お気楽風見どり

定年後の第2のライフスタイル。大病以来、一念発起 一眼レフの世界へ

アジサイinかざはやの里

2017-06-14 14:05:00 | Weblog


 前回のブログの続きです。先週末(土曜日)は天気が良く快晴でした。津市の最高気温は32度ほど上がりました。当方はかざはやの里でアジサイが咲きだしたという知らせを聞いて出かけました。山の家からは30分もかかりません。とても良い天気で暑いぐらいでした。アジサイの咲き具合は5分咲きぐらいだったでようか。早咲きのアジサイは満開近くになっていましたが、まだこれからの方が多いぐらいです。



 橋の向こう側のアジサイはまだこれから咲きだしそうです。

          

          

 マクロレンズで撮った写真です。



        

 このアジサイ園はアナベルもたくさん植えてあります。この時期のアナベルの花はまだ青みがかっています。
満開になりと真っ白なアナベルで覆われます。

 さて、当方が写真を撮っていると犬2匹を連れた人が近づいてきました。どうやらアザサイの前で犬の撮影に来られた方です。「かわいい犬ですね。写真を撮られるのですか?」と声をかけると、「どの辺りで撮ればいいのでしょう?」と尋ねられました。その後、写真の話になって当方も一緒に撮らせてもらうことになりました。



 当方は思うように写真が撮れましたが、その方は思うように写真が撮れなくて残念そうにされていました。カメラを見せて頂くと、明らかに当方より優れたカメラとレンズを使用されています。話を聞いていると主に室内で犬などの写真を撮るのが趣味のようで屋外では慣れていないとのことでした。レンズは明るいレンズ(解放F値が1.8の単焦点)、ホワイトバランスやISOはオートでしかもマニュアルで撮られていました。室内ではOKですが、屋外で同じ設定で撮るとうまくいきません。
 「今日のような天気では絞り優先(Aモード)で絞りは(5前後から9)、ホワイトバランスは太陽光、ISOは100か200で撮るといいですよ」と伝えると、その設定で撮られました。その後は満足のいく写真が撮れたようです。感謝されましたが、当方もかわいい犬たちとアジサイの写真がを撮ることができてWinWinでした。





 ちなみに35mmの単焦点、開放F値1.8はとても明るいレンズです。室内ややや暗い所でも明るく撮ることができます。でも、値段がねぇー。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨前の山庭から | トップ | 赤ちゃん 鹿大集合 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです❗️ (ペペママ)
2017-06-15 10:04:02
3月頃から、大学の(なんと❗️)50年ぶりの回生展や他の展覧会の準備で忙しく、やっと全て終わってホッとしたら風邪を引いてしまいました。最近気温の変化が激しかったことに体力が追いつかなかったようです。
風見鶏さんの写真を久しぶりに拝見して、月下美人が昼間に見られること、ケシの花が咲いた後のおもしろさ等に惹かれました。
月下美人は私もいつか描きたいと願っていますが、夜にしか咲かないので観るだけにしています。
花を見つけに行く場所もブログからヒントを得ました。なかなか出かけられませんが頑張ってみようと思います。ありがとうございました。
カメラのことは難しくて全くわかりませんが、最近自分の普通のカメラで撮った写真が、なんだかボヤけているように思い、もっとはっきりしたものを撮りたいとなんとなく思っています。はっきりした写真を撮るにはやはり一眼レフがいいのですかねー。
ペペママさんへ (風見鶏)
2017-06-15 13:29:39
 50年ぶりとは驚きです。50年と言えば半世紀ですからね。忙しい時は気が張っていて大丈夫でも、それらが終わるとホッとして風邪をひくのはよく分かります。
 今の旬の花はアジサイですが、7月に入るとキキョウが咲きだします。元興寺(近鉄奈良駅から徒歩で15分から20分)のキキョウは見ごたえがあります。
 新しいカメラに替えるとすれば、①ミラーレス、②コンパクトデジカメ、③一眼レフカメラです。何を撮るかによって変わりますが、少しこだわるのであれば①か③です。①は③に比べて手軽です。ただし、①でも値段は③に近いものもあります。共通するのはともにレンズを交換できるということです。それだけ欲しいレンズが増えていくのであまり経済的ではありません。最近のコンパクトカメラ②は2極化の傾向が強く、1万円程度から数万円もするのが出ています。数万円のものはレンズこそ交換できませんが、①や③と機能はそれほど変わらないのがあります。
 「何を撮りたいか」、「予算はどの程度か」で決まってきます。それが決まれば相談に乗りますよ。ただし、個人的な話になるのでフクロウさんへのメールを利用して下さい。
空梅雨では (岡山山岡)
2017-06-19 21:54:58
 このところ,当地岡山市はずっと晴れ続きです。そうこうするうちに,雨なしで6月が終わってしまうのではと心配になります。アジサイは晴天下でもさわやかですが,やはり雨がほしいですね。雨を待ち望むからなのか,往年の歌謡曲「小雨降る径」とか「雨に咲く花」などを懐かしんでいます。
 2匹のわんちゃんの写真,兄弟でしょうか。片方が「きりっ」としているのに,もう片方が「とろん」としているところが,なんとも面白い。
 こちらは,7月から始まる7つの小学校での出前授業に備え,あれこれ準備中です(今年で6年目)。テーマは「セミの歌とくらし」です。セミについて話していて思うのは,セミの知識は,大人と子供であまり差ないということです。大人でも,セミがどうやって鳴くか,どれくらい生きるか,どこに卵を産み,孵化した幼虫がどうやって地中にもぐるかなど,知っている人はあまりいません。私自身は,今年セミの「抜け穴」を調査することにしています。ますます,セミにのめり込みつつあります。

 
岡山山岡さんへ (風見鶏)
2017-06-20 08:21:28
 こちらも雨はほとんど降っていません。それでも明日からは雨の予報で、その後は梅雨らしい天気になりそうです。
 カザハヤの里で会った二匹のワンちゃんは組み合わせ(色やしぐさ)が良かったです。
 セミの知識が大人も子供もあまり差がないというのは実感します。今や長女の子の方が当方やフクロウさんよりセミのことをよく知っています。岡山山岡さんや原始人さんの影響が大です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。