茶々のバセドウ日記+......................Chacha's Graves's disease+

2014年11月にバセドウと診断され、
アイソトープ治療した経過プラス
日々の生活についてMy life diary

アイソトープから2年目のオリンピア眼科検診

2017-01-16 18:36:20 | バセドウ病の動向
午後の予約にしておいて良かった!
というのは、午前中まですっかり忘れていて
慌てて支度して、原宿の竹下通りの邪魔な外国人観光客の合間を縫っていそいそと歩いていきました。

視力もかなり落ちてきてるのもあるけど
目が出てるか写真も毎回撮影
MRIはない。

なんだかとっても悲しい気持ちになってくる。

寒いのに、何度も何度も病院通い。
でも、去年の今頃の日記を読んだりすると、今よりも辛かったようだから
文句は言えない。

目 は たまに眼球の奥が痛くなる。
でも1日で収まる

あと、たまにテレビとかがぼやける
でも、すぐもとに戻る

文字はだいぶ読めない
漫画、スマホ、書類 には老眼鏡が必要だ

もともと目が良かったので、このギャップが気分が悪い

診察では、バセドウで というわけではなく
緑内障になりやす眼 という説明を受けた。
ショックで1日ふさいだ。

でも、まだなったわけではない。
白内障の手術を早めにすることで、緑内障になるリスクを回避できるという案内があったが
まだ白内障ではない。

あと、点眼で進行を遅らせることもできるということだった。
遅らせるというだけで、これは解決策にはならないということだった。

最終的には目が見えなくなるという恐怖におびえながら
ならないように気を付けようと、他の対策は
暗いところで本やテレビを見ないこと

スタンドみたいなものでの本は、読んだあと、鏡を見て 黒い眼の玉が開いてるかどうかで決めろと言われた。
忘れてしまったが、たぶん大きければいいけど、細かったらそれもやめた方がいい と言ってた気がする。
眼が良かったから、本当にショックで立ち直れない。

2.0の老眼鏡を買った。
そういえば、眼科で1.5と2.0をかけて、2.0の方をかけるように言われてたんだ。
だから、何も考えずに2.0を購入。
すっかり忘れてた。

忘れることが多い。
子供の引き出しに自分の服が入ってたり、
キッチンのS字フックにオタマがかかってたり(いつもはオタマ置きがあって、そこに置いてるのに)
自分でも驚く行動ばっかりだ。

こんなにもトンチンカンなのは、バセドウからアイソトープを受けて低下ぎみになったせいなのか
ただ単に痴呆症ぎみなのかわからない。

あと、脈飛びは相変わらずで、
なったり治ったりしている。
特に生理の前から生理にかけては、そうなる模様。

今回は腰がかなり痛かった。
毎回、症状が違う。
更年期障害もあるので、仕方ないと思いながら
病院へいそいそと通っている。

---最近飲んでいるサプリ---

去年ローヤルゼリー(山田養蜂場)だったけど
冬なのでプロポリス(山田養蜂場)にかえる

えんきん(ファンケル)
よくわからないけど、肩こりが良くなってきた

しじみ習慣(自然食研)

すっぽん小町(ていねい通販)

今月より
からだ想い ピースナイト(キッコーマン) 眠りが浅いので

気休めでも、自分にあってればいいと思って使ってみる。
病は気からじゃないけど、飲んだら一瞬でも良くなってると思えればいい

サプリは一応先生に相談してから飲んでいる。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1月15日(日)のつぶやき | トップ | 1月16日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

バセドウ病の動向」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL