ヴォーカル渋谷みちる ブログ

歌いながら楽しみながらの日常~お付き合いくださいませ☆

フェイクファーベスト作り

2016-11-20 | 洋裁

これまた急遽思いついてフェイクファーの布地を買いに

布地のデパート大塚屋へ行ったのでした。

数あるフェイクファーの布地を前に

見た目だけでなく実際に一番温かそうな

ぶ厚いフェイクファー生地をチョイスし

同時にそれに合う裏地を購入。

なかなかのぶ厚さ、ミシンが使えるか不安でしたが

何なくクリア~厚物OK、頼もしいミシンです。

 

このミシンのお陰で洋裁の幅も広がるってもんです。

裁断してしつけだけしたら、あとはダダダーッと直線縫い。

(注:針も糸も厚物用に変更ですよ)

ネットでフェイクファー作りを検索するとコスプレ系が多かったのだけど

生地の特性はじめ、いろいろ有力な情報をGETできました。

ミシンでできる部分と、手縫いが手堅いという部分とあり

裏地付けは、フェイクファーの毛を刈っていろいろしてミシンかけるより

手縫いの方が早いなと。

手縫いの場合、止め玉を大きめにしておかないとスルリと抜けやすいので

その辺り注意しながら。

表がモコモコなので縫い方は雑でも目立たないものです。

他には、初め飼っている猫がフェイクファーなのに過剰に反応(笑)

本能を目覚めさせたようでしたが、匂いを嗅ぎだしたら

途端に無反応になりました。

私自身、獣を前に針と糸で作業しているような気にもなりながら

完成☆

製作時間は半日程度でした。

こういうのって、一見難しそうに見えるけど

意外と簡単にできるものなんだなぁ・・・

という感想でした。

フェイクファー、あったかいです☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

最短時間でワンピース作り

2016-11-13 | 洋裁

今日のステージは明るい時間帯

そしてフォーマルな感じとのことで。

手持ちのドレスをあれこれ見ながら

どれもイマイチな気がして

急遽、作りました。

袖がないと寒々しい印象を与えることもあるので

今回は袖付のワンピースを作ろうと

布地屋へ向かったのが、一昨日、金曜日。

あと二日で果たしてできるんだろうか・・・

不安と期待で妙なワクワク感を抱きながら

布地のデパート、大好きな大塚屋へ。

何度も行っているお店ですが

お店のオープンと同時に一番乗りでは初めて。

扉が開くと同時に入店って

なかなか気持ちのいいものね(笑)

ざっと見て「これだ!」

一目惚れの布地を買おうと店員さんに声をかけたら

何と、品切れ~

とても残念だったのだけど無いものは仕方ない。

それだけ素敵だということよ、と気持ちを切り替え

同じデザインの色味の違うものを購入し

さっと帰宅して、さっと洋服作りスタート。

何せ時間がないので迷ってる暇などないのでした。

何だか仏壇の周りで見かける色合い??と思わなくもないけど

黙々とチクチク、チクチク、ミシンも楽しいが手縫い作業もまた楽し。

布地がとても柔らかく滑らかでスルスルしていて気持ちよく

薔薇の柄以外はシースルーなので、インナーも作らなくっちゃで

光沢のあるこげ茶でキャミソールを。

インナーの色を変えるとワンピースの表情が違ってくるので

これは面白い。

また色違いキャミをいくつか作ろうと思います。

いつものように適当な、行き当たりばったりな製作でしたが

過去最短時間で、何とか完成☆

とても軽やかな素材

これでロングドレスを作ったら、これまた着心地良さそうだな~と

次への製作意欲が湧くのでした。

ドシドシ洋裁にチャレンジJOY

していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ドレスリメイク完成

2016-09-27 | 洋裁

結局、デザインはオーソドックスなものに落ち着いたので

リメイクしたところは、全体にシェイプしたところでしょうか。

とは言え、歌を歌う用ドレス、

息をたっぷり吸った時にお腹周りや横隔膜周辺がはち切れないように

今回はピアノの弾き語り、

座った時に腰回りがきつすぎないように

などなど、要チェック。

ステージでその辺りの着心地が悪いとホント最悪。

いっそ脱いで全裸の方がたっぷり歌える、っての。

まぁ、ジャンルが違ってくるので脱ぎませんけど、当たり前ですけど。

久々のドレス製作でいろいろなアイデアが浮かび

いろんなデザインを、いろんな布地で作ってみたいと思いましたが

何事も経験を積まないと上手くはなれないものですね。

ドレスリメイクは良い機会でした。

今回はステージシューズも、ちょっと手を加えて

メラメラ~じゃなくって、ラメラメ~☆ ラメってみました。

ここで以前やってみたベネチアンマスク作りが役に立つとは!!

人生でもこういうこと、ありますよね??

ここで、あの時のあれが、みたいに役立つこと。

このために、あれがあったのか、みたいなこと。

やっぱり、何事も経験あるのみ。

今日は初体験のコラボもあり今からドキドキ

体調万全、気力もOK、いい感じ。

楽しい一日になりますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドレスのリメイク

2016-09-23 | 洋裁

ぐずついたお天気が長々と続いてますねぇ。

こうも続くと、流石にイヤになりますねぇ。

野菜も高騰、これもまたねぇ。

何だか気持ちも体もスッキリしないままですが

(どうしたものか・・・)と

迷っていたドレスのリメイクに

取り掛かることにしました。

来週予定のパーティ、綺麗どころが集結するパーティで

私は主役ではなく盛り上げ役ということもあり

ドレスの色などもちょっと相談。

手持ちの、前からリメイクしたかったドレスを

日は迫っていますが思い切ってやってみるか・・・と。

以前に作って着たドレスはコチラ↓

胸元と背中を少しドレープさせて、というデザインだったのだけど

どうも気に入らない・・・。

少しでもすっきりボディに見せたいのに、割増しでぼてっとして見えるのが

何より気に入らないとこかしらね・・・。

一から作るか、リメイクするか、回らない頭が少しずつ回り出し

いつものように簡単なデザイン図をいくつか書いてるうちに

イメージが湧いてきて、いけるかも!?と。

リメイク、果たしてうまくいくかどうかわかりませんが

既にドレスは糸をほどいてしまって、前後二枚の布状態

完成させなきゃしょうがない状態。

久々のミシンタイム

ちょっとワクワクしてきましたわっ

この調子、この調子。

うまくできますように☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨らしい休日は

2015-07-06 | 洋裁

お裁縫。

部屋の中での作業なので、雨が降ろうが曇りだろうが

全く気にならず。

またまたご依頼をうけまして~当然ながら(失敗しても許される)友達から。笑

部屋着、でしょうね・・・違うのかな・・・

着心地のいいタオル地、仮縫いの後お直しをして

あとはミシンでダダダーっと。

余った布で頭に巻くターバンも、っということで

作ってみました。

ターバン、今年の流行だそうで。

前の部分で一捻りのターバン

伸びる素材なので意外と簡単でした。

そしてメインのご依頼は、ソファカバーなのですが

まだ半分のみ完成・・・早く仕上げないと

このように占領されコロコロが手放せなくなります・・・。

しっかりとした帆布、仮縫いで被せてみたら思いの外うまくいったようで

「売り物みたい」というお世辞にすっかり有頂天になったのでした。

まだ仮縫いだというのに・・・

本縫いは生地がぶ厚いので針を変えたり糸を変えたり

ミシンは縫ってみないとわからないもので

いろいろ試せて有り難い。

カバーの半分は、元のカバーを帆布の上に置いてチャコでしるしをつけてという

かなりアバウトなやり方・・・汗

たまたまうまくいったようだけど、やはりこれではいけないと

あとの半分はきっちり測って挑みます。

作業時間が限られるのだけど

少しずつ形になっていくのが楽しい。

早く完成させてお届けしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

何事もまずイメージから

2015-06-11 | 洋裁

おはようございます。

コーヒーを飲みながら、お針子からスタートの一日です。

明日のパーティのステージには間に合わないかなと諦めて

他の衣装のつもりでしたが

何とか間に合うかも!?ということで

チクチク最後の仕上げに取りかかっております。

日中、合間合間ににミシンをかけたり少しずつ製作してきましたが

頼りはイメージということで、こちらを横目に。

かなりアバウト・・

昨日は寝る時に、腰が、足が、背中が凝って重く

どうしようもなくだるかったので

全身湿布まみれで眠りました。

洋裁は重労働ではないけど全身にくるもので・・・汗

しかし湿布の効果はスゴイ!

お陰で今朝は凝りもほぐれて全身いい感じ

昨夜のドロドロ具合がウソのように蘇ってくれていて嬉しい。

体調がいいと心も軽やかで

チクチク針作業をしながら明日の選曲のことも考えながら

あれもいいな、これもいいかもと

ステージのアイデアが膨らんでいきます。

何でもこい!のメンバーがバックなので心強いというもの。

嬉しいな。

楽しいステージをお届けできますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ミシンの時間

2015-05-27 | 洋裁

洋裁にはまり出したワタシをよく知る友達からのリクエストで

メガネのソフトケースを作りました。

私のメガネはハードケースなので

ソフトケースは見よう見真似。

生地は以前にキーボードケースを作った時の余り布

これがメガネケースになかなかいい感じ。

しかし人様にお渡しするとなると緊張するものです。

3つ作って一番マシなのをお渡ししたのだけど

慣れない小物作り

ああすれば良かった、こうすれば良かったと

改良点が尽きることがありません。

軽く水洗いしただけで布が縮む分

縫えてたつもりが、うまく縫えてないところが出てきたりで

やってみないとわからないものです。

飽きもせず手元に残ったのをまたほぐして縫い直し

これが、楽しい。

洋裁教室の先生が言われていたことが

こんな時に脳裏をよぎります。

「失敗することで勉強になるからね」

なるほど、なのでした。

手作りは作っている時の楽しさ以外にも

完成した時の達成感や喜びもあり

いろいろ経験したことが詰まっているもので

愛着がわくのもわかる気がします。

いつの間にか洋裁の道にのめりこみ出したところへ

新たに加わりましたロックミシン☆

品物はまだ新しい中古品ということだったのだけど

どうやら展示品だったものを譲って頂けたみたい

ラッキー!

使い方を教えてもらって、そのまま箱詰めしてもらえたので

すぐ使える状態でした。

使う前に、ロックミシンを前にまたもやニヤけてしまうのでした。

嬉しいなぁ

支払いのことを考えると頭を抱えますが

仕事に張りあいがでるというものよ。

と、どこまでも前向きに。

ただの能天気なのかも知れませんがね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カタカタタイム

2015-05-07 | 洋裁

4日間の連休

あっという間に過ぎるものですね。

地味~にせいぜい自宅から数キロ圏内の移動でもって

日中、出かけた先は布地と言えばの「大塚屋」

家のことや仕事のことやらをやりながら

手が空いたらミシンの前に座ってカタカタカタカタッ

ひたすら黙々と

これが楽しい。

細々とした洋服の直しなんかをやってると

ダダダーッと長い直線縫いがしたくなるもので

布地をリメイクしての仕切りカーテンを作りを。

布地で空間の雰囲気がガラリと変わるもので

出来上がりをいろんな方向から見てはニヤリ

楽しい&嬉しいのW効果☆

連休も明けて

ちょっと先には洋裁教室の予定もあって

楽しみ、楽しみ!!

また叱咤激励を受けながら

腕を磨いて行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

趣味の道

2015-04-04 | 洋裁

裁縫教室へ。

2時間があっという間に過ぎる楽しさ

教室は課題となるデザインがあり、布地も決められているのだけど

ご無理をいって持ちこみでもって教えてもらいました。

我流で適当に作ったドレスを着て行ってみたのです コレ↓

先生はパッと見ただけで、アドバイスの数々を下さいました。

流石ですよねぇ~

例え素人目にはわからなくとも

見る人が見れば一目でわかるのだという恐ろしさ、

そんなことも感じました。

得意げに着て行けた私は、まさにド素人(笑)

ドレスを何着か作りたいという私に

布地の特性や、普段着の縫い方とよそ行きの服の縫い方の違いなどを

わかりやすく教えて頂いて

へぇ~、ほぉ~、なるほど!の連続です。

教室は裁縫のための部屋

布を裁断する机やいろんな種類のミシンがあってとても便利

こんな部屋が欲しい・・・などと初心者の私でも思うほどです。

そんな中での裁縫便利グッズ、これなら買えると私も即購入しました。

セーフティ ロータリーカッター

どんな布地も巻き込むことなくスムーズにカットできて

とってもラクです。

他にも磁石がついてる針山なんかもあって面白い。

徐々に揃えていけたらなと思います。

手ほどきを受けながら、自宅でもミシンと向き合い

予定よりも早くに完成できて嬉しい~春色ドレス

皺にならない布地で伸縮性があってシルエットも綺麗に出ます

その分、ボディシェイプも必須ということで・・・汗

一着縫うにもいろいろな方法があると少し知っただけでも夢が広がりますが

それと同時に裁縫の道も奥が深いなぁと思うのでありました。

教室での裁縫あるある話も聞いてて楽しい

次はどんなのを作ろうかな。

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

休日の成果

2015-03-30 | 洋裁

お花見返上しての週末、楽しかった裁縫タイム☆

地元の大型布地店では3時間もの間滞在し、あちこちを見てまわりました。

高級な布地の「特選サロン」ではため息が出るほどの美しい布地の数々

柔らかな肌触りにプリントもお洒落でカッコいいものとなると

1mで2万近い値がっ!!

既成の上質なドレスが高いのは納得、という気持ちになりますね。

長時間見て回って疲れたので途中休憩で館内の喫茶店へ

そこでは3時になると共にサービスで「みたらし」が~

この布地屋の横には昔からお好み焼とみたらし屋があるのですが

そこで見かけるイタリア人がこの喫茶店でも働いていた。

系列店なのか、働き者のイタリア人・・・

しかしコーヒーにみたらしとは初めての組み合わせ

できればお茶で食べたい私でありましたが

みたらし美味しかった!ボーノ!!

帰宅して、試し縫いじゃないけれど

ぶ厚めの布にペラペラ、伸縮ありの布といろいろ縫ってみたら

流石コンピュターミシン、自動で糸を調整してくれて作業はスイスイ

表はナイロン、裏がキルティングのぶ暑い布で

キーボードの持ち運びソフトケース。

しかし、これはあくまでも簡易な移動のみといった感じ。

売っているソフトケースはソフトと言えどもっと頑丈ですもんね

そうなると工業用ミシンでしょうねぇ・・・

そして、ペラペラのナイロンでシューズ入れ2枚

ジムシューズ用と仕事でのステージ用

これ、間違うと大変だわ~っ 同色は危ないわね。

こんなペラペラでも糸がつることなくスムーズに縫えてストレスなし!

素晴らしい縫い心地。

そして伸縮素材の布でシンプルなサマードレスも作ってみました。

巷のマキシ丈、私にはどうも短いという悩みが解消

ひきづりそうな長さが嬉しいのであった~

迷って買ったミシンでしたが

触って試しているうちに徐々に信頼と愛着が。

静音なので夜でも作業は迷惑でないみたい

この静音を実現するためにはミシンの重さが必要のようですね。

頻繁に使うなら持ち出してセットしては確かに面倒くさい

部屋のどこかにミシンコーナーがいるかしら

そんなに続くのか自分でも半信半疑ではありますが

これからもいろいろと縫っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加