お気楽風見どり

定年後の第2のライフスタイル。大病以来、一念発起 一眼レフの世界へ

初秋の花、三種盛り

2016-09-18 10:03:49 | Weblog
 今回は近所で見つけた初秋の花をアップします。当方の家から数分歩くと川があります。その川は普通イメージするような川ではありません。昔(当方の子どものころ)は二箇所からの流れがこの川で合流していました。現在はその流れ(支流)の1本は埋め立てられ、その上には高速道路が走っています。川は護岸され川の下の方に少し水量があるだけです。この水も自然の流れではなく調整された水が流れているだけのようです。それでも川幅は以前と変わらず土手には桜並木があります。その土手で見つけた花が今回の初秋の花、三種盛りです。

        まず初めはノボタンです。
        

 当方はこのノボタンの紫色が好きです。でも、今回写真に写してみるとその濃い紫色があまり出ませんでした。色調整を施せばそれなりに近づきますが、撮ったまま載せています。



 二つ目は朱色のモミジアオイです。当方の山のモミジアオイは白色ですが、土手で咲いていたのは朱色でした。最初はノボタンを背景にこの花を撮りました。
 
         

 しばらく写真を撮っていますと、アゲハが飛んできました。二種目のモミジアオイのアゲハ添えです。



 光の当たり方で色の濃淡が違います(いずれも撮ったままです)。



  モミジアオイのしべにクローズアップです。シベの背景の紫色はノボタンです。



 その横にデュランタ タカラヅカが咲いていました。中ほどの咲き終わった花が玉にキズです。下の方の花だけで良かったです。これも撮ってみて分かります。撮る前に分かるようになれば少しはマシになるのですが。そうです。まだまだ修行が足りません。

        
    
        

 黄色い花をバックにクローズアップです。



 最後は三種盛りから外れますが、バンパスグラスです。バックにある木陰の間から見えるのは高灯籠です。この場所も先ほどの川から歩いて数分の所にあります。

              
        
        

        

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 先週末の山の花鳥から | トップ | 山里のヒガンバナin朝来 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
グローバル化 (岡山山岡)
2016-09-19 15:46:18
 今回の4種の植物,ご近所にあったということですが,モミジアオイは北米産,他の3つは南米産です。
 まず,ノボタンですが,この花はちょいややこしい構造をしていますね。雄しべが10あって,そのうちの5−7本ぐらいに,途中で節ができ,そこから先が鎌のように曲がって葯(花粉を付けるところ)となっています。雄しべ以外に,太く湾曲している1本がめしべです。
 次にモミジアオイ。この雄しべは束になって細長い筒状に突き出しています。その最先端部が5つに別れ雌しべ(花弁の数と同じ)となっています。アオイ科にはきれいな花が多いですね。タチアオイ,フヨウ,ハイビスカス,ムクゲ,オクラなど。ちなみに,モミジアオイの名前は,葉が5裂し,イロハモミジのそれに似ていることに由来するそうです。
 デュランタにはいろんな色があるようですが,紫が好まれ,どこかの花屋が「スミレの花咲く頃・・・」のスミレ色からタカラヅカとつけたとか。
 フランスの作家ルナールは博物誌のなかで,ヘビのことをたった一言で「ながすぎる。」と表現しました。私がパンパスグラスのことをいうなら「でかすぎる。」です。
岡山山岡さんへ (風見鶏)
2016-09-20 08:44:31
 マクロで撮影すると岡山山岡さんの解説がよく分かります。ノボタンのめしべも確認することができました。
 モミジアオイのほかのアオイ科はどれもよく似ていますね。同じ科でも花やガクを見ていると「同じ科かな?」と思う仲間もありますが、ここに書かれたアオイ科は花の形が似ているので「なるほど」と納得します。
 デュランタは岡山山丘さんの句
 「デュランタは 宝の塚の 首飾り」と写真を思い出します。
 バンパスグラスはいかにも「洋モノ」ですね。
Unknown (きまり社会人落語家)
2016-09-23 09:30:29
今年の台風も各地に大きな被害をもたらし、辛いニュースがいっぱいありました。でも、風見鶏さんの写真、心が和みます。ノボタンのおしべとめしべが楽しくお喋りしているようです。花びらの紫のグラデーションが初秋の訪れを感じさせてくれます。一瞬一瞬の輝きを逃さずいちばん美しい瞬間をありがとう。お花も私たちまで幸せです😆🍀

 
写真展 (紺碧の空)
2016-09-24 12:29:42
アゲハってこの季節もいるんですね。
驚きました。
花と蝶、すてきな写真で楽しめます。
写真展の案内いただきました。
風見鶏さんはどの日にアトリエにいてますか。
今年もたずねてみようと思っています。
三種盛り (WWBB)
2016-09-24 22:45:09
三種の花ともとても、きれいな色がでていますね。ノボタンやモミジアオイの名前はしりませんでしたが、デュランタタカラヅカは、昔実家の庭にけっこう大きなたけになって咲いていたので、よく覚えています。
岡山山岡さんのコメントで、その名前の由来を知って一つ賢くなりました。
最近は車ででかけることが多いので、信号待ちなどで、道端にさいている花に注目して見ているのですが、いつも名前がわからず、そのままになってしまいます。

ブログは見させてもらっていますが、なかなかコメントが書けません。
ニュージーランドにいる娘が、一時帰国して、落ち着かなかったのですが、また戻ったので、ほっとしています。
写真展行ければと思っています。
きまりさんへ (風見鶏)
2016-09-25 14:01:29
 「ノボタンのめしべとおしべが楽しくおしゃべり」という見立てをして頂き有難うございます。写真はいろいろな見方ができます。見た方からの感想で気づかされることも多いです。
 写真を撮るようになって今まで見過ごしてきた物や風景を立ち止まって見るようになりました。まだまだじっくりとまではいきません。これからです。
紺碧の空さんへ (風見鶏)
2016-09-25 14:13:35
 毎度、写真展に足を運んでいただいて恐縮です。ただ、アトリエは誤解を招きます。あくまで喫茶店での展示です。確かに喫茶店も一応、カフェギャラリーと銘をうっていますのでギャラリーですがアトリエではありません。
 期間中に問うお法が確実にいけない日は11日~13日、16日の午前中、18日の午後です。それ以外の日なら連絡を頂ければご一緒できるかと思います。お忙しいようなのでくれぐれもご無理のないように。
WWBBさんへ (風見鶏)
2016-09-25 14:26:13
 本文にも書いたように当方はノボタンの濃い紫色が好きです。当方の写真はややその紫が薄いように思います。岡山山岡さんのコメントから植物の詳しいことがわかるので当方も参考になります。花を大きくアップで撮り甲斐もあります。
 写真展に来られる前は連絡ください。紺碧の空さんのコメントに書かせていただいた日はその場所には行けません。その日以外はご一緒できるかと思います。
 それから一つお知らせです。27日(火)の毎日新聞 夕刊(大阪版?)のおもしろ写真などのコーナー「クスリ」で当方の投稿した写真が掲載される予定です。このブログでも見られた写真の一枚です。参考までに。
 

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。