お気楽風見どり

定年後の第2のライフスタイル。大病以来、一念発起 一眼レフの世界へ

キキョウin元興寺

2017-07-12 16:57:35 | Weblog


 昨日は写真仲間と奈良市の元興寺(がんごうじ)に出かけました。最近は毎年7月の二週目頃にこのお寺を訪れています。
 元興寺のしおりには、「日本最初の本格的伽藍である法興寺(飛鳥寺)が平城遷都にともなって718年に新築移転されたのが元興寺です。現在では伽藍の大半は「ならまち」の下に埋もれましたが、・・・1998年にユネスコの世界文化遺産「古都奈良の文化財」のひとつに登録されています」と紹介されています。

 一枚目の写真の右の建物(極楽堂)、左の建物(禅室)はともに国宝になっています。この日は曇りの予報でしたが、晴れ間が多く暑い一日になりました。でも、空の雲がきれいなのでもう一枚載せます。一枚目より少し時間がたったのが次の写真です。



 極楽堂、禅室ともに屋根瓦に特徴があります。色の違う瓦がモザイクのように見えます。

 極楽堂と禅室との間から向こうを望みます。

     
 


       

 向こう側から灯ろうの間のキキョウの花を写しました。

       

 キキョウの向こう咲いているのはハルシャギクです。

      


 アップで撮ると、後ろのハルシャギクは黄色い丸ボケになります。

      

 白いキキョウも咲いていました。

       

 今回のキキョウの数はいつもより少ない気がしました。昨年は小雨が降り石仏が塗れてしっとりと見えましたが、今回は日差しの中での撮影となりました。
 下の写真は昨年の雨があがったときのものです。今年との比較のためにアップしておきます。



 昼頃には気温も上がり、撮影終了となりました。
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大賀ハスin田丸城址 | トップ | 盛夏の北海道(1) »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
梅雨明け (岡山山岡)
2017-07-20 20:26:47
 当地岡山は,昨日7月19日,梅雨明け宣言が出されました。今日も蒸し暑いですが,それでもまだ35Cには達していません。
 元興寺の写真は,これまでにも何度か見せていただきました。今回のものでは灯籠から覗いたものがよかったです。
 今年は7月に入って雨が降ったせいで,セミが出遅れていましたが,今週あたりから猛烈な勢いで,出始めました。毎朝6時頃,キャンパスを見回っていますが,連日1本のケヤキに20−30個ほどのクマゼミの抜け殻がついています。羽化は夜おこなわれるはずですが,朝方までも続いているようで,殻から出たばかりの真っ白いセミが朝日を受けています。
 小学校への出前授業も忙しく,一日が終わるとぐったりしています。北海道はいかがでしたか。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。