碧泉流

Hekisen-ryu 中国山東省青島発祥の中国茶道の流派です

茶壷で淹れる中国緑茶

2017-05-18 14:59:52 | 青島本部
本日は、おひとりずつグラスでの緑茶のお手前を披露していただいたあと
緑茶に適した茶器や材質についてまとめを。



そのあとは、茶壺での緑茶のお手前を学びました。
茶巾の扱いにはこれで随分慣れていただけたのではないでしょうか?
何気なく使いこなせるようになるととても美しく見える所作の一つだと思います。

皆さん、指先まで気をつけて綺麗な所作を目指し、お茶を淹れてくださいました。
今日はたくさんのお茶を飲み、時間も延長となり皆さま本当にお疲れ様でした!


次回は福建省式の烏龍茶のお手前を学びます。


貴泉
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茶博のご案内

2017-05-18 14:37:25 | 青島本部
【茶博のご案内】
6/9(金)〜6/12(月)

青島国际会展中心にて、毎年春と秋に開催されるお茶の博覧会が今年も開催されます。
茶葉、茶器、小物など様々な品が出店され、見ているだけでも中国らしさが楽しめます。

過去の様子はこちら↓

2015年秋http://blog.goo.ne.jp/chachina_2011/e/77d1915bb78e36f0dc6f334e6189f04c

2016年春http://blog.goo.ne.jp/chachina_2011/e/ceb1f30cf645a7c26cce3ec867ade72e

2016年秋http://blog.goo.ne.jp/chachina_2011/e/fb4ceabf21ee533f07a57d980e37003c




今回も初日金曜日にご希望者さんとご一緒いたします。
タクシー乗り合わせなど、ご希望があれば事務局住吉もしくはchachina_2011@mail.goo.jpまでお声がけ下さいね。


貴泉
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グラスで淹れる中国緑茶

2017-05-12 08:31:54 | 青島本部
昨日は中級茶芸師講座2回目。


まずは、レッスン開始前に"利き茶"ならぬ"利き水"。
前回お伝えした矿泉水と山泉水、どちらがお茶をまろやかに美味しく入れてくれるのか。
実際に体感してもらえたでしょうか。


その後の授業では、緑茶の種類や製法を学んだ後、グラスで淹れる緑茶のお手前を練習しました。
今日のグラスで淹れるお点前は、簡単に見えますが美しい所作を目指し、指先、手の動かし方ひとつひとつを丁寧に練習します。
ベースとなる茶器の扱いに馴れてしまえば、次回からは随分楽になるはず!



こちらは今日お淹れした春の新茶3種です。
左より西湖龙井,崂山绿茶,蒙顶石花。

最古の扁形緑茶、四川省蒙山の"蒙頂石花"の名前の由来。
淹れる前の茶葉が石に生える苔のよう、そして茶湯に舞う茶葉の姿が花のよう、と形容されたことからだそうです。

全芽の茶がグラスの中で踊るように立つ姿は本当に美しい。
惚れ惚れしちゃいますね。


貴泉
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中級茶芸師講座はじまりました

2017-05-04 23:24:56 | 青島本部

本日より中級茶芸師講座を開講しました。

お茶を淹れるお点前は次回から。
まずは、中国茶の概要や茶芸の基礎となる部分をお話しします。

初回は座学が多いので、間に茶葉当てをしていただいたり、お道具の扱い方を練習したり。
茶巾やお盆の持ち運び方、茶荷、茶筒、杯子など各茶器を扱う際の所作を一つ一つクローズアップして実践していただきました。

今回の所作は、一番の基本となるもの。
動きの意味が掴めていたら、どんなお茶でも茶席でも簡易的な設えの野点でも、綺麗な所作でお茶を淹れることができると思います。



ZOU老師に教わったことを咀嚼し、日本語に置き換え、分かりやすくお伝えする。
そして何よりこの奥深い中国茶の楽しさをお届けする。
このことを一番に想い今日の初回の授業に挑みました。
大好きなお茶のお話をできる喜びをかみしめつつ、これからますます精進しなければと身が引き締まる思いでいます。




さあ、来週からいよいよお点前開始、グラスで淹れる緑茶を練習しますよ!



貴泉
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「湖畔居 花港店」茶館

2017-04-30 22:25:13 | 杭州
土曜日に主人の仕事が急にキャンセルになり、
天気も良かったので急に思い立って西湖にある「花港观鱼」へ向かうことにしました。

花港观鱼は21haに及ぶ広大な庭園で、
池に放流されている色とりどりの鯉が泳ぐ姿を鑑賞でき、
牡丹の花の名所ともなっています。

週末のため観光客で溢れていましたが、
時より吹く風が心地よく、
また木陰を歩くので涼しくも感じられてしばらくの間、
木々の中を家族で散歩していました。
そんな中に突然現れた茶館。立ち寄らない手はありません。



ここは「湖畔居」という茶館で、西湖の市街地に一番近いエリアに支店があり、
そちらはどのガイドブックにも必ずと言っていいほど掲載されている有名な茶館です。





船に乗りたいから茶館に寄るのは嫌だという娘をいなしながら中に入り、
西湖のすぐそばのテラス席にすわりました。
杭州らしいお茶をと、龍井茶と九曲紅梅、茶菓子を頼み、(主人はビールを頼み...)
3〜40分西湖を眺めながらゆっくりとした時間を過ごしてきました。


碧树
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加