碧泉流

Hekisen-ryu 中国山東省青島発祥の中国茶道の流派です

中国残留孤児1世の皆さんと

2015-09-07 22:59:08 | 関西支部
碧名@神戸です。
日中友好協会のつながりで中国残留孤児1世の皆さんに中国茶を紹介しました。

激動の人生の中でお茶をゆっくりと愉しむことすらなかなかできなかった方が多く
日本で中国茶を飲む機会もあまりない ということで実現した今回のイベントです。

参加された皆さんとボランティアの方々合わせておよそ35人
こんなに多くお茶を淹れるのは初めてで4種類のお茶のうち 3種類は紙コップで提供しました。

少しでも雰囲気を味わってもらおうと1種類だけはガラスや陶器のコップでお出ししましたが
優雅に…とは行きませんでしたね。どんな状況でも美しく淹れられるようになりたいです。

まだまだ修行が必要です。


反省点はいっぱいですが もし機会があればいくつか茶席を作って
今度こそ優雅にお茶の世界を愉しんでいただきたいな…と思いました。
その時は碧泉流の茶藝師の皆様 ぜひよろしくお願いします。

今回は中国残留孤児2世の方が通訳についてくださいました。
私の日本語を奇麗に中国語に訳してくださって本当にうらやましくなりました。
2つの国の言葉を完璧に使いこなしていて素晴らしかったです。

私にとって学びの多い1日となりました。
ありがとうございました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本茶文化の旅  ~大阪編~ | トップ | 中国紅茶に思いを馳せています… »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
とても (貴泉)
2015-09-08 23:33:45
とても素晴らしいテーマのイベントですね。
また機会がありましたら、ぜひお手伝いさせてください。ご活躍いつも楽しみにブログ拝見しています(*^^*)
無限だ~!! (碧名)
2015-09-09 13:05:43
お茶会の形は無限大。それが中国茶の良い所。自由自在に何でもやっていきたい そんな所存でございます。ぜひ一緒にやりましょう!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。