いつか また 韓国?

韓国の似ているところ、違うところが気になります。 そして自然大好き!

お喋りにお付き合い下さい。

「こどもが5人」

2016-12-07 13:32:48 | 韓国ドラマ

出演:アン・ジェウク、ソ・ユジン、シム・ヒョンタク、ソンフン、シム・イヨン、シン・ヘソン他
演出:キム・ジョンギュ
脚本:チョン・ヒョンジョン

働くママが離婚しても、 新たな恋に挑戦。  相手に子供が2人いて、自分も、3人。

それが、また離婚してもさらによい男に出会えて、頑張ります。

 

一難去って、また一難。  2人、両家がそれぞれに許しても、今度は、子供がね~~

そりゃそうだ。  

最後まで理不尽ないいがかりに、 許しを乞う 「頑張れ、クムスン」時代のドラマよりも、 そのあたりは、

一時は、腹が立って、反対しても、 適当なところで、認め合う、 現代的な家族の像があります。

お互い、折れるところは 折れて、 そして、認め合って。

ユーモアもあって、楽しいです。

 

この核となる5人家族を作ることになる 男女の他に。

男性の家族の 次男、 長女の恋物語。

男性の亡くなった奥さんの家族の次女の恋物語。

笑わせてもらったり、泣かせてもらったり。

アン・ジェウク、 ソ・ユジン、演技が達者で、流石~~

 

このお金持ちの家の親たちがお金があっても、教養は無い。 お手伝いさんの方が物知りだったりして。

そこの娘がおバカさんでも 仕方ないでしょう。  ちょこっと風刺や皮肉が感じられますが、可愛い程度で

格差社会の韓国。  結婚の相手は、出来れば、お金持ちで良い学校を出ていてと 親の希望はあるでしょうが。

 

それにしても、親は無条件、子供の応援隊長で、相手をぎゃふんと言わせられるくらいでないと・・・・

口喧嘩じゃ、負けない・・・・  これが、必要条件のようですが・・・・

私は、やっぱり、多少、違和感を覚えます。

 

こういうホームドラマを見ながら、 韓国の人間関係をお勉強中であります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 杓子山(ワンゲル) | トップ | 赤羽へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ぶー)
2016-12-07 15:28:20
この時間帯のドラマだけは今でもずっと見てますから、今回も楽しませてもらいました。
若い頃のアンジェウクはどうも好きになれなかったのが中年になっていい味でた俳優になりましたねぇ。
でも今回主役の二人より、妹とゴルファーのカップル、義妹と教師のカップル、そっちの方が面白くて。
前妻の親も面白かった~~
笑いあり涙ありのファミリードラマはやっぱり好きです。
ぶーさんへ (ちゃぎ)
2016-12-07 17:37:11
アンジェクが、実際にもパパになって、良いパパ、演じてましたね。
そうそう。
教師とお馬鹿娘、プロゴルファーと教師の恋愛。しかも、教師とゴルファーは、兄弟で。しかも、主人公夫婦とは、会社の広告の関係があり、問題多いやつで、笑えました。
でも、好きな相手の為に、一生懸命で可愛いかったですね。
小さなエピソードも楽しくて、やはり、作家さんの力でしょうか。
あの石コロ、捨てちゃうのとかも、妙に心に残りました。
さ、また新しいドラマが始まりましたね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。