ヴォーカル渋谷みちる ブログ

歌いながら楽しみながらの日常~お付き合いくださいませ☆

土曜の深夜映画は

2016-03-06 | 映画

「カンフーハッスル」

お腹を抱えて笑いました。

カンフー映画って、こういうものなのか??

昔、キョンシーとかありましたねぇ

不気味な感じでじっくり観なかったのだけど

カンフーがこんなに面白いものなら、他のも観たい。

バックに流れる曲も感心しました。

いかにもなドラの鐘がなる中国のものから、クラシックから

いろんなジャンルが使われているのだけど

気がつかないほど自然に流れているというよりは

この場面の音楽はコレだよね!って主張がすごくて

ある意味、全然ひねってなくて、そのまんまの感じが

これまた笑えたのでした。

ストーリーに感動し、それがバックに流れる音楽と相まって

心の琴線に触れて胸が熱くなり、そして目が潤む。

というんじゃなくて、あまりにベタすぎるもんだから

泣ける場面なんだけど、何か笑える・・・みたいな。

敢えてそういう方向にしたとしか思えないような感じで

それがまた面白かった。

派手なアクションシーンでは、クエンティン・タランティーノ監督の「キル・ビル」

他に「マスク」のジム・キャリーの笑いもある感じ。

カンフー好きでなくても、頭を空っぽにしてバカ笑いしたい時に

オススメです。

香港アメリカ合作とのことで監督をググってみたら

主演のチャウ・シンチーという俳優が監督

この俳優兼監督、大のカンフーファンなんだそう。

「70年代の香港カンフー映画の伝説のスターたちをキャスティング

そして音楽にも相当なこだわり・・・」って書いてあるのを見つけました。

音楽、こだわったんだ・・・笑

楽しいサタデーナイトシネマでした!

「カンフーハッスル」

頬っぺたが痛いほど笑わせてくれて、謝謝。

あぁ、面白かったわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

サタデーナイトのシネマは

2015-11-29 | 映画

気温がぐっと下がった週末でしたねぇ。

ジゼルでは忘年会のお席も多かったようで

ハッピー&ゆったり癒しのナンバーを☆

そして今夜土曜日はグレース

犬山の木曽川沿いは名古屋よりもぐっと冷え込んでいて

こちらはクリスマスソングを中心に☆

終わり頃には常連さんを含めて女子会のノリで

クリスマスの話題から

今までで一番ロマンチックだったデートの話なんぞしながら

青春だったなぁ・・・と遠い目の同世代

皆、それぞれにいろんな思い出があるものですね。

帰宅後はお腹がペコペコ、寒かったので深夜だというのにクリームシチューを作り

明日はお休み!と夜更かしを決めこんでTVをつけたら

映画「Saint Ralph(邦題:リトルランナー)」が始まったところでした。

あっという間に観終わったくらいに惹きこまれた

とても良い映画でした。

挿入歌の「Hallelujah(ハレルヤ)」も良かった!!

映画も、この曲にも泣けました・・・

これは以前にギターの小森さんから良い歌だよと勧めて頂いた曲で

カナダのシンガーソングライターLeonard Cohenの作詞作曲

この映画ではJeff Buckleyが歌っていますが

K.D.langの「Hallelujah」も好き。

久しぶりに聴き直して、やっぱり、いいなぁ・・・としみじみ。

そこからあれもこれもと聴いてるうちに

すっかり朝です・・・

折角なので朝イチのコーヒーを飲んで寝ようと思います。

おはよう~、そして、おやすみ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連休の始まりは映画から

2015-10-11 | 映画

久しぶりに映画を観ました。

連休前の仕事を終え深夜に帰宅して

何気なくTVをつけたら始まったばかりのようでした。

イタリアが舞台の洋画

大人の人生ラブストーリーという感じ。

結婚を決めた子供を持つ親を主人公に

子供がゲイと発覚、親の浮気に死別に離婚に

抱える病気、仕事人間からの脱却と

ストーリーはそれぞれの生き方に迫り

題名も知らぬまま、惹きこまれるように終わりまで。

観終わった頃は朝がもうすぐの時間帯でしたが

心がほっこりと温かくなって

ぐっすり熟睡したのでした。

映画自体、本当に久しぶり☆

水野晴郎さんじゃないけど「いやー、映画って本当にいいものですねぇ」

たまたまだったけど、観れてラッキーでした☆

しかし、題名、何だったっけな・・・

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜更かしで映画

2015-04-13 | 映画

土曜日、深夜に帰宅。

明日は休みだわ~!と開放的な気分でテレビをつけたら

映画「エディット ピアフ」が始まったところだった。

この映画、上映中は映画館に行けず

ビデオレンタル屋に何度足を運んでも貸し出し中で

いつまで経っても借りられないようだったので

この作品の横に並んでいたドキュメンタリーをレンタルしたのだった。

これが良かったのです!!

画像は白黒であまりいいとは言えないものの

ピアフのプライベート映像などもあって

身長142cmという小柄で華奢なピアフが子供のようにはしゃぐ姿や

(ピアフはフランス語で雀と言う意味もあるとのこと)

ライヴ映像の歌声はテレビの画面から飛び出すほどの迫力で

こちらにすっかり感動したものだから

映画の方はどうでもよくなってしまい

結果、観ず仕舞いという作品だった。

2007年の作品だから、かれこれ8年も経つわけね。

主演のマリオン コティアールはこの映画で

セザール賞主演女優賞とアカデミー賞主演女優賞を受賞されたとか。

今回、映画を観て受賞に納得~!ちゅう感じでした。

前に観たドキュメンタリーの映像と酷似

すごく研究したんでしょうね・・・

映画を観終わって

映画の最初のシーンで出てくるビリーホリディの話に

(エディット ピアフとビリーホリディは同じ年らしい)

そして映画には出てこないけど日本の美空ひばりと

(芸名がひばりに雀とは)

その三人の歌声を思い浮かべた私でした。

どの方も声の質が独特で一度聴いたら耳に、印象に残る声かと。

エディット ピアフと言えば愛の讃歌があまりにも有名ですが

彼女が作った ラ ビアン ローズもいい歌ですよねぇ

好きで一時いろんなリズムでよく歌わせて頂いていたのに・・

また歌おう。

ピアフは享年47歳

短くとも凡人には真似できない

とても濃い人生だったことには違いないでしょうね。

印象的なシーンに

インタビューの「メッセージは?」に対して

「愛すること」というのがありました。

愛する人生かぁ・・・

ふとつけたテレビだったのに

観れて良かった。

エディット ピアフのCDも以前買ったのだったわ

そちらもまた引っ張りだそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「コットンクラブ」

2014-06-13 | 映画

今夜の岐路は、思わずあのシーンを思い出しました。

もう何回観たかわからないくらいの映画「コットンクラブ」

主演のリチャード・ギアとダイアン・レインは勿論素敵でしたが

劇中の数々の名曲の中でも印象的だった「Ill Wind」

こちら東海地方、夕方には竜巻注意報も出ており

深夜を回っての時間帯でも風が小さな渦を巻いて

手に持ったバッグが吸い込まれるほどでした。

空を見上げるとまん丸の大きなお月様を

どんよりとした雲が風と共にすごい勢いで覆い隠していき

ホント「Ill Wind」のイメージ。

過去のライヴではよく歌っていた、大好きな曲です。

映画「コットンクラブ」の中でシンガーが歌うのを観てスーっと入り込んだ感じ。

こちらが映画の中のそのシーン☆

http://www.youtube.com/watch?v=f9nOjTbdPKQ

同じ曲をビリーホリディが歌うと、こうなるんですね。

http://www.youtube.com/watch?v=sbH59xMN8yI

途中で切れてしまって・・・悲しい。

若い頃は何だかおどろおどろしい感じがしたビリーホリディの歌

とつとつと奏でるミュージシャンの演奏も

今ではどこまでも優しくて柔らかさを感じて

何だか全身の力が一気に抜けるよう。

いろんな経験をするのも、年を取るのも悪くはないかも

そんな風に思えるほど温かく包まれる感じがします。

もしタイムスリップできるなら、

一度でいいから見てみたい、あの1920~1930年代、でした。

ついでにこれも「コットンクラブ」で泣ける一つ、兄弟のシーン。

http://www.youtube.com/watch?v=ggwgD8ZczHw

時代が退廃な中、色香と芸術と、あと何だろ、色んな匂いがします。

http://www.youtube.com/watch?v=fru1zRGhs-Y&list=PLh5TczY-VAuKcRPKoGe2UYLVBsRTGJVDS&index=1

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「BOX袴田事件 命とは」

2014-04-15 | 映画

袴田さん、釈放された今どんなお気持ちなのでしょうか。

何十年ぶりに塀の外で見る桜はどんな風に目に映ったでしょう。

袴田事件が起きたのは1966年、まだ私が生まれる少し前のことで

物心ついた頃に、冤罪ということでその事件を何となく知るも、

あまり詳しい内容は知らないまま。

2010年公開の「BOX袴田事件 命とは」というのを

公開後DVDで観て衝撃を受けました。

Photo_8

事件の真相というものは、当事者にしかわからないことだとも思いつつ

無実の色が濃いにも関わらず、この事件に巻き込まれたがために

78歳というご高齢になるまで投獄されていた袴田巌さん。

何という人生なんだろう・・・と心が痛みます。

映画では、毎日、死刑告知の時間が過ぎるとほっと安堵し、

また翌日には死刑の呼び出しを告げにくる足音にぶるぶると怯え

日に日に追い込まれ精神に異常をきたすような凄まじい場面があります。

何もしていないのに、こんな経験をすることになったら

気が狂って当然の状況でしょう。

諦めずに長い年月の間、無実を訴え続けられてこられた弁護団の方々や

誰より実姉の存在はきっと大きな支えになっていたことでしょうね。

会見での81歳のお姉様の凛とした姿、そしてあの気丈さ。

とうてい真似のできない、並々ならぬご苦労があったからなのでしょうか。

人生って・・・

考えてしまいますね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7年後~2020年オリンピック

2013-09-08 | 映画

開催地、東京に決まりましたね

今日からしばらくは、この話で持ちきりになりそうですが、

7年後・・・すぐのような気もするし、先のような気も。

オリンピック開催地が東京(日本)ということには

賛成・反対、いろんな意見があるでしょうが、

これを機に、原発の問題などなど、山積みの問題も

解決が早まればいいなと思います

1964年(昭和39年)開催の東京オリンピック

まだこの世に生まれてませんでしたが

日本が高度経済成長の時期、さぞ勢いがあったことでしょうね。

次のブラジル リオデジャベネイロのオリンピックが終わったら

徐々に日本国内がオリンピックに向けて盛り上がっていくのかな?

開会式、閉会式はどんな内容になるか、これ、楽しみです

日本色ということで歌舞伎とか出てくるか!?

7年後。

どうしてるのかな、ワタシ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なかなか見終われない映画

2013-05-27 | 映画

土曜日の深夜、仕事帰りにDVDを借りに近所の某レンタルショップへ。

以前に観たくとも、途中で止まってしまい最後まで観れなかった映画

「おくりびと」があったので、これも借りました。

全部で邦画、洋画いろいろ合わせて5本。

まずはモヤモヤが残ったままの「おくりびと」から。

久し振りだし、途中からじゃなくて初めから見ようと観始めました。

しかし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

信じられないけど・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

またも、同じとこで観れなくなった

あの時と同じように、いろいろ試すも同じ、

静止したままの画面を眺めながら、どうしたものかと。

もう深夜どころか、空は白み出していて、

替えに行く気にはならず。

翌日、フェイスブックの創始者マーク ザッカーバーグの話

「ソーシャルネットワーク」と

沢尻エリカの何だっけ、「ヘルケースケルター」だったっけ?

ひっちゃかめっちゃかという意味らしい、その映画を観て、

その間ずっと気になっていたのは、「おくりびと」。

思うに、きっと一番いいシーンだろう場面、

仕事を隠していたモックンが、奥さんの広末涼子にそれがバレてしまって

あれ?っという雰囲気の中、自宅の二階へ上がっていったら、

広末涼子がすごい目でモックンを見て(睨んでというか、悲しい目でというか)

そこで止まってるんです・・・・

前にDVDを返した時に、これは途中で観られなくなってしまったと話して

返金してもらったのだけど、

確認もせずにいいのかな?と不思議だったのよね。

まさか、何の確認もせず、また普通に陳列してたってことか???

私はただ観たいだけなのよね、

あの続きをさ・・・トホホ

あり得ん

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オバマ大統領のスピーチ

2012-11-08 | 映画

歴代のアメリカの大統領のスピーチというものは

すごく明確で、常に力強い印象がありますが、

今回のオバマ大統領のスピーチも、見事でしたね。

就任した時のスピーチも長いものだなと思いましたが、

今回のスピーチも、どのように準備していたのか興味深々。

勝負によって内容も違ってくるでしょうし・・・。

将来、ずっと先のことでしょうが、

このオバマ大統領も映画化される時がくるかもわかりませんよね。

あの「英国王のスピーチ」という映画のように。

ジョージ6世、今のエリザベス女王のお父さんはとても内気で、

自らの吃音に長い間コンプレックスを感じていて、

戦争で混乱する時代に、それを克服していく中での人間模様を描いた、

そんなストーリーのような内容だったと思いますが。

とても面白く、感動した作品でした。

バッキンガム宮殿という遠い遠い世界の中、

ジョージ6世以外の登場人物も

何とも人間臭い感じがして良かったです。

もう20年ほど前でしたか「マルコムX」というのもありましたね。

これは映画館で観たのですが・・・・・長かった!

オバマ大統領、どんな映画になるでしょうか

ちょっと気が早いか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「キャタピラー」の若松監督

2012-10-19 | 映画

交通事故で亡くなられたと・・・若松孝ニ監督。

残念ですね・・・。

「キャタピラー」はDVDで観たのですが、

衝撃的な映像は勿論のこと、寺島しのぶさんの演技がとっても印象に残っています。

ベルリン映画祭で銀熊賞、最優秀女優賞を受賞されたのですよね。

映画の内容は始終重々しく、観た後気分スッキリというものではありませんでしたが

すごく考えさせられるものでした。

今でも、とても衝撃を受けた映画という印象です。

戦争という時代背景ではありましたが、

夫婦や家族や、体裁や、いろんなことに対しての人間が抱えるさまざまな感情は

今の時代でも本質は同じようにも思いました。

寺島しのぶさん演じる妻の、いい人でいられなくなった場面は、見ていて悲しくなりました。

情けない気持ちや、醜さや、やりきれなさや、生身の人間というものをとてもリアルに

表現されていたと思います。

この若松監督の次の作品は、どんな作品だろう?と楽しみにしていたので

本当に残念です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Cavatina

2012-10-13 | 映画

映画「The Deer Hunter」でお馴染みの曲ですが、

アルパ+歌に合う曲を探していて思いついたのが

Cavatinaに歌詞をつけた「He Was Beautiful」

何年か前にも歌おうと思った時期があり、

譜面も歌詞も用意しておきながら、そのままの曲でもありました。

いろんな方が歌われていますね。歌もいいでのですが、

どうもジョン・ウイリアムスのギター演奏が印象に残りすぎていて

この映画、観ることになったきっかけは、ロバート・デ・ニーロだったのですが

デ・ニーロが出ている多くの作品の中でも一際印象に残っている映画です。

本当に何度観てもいい映画ですよね。

頑張って歌を仕上げてみたいと思います

デ・ニーロといえば「タクシードライバー」も好きです。

流れるバックの音楽もいいですよね。

ハーヴェイ・カイテルの「スモーク」もいいですね。

こちらはⅠ・Ⅱあったと思いますが、何度も観たのはⅠの方だけで。

Ⅱは、最後、面白いポップな展開という感じだったような。

好きな映画は何度観ても飽きないもので不思議です

好きな曲と一緒なのでしょうね。

さぁ、そろそろ用意の時間。

今夜も弾き語り、ちょっと早いですが手袋をして行ってきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加