お気楽風見どり

定年後の第2のライフスタイル。大病以来、一念発起 一眼レフの世界へ

赤ちゃん 鹿大集合

2017-06-20 08:27:20 | Weblog
 先週の火曜日に撮影仲間と奈良公園に行きました。天気は良く暑いぐらいでした。この日は鹿苑(ろくえん)で小鹿の公開をしていました。鹿苑で小鹿を公開しているのは6月1日から6月30日です。4月から妊娠している雌鹿を保護して雌鹿と赤ちゃんがともに行動できるまで公開されています。
 
 鹿苑は春日大社の参道の傍にあります。近鉄奈良駅から歩いて30分ほどかかります。鹿苑に到着するまででも親子連れの鹿をよく見かけました。かくれんぼをしているように見えます。



 のんびりと休んでいる鹿もいました。



 鹿苑は初めてでした。秋に雄鹿のつのきりの行事でよくT.Vで放映されている場所です。
 たくさんの小鹿が生まれていました。妊娠している雌鹿もいました。



 赤ちゃんは雌鹿のお乳のある所をしきりにつつくようにする素振りを見せます。中には別の子どももやってきます。お母さん鹿は、「あんた誰?」といっているかのようです。

       



 当方たちが行った時までに、公開中の鹿苑で二頭の出産シーンを見ることができたようです。当方たちの写真仲間は1週間前にこちらに見学に来て、そのシーンをカメラに収めたようです。ちなみにその方は住吉の知人の同級生の方です。

 鹿苑を出てから若草山の方へ移動します。その途中の茶店です。





 気温も上昇して暑いほどの天気です。空は青くぽっかり雲が浮かんでいました。
 若草山の空に浮かぶ雲です。



 どかこかしらイングランドの国のような形をしています。

       

 山では食害で困る鹿もここ奈良では大切な観光資源のようです。この日も外国からの観光客がたくさん来ていました。東大寺では、東南アジアからの修学旅行生の団体がいくつかあり、心斎橋のように混んでいました。当方たちは横道に入って帰路に向かいました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アジサイinかざはやの里 | トップ | 三重産の鹿たちと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。