チョウチョウ王の備忘録

趣味の海水魚と銭湯巡り、邦画とJ-POPの話題

黒潮大蛇行に解消の兆し

2005-07-08 13:42:52 | 海水魚
黒潮の流れは、関東地方の死滅回遊魚採集家にとってなによりも気になる情報でしょう。
というのも、はるか南方の海で生まれた稚魚たちはこの黒潮に乗って本州沿岸の磯に流れ着くからです。
黒潮の流れるルートは一定ではなく、なんらかの原因で大きく変わってしまうことが知られています。
去年の7月から黒潮の流れは「大蛇行型」と呼ばれる14年振りのパターンを1年近くも続けており、これによってシラスやカツオの不漁をはじめとして、太平洋沿岸の漁業に大きな影響が出ていました。
黒潮大蛇行は死滅回遊魚採集にも影響があり、長年採集を続けているベテランをして「昨年は今までに体験したことのない不漁」というほどでした。
今年も今のところ、例年に比べて死滅回遊魚の登場が遅く、不漁年になるのではないかとささやかれています。
ところが本日気象庁から、黒潮大蛇行に解消の兆しと発表がありました。
この手の予測は地震予知と同じくらい難しいと思っているので、あまり多大な期待をしないで様子を見ることにしましょう。
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お菓子の家 | トップ | 房総初採集 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海水魚」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL