サガン サーガ

サガン鳥栖応援ブログです。

川崎戦1-1ドロー、アウェーで追いついたんだから良しとする?

2017-03-07 15:27:21 | 日記








DAZNは鮮明で加入して正解だったと思うのですが・・試合開始時間が5時の為、前半は25分までスーパーの駐車場で視聴。小林悠のゴールで0-1。職場で6時過ぎにコッソリ、チラチラで同点は確認したのですが、高橋のシュートは見逃しです。何とかスポーツニュースとやべっちで観れましたが、こういうのはリアルタイムに喜びたいものです。まぁ~仕事中にスマホで観戦ってのが一番問題か(^^;

[ マッシモ フィッカデンティ監督 ]
いつも通りの鳥栖らしい試合ができたなという印象です。パスワークで考えたらJリーグでトップレベルの川崎Fに対して前から行って、こっちが持ったときには簡単にボールを渡さないゲームにしようという、そういう気持ちは見せられたかなと思います。今日は早い時間帯に(得点を)取られましたが、チーム全体で切り替えて、やり返すためにプレーできたことは、今日のチームで気に入ったところです。前節があまり気持ち良くないゲームで負けてしまったが、そこを引きずらずに、自分たちのせいにせず、自分たち次第で結果は変わっていくんだという戦い方をしていこうということで、今日さっそくそれを表現してくれた選手の振る舞いにとても満足しています。


--強豪と呼ばれるチームと対等に戦えるようになった要因はどう考えているか?
FC東京時代、指揮をする以前に対戦をしているので、外から鳥栖も知っています。その時はロングボールを主体にして、セカンドボールを拾えたら形になるというサッカーがメインだったと思います。去年も半年ぐらいは浸透するのに時間が掛かったと思います。逆に言うと、半年経った頃からすごく良くなったが、でき上がっているわけではないので、「継続してさらに強くしていくぞ」と言っている。まだもっと良くなると感じているし、選手も協力的にやってくれている。受け入れようという姿勢が強いクラブなので、そこがうまくフィットしたかなと思っています。


--小野 裕二の交代で並びを変えたように感じたが?
形はそのままです。ボランチの横の2人に、右に小野、左に福田 晃斗という形でスタートしていましたが、その理由は向こうの左側が阿部 浩之選手と登里 享平選手がいたので、縦のスピードにうちの選手をぶつけてということを考えていた。彼が負傷してしまったので、そこに原川 力をそのまま入れるより、彼はどちらかというと組み立てるときの能力が高いと思ったので、左サイドの攻撃を抑えたいということもあって守備力のある福田を逆にしました。


まだ連携が不十分でミスが多い気もするが・・それでもチャンスはあったし、川崎の攻撃をしのいでドローは悪くないんだろうなぁ~
しかし、勝点3が欲しい!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アウエー川崎戦、スタート連... | トップ | ホーム広島戦で初勝利を!3... »