが無い事と諦めていると

やはり晴れ女集団。 29日 初日、 松本ではびっくりするぐらいよい天気になりました。

 

スーパーあずさ1号で全員集合。 松本9:39着です。

改札前の観光案内所に地図をもらいに行くと、 松本城まで行くのだったら、45分発のバスがありますが・・・・というわけで。 急ぎます。

前日にボランティアガイドさんをお願いしていたのです。

10時。 丸山さんが待っていてくださいました。

歴史、色々なエピソード。 その時にかかったお金の現在の価値とか・・・・ 沢山教えてもらって。 為になりました。  おまけにあちこちで写真まで撮っていただいたのに。 お別れする時に、うまくお礼が言えずに反省。  最後にもう一度、 ご挨拶に行ったら、 こんなお礼の言葉を言おうと考えていたのですけど・・・・ ありがとうございました。

松本城の特徴は、平城であるということ。 そのため、敵から守るために掘りを4重にめぐらせていることなど。  武田の影響のあるところは、 馬寄せの場所が掘りの横についていたり。    城の中は、階段が急です。 

地元人の愛情を感じました。 天守閣からは、 王ヶ頭が見えてきました。

 武士の扮装の人と写真を撮ることが出来ます。 我らもワーキャーと

 

昼食は、丸山さんお薦めのこちらで。 美味しいおそばでした。

その後開智学校に向かいます。  途中、松本神社でお参りし。  現在の開智学校の向こうに、以前の学校が見えています。

 現在の学校の屋根の右の方に、 王ヶ頭が見えてきています。

 以前、来た時には、この部分が改築中でしたが。 

今回は、こちらは完成して、他の部分が、網がかかって、工事中で残念。 自分たちの小学校時代もこんな木の机だったねえ~~と懐かしくて。座ってみたりしました。

 

さて、ホテルの送迎のバスが2時30分出発です。

そちらまで、歩く途中に見かけたお菓子屋さんでペパーミントのソフトクリームを頂きました。

 

びっくりした事に、バスは、満員。 大型バスで あがるにつれて、霧に包まれてきます。

でも、レンゲツツジの大群は 今が見ごろ。 ラッキーでした。

 

ホテルについて。

色々なチョイスの中から、夕食17:45として、 その前にお風呂にはいりましたが。

う~~ やはり、露天ぶろからも 何にも、見えません。 真っ白!!

でも、お食事は、流石。 裏切りません。

どれも、美味しく おまけにお兄さん達のおもてなしというか心配りにいたく感動いたしました。

まずは、食事。

我らのうちの一人が昨日、お誕生日だったよね~~なんて、内輪の話をしていたのですが。

それを聞きつけてくださって。 帰り際にプレゼントのクッキーをいただき記念撮影。 1枚は額に入れてくださり、我らは、それぞれ写真を頂きました。 こんな心使いをしてくれるからリピーターが多いはずです。

そういえば、 夕食中に立ちあがったポチ。 われらは気がつかなかったのに、 すぐに「大丈夫ですか?」と気をつけてくれて。ポカリスエット。お水を持ってきてくれたのです。

(さらに、翌日の、朝食で高山病の出た雅さんには、酸素が良いですよと、

お粥もよういしてくれたり、 中座したのに、また戻って、食べたかった、コーヒーとかヨーグルト、クロワッサンをまた出してくれました。  ホントに、ホントに、心温まるおもてなし。)

 

ところで、前日の夕食後、 ビデオをみて。星の観察を~~と思っていたのですが。

白い霧どころか 雨も降りだし。 星の観察が中止。

その代わりの、ブロッケン現象を電気で人工的に作って、体験させていただきました。

 

翌朝、 雨でも、なんでも、レンゲツツジは見に行けますから~~と

なんと、バスが出発する頃、 雨があがり。 レンゲツツジの群生している場所までおりてくると、霧も晴れてきました。

写真撮影。 一瞬ですが。王ヶ頭も霧の中からあらわれて 。

大満足の時間を過ごし、おまけにお腹がすいて。

バスを下りて。王ヶ頭の山頂撮影をすますと

美味しい朝食が待っていました。

これにご飯や、焼き鮭もたべて、ヨーグルト、コーヒー クロワッサン。 完食いたしました。

 

霧の中の散歩をどうするか?と悩んで、 少し、下がって見れば、霧が晴れることから

駐車場のところに下りて、そこから全員で上がってきました。 1時間ほどの山歩きでしょうか?

ここから出発。 更紗ドウダン

マイヅルソウ ゴゼンタチバナ

 

充実感が増して、11時15分出発のバスで松本まで向かいます。

私は、その日にタイからもどると言う亭主を待つべく駅に戻りましたが。

残りの皆は、松本市美術館、 松本高等学校をみて、これまた大満足の旅が出来たようです。

王ヶ頭。 また 行きたい~~~と話しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上甑島 | トップ | 北海道(女満別~小樽) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (デメ)
2017-07-02 21:22:34
美ケ原の王ケ頭、また、いきた---ぁい!
この言葉に尽きる、素晴らしいホテルでした。
百名山の一つなのに、頂上は、ホテルの横。
だから、冬山だって、頂上に立てるのです。憧れの2000m級の真っ白な世界も体験できちゃうらしい。
すごいことです。
レンゲツツジの群生は、花の色も濃く美しく、広大な山の斜面を埋め尽くしていて、驚きました。
本物の、ブロッケン現象も体験したいな~。
素敵な体験すると、ワクワクして、欲張りになる自分が、大好きです。
ちゃぎさん、デメを、ワクワクさせてくれて、ありがとっ!
でめさんへ (ちゃぎ)
2017-07-03 06:23:45
うふっ!
ありがたいお言葉です。
ふたり、体調を崩したけど、ホテルのお兄さん達の対応の良さで、すぐに、復活できて、良かったよね。
雨だから、何も見えないと覚悟して行ったのに、レンゲツツジのお出迎え。
嬉しかったね。
でめちゃんの美声が、頭にこだましてます

コメントを投稿

登山」カテゴリの最新記事