いつか また 韓国?

韓国の似ているところ、違うところが気になります。 そして自然大好き!

お喋りにお付き合い下さい。

上甑島

2017-06-28 14:53:19 | 旅行

昨年、父が亡くなり、父の好きだった海を見る旅に出たいね~~と始まった旅。

2人の口から 一番に出た場所が 「甑島」だった

母は 父は行ってないのではないかしら?と言っていたが、

もしかしたら、彼が行きたかった場所なのかも。

 

昨年、テレビで放送された ボンビーガールの作る民宿の場所がまさに今回の上甑島。

梅雨時でもあるし、

母がその時、 体調よく、行きたいと言うかわからないし。

海の状況もあり、 波によっては、船が出ないそうだし。

 

旅のGOサインは、田舎に帰ってからとした。

そして、島に一件ある天然温泉でベッドのホテル 甑島館に電話で予約がとれ、

次に川内戸言う港から出る高速船の予約をし

さらに、観光案内所に電話して、土日に催行される きゃんぱくバスを予約。

全てが前日に決まって。

 

出発。

便利になったもんだ

福岡から鹿児島 川内までは、新幹線で一時間半もかからない。

そこから 循環バスでみなとまで

そして、七つぼしの設計者が作ったという豪華高速船で 甑島へ。

ここで、失敗に気がついたけどね。

甑島までは、一日、2便。

一便は、上甑島から、 2便は下甑島から 回るコース。

我らは2便なので、2時間、御船の旅となり、

まだ新しい船内のじゅうたんの上で 横になり、 到着。

港は 可愛い魚のイラストが迎えてくれた。

 

港から徒歩一分のお宿は、 目に付きやすく、便利で正解。

風呂に入り、

食事。 こちらの地の焼酎を頂いた。

そして、夕景を見て、

もう一度、お風呂に入り、便利とはいえ、長かった旅の疲れをいやすべく、

ベッドに横になりました。

 

翌日、 朝日を逃すまいと カーテンの隙間からチェックしていましたが、

ちょっと、逃しましたか。

昨夜、あまり寝付かれなかった母に朝寝をさせ、

私は、一人でお散歩、 恥ずかしがりやのネコちゃんにご挨拶して

ここが発祥の場所という かのこユリを見ながら、

小学校、 神社、 寺を見ながら、

丸い石で作ってある武家屋敷跡へ。  

そして、テンションの上がる、 ミーハー。 美咲ちゃんのお宿発見。

彼女のポスターも もちろん、ホテルやあっちこっちで見ました。

 

お宿に戻って、

団体客の去った、食堂で2人のバイキングの朝食を済ませ、

10時から始まるきゃんぱくバスを待ちます。

そして、なんと、この日のお客は、我らのほかに女性2人のグループで

合計4名が運転手さんとガイドさんと独占して、バスで出発。

 

こちらの売りはなんと言っても 自然。

その不思議と素晴らしさを見せてもらいました。

       

ガイドさんは地元の老人会の会長さん、島には、老人が半数以上の村が多くなっているようで、心配されていました。

そして、美咲ちゃんのおかげか? 最近は、観光客が増えているようです。

この時期、イカ釣が楽しめるようで、 帰りにあった若者二人は、20匹もとれたと満足げでした。

それにしても、釣りの若者の、ファッショナブルなこと!

 

お昼は、甑島館に一度戻って、お昼ご飯、 時期のきびなごが沢山のった海鮮丼をいただきました。

昼食後、また バスに乗って、

今度は、甑島断崖クルーズへ。

天気が晴天といわれないのが残念ですが。

良かったのは、波が無い事。

船のガイドさんは、 絶好の天気ですよと。

      有名なナポレオン岩まで来て、Uターン。

 

帰りはウミネコに きびなごをあげて。

これが、予想以上に楽しく、 母は、これが一番気に入ったようでした。 

 

最後に観光案内所に キャンパクの意味をおたずねすると、

きやんせ。 いらっしゃいませ、 博覧会の 合成語だそうです。

大満足の旅は、

また高速船にのり、港から、バス、 川内から 新幹線でつなぎが非常によく、戻ってまいりました。

ところで、 新幹線の中で夕食を食べようと決めていたので、駅ベンを求めると、

残っていたのは、トンカツ弁当。  迷っていたら、 さ、半額です。の声で、

迷いなく、購入いたしました。

夜9時前には、家に戻れましたが、劇疲れだったのは、否めません。

散々気遣ったはずなのに、 最後は、自分が先に爆睡していました。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「セールスマン」 | トップ | 王ヶ頭(いず会) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ぶー)
2017-06-28 21:44:01
まぁ、美咲ちゃんのボンビーガール応援して見てましたので、あの島民の温かさが感じられるような旅で、なんとも素敵。
お母様、お疲れでしょうが、きっと大満足の旅だったことと思います。
まだこうして親子で旅行も出来るなんて、お母様長生きしてくださいますね。
お元気で次の訪れ場所をご思案くださいね。
ぶーさんへ (ちゃぎ)
2017-06-29 06:32:19
おはようございます。
美咲ちゃんの甑島、良かったです。
小さい島ですが、みんな、仲が良さそうで、のんびりしていて。
母とまた次にどこかに行けると良いなと思っています。
怠け者のブログにコメント貰って、幸せ。

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。