お気楽風見どり

定年後の第2のライフスタイル。大病以来、一念発起 一眼レフの世界へ

恒例の年明けカニ旅行

2018-01-17 15:46:23 | Weblog
 今年の年明けカニ旅行はいつものルートを通りませんでした。理由は昨年の旅行の時に民宿の方から「平日の方が良いカニが手に入る」と聞き、はじめて平日(連休明け)に行くことになりました。全員が仕事を辞めたということもありました。

 いつもは湯村温泉経由で行きます。そこでは但馬牛の店で昼食をとり温泉施設(リフレッシュパーク)でゆっくりして、余部橋梁を通って佐津海岸に行くコースでした。ところが連休明けの日はレストランも温泉施設も休み、付近の旅館も休みでした。事前に分かっていたので出石で昼食をとり、城崎温泉のロープウェイに乗り、外湯で温泉に入って、民宿に向かいました。

 城崎温泉では今にも雨が降り出しそうな天気です。ロープウエィに乗ると上は雪がたくさん降ってきました。雪は上だけで下では雨も雪も降っていませんでした。



 民宿ではカニ刺しが出ます。シャブシャブにして頂きました。



 今年はセコガニの漁が早く終わり、食卓には並びませんでした。民宿では焼き魚(のどぐろ)を出してくれました。初めてたべました、とても美味しかったです。写真はありません。去年のセコガニの写真を載せました。



 後はいつものように食べるのが忙しく写真を撮る間もありません。

 民宿の近くにある川に架かっている橋です。橋の右側はすぐ日本海です。

       

 民宿の外塀です。昔ながらの風情のある民宿です。 



 翌日は同じルートで帰りました。この日は雪は降っていませんが、日本海は荒れ模様でした。







 帰りは地元の食材を扱っている店{たじまんま}により一路帰阪しました。自動車専用道路が豊岡近くまで伸びたのでより早く行き帰りができるようになりました。      

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年初めのすみよしさん

2018-01-12 19:11:58 | Weblog


 今年に入って2度、住吉大社に行きました。1度目は二日で初詣です。たくさんの人で当方は太鼓橋を渡りませんでした。太鼓橋を見渡せる場所から写真を撮りました。身動きができないほどの人でいっぱい。早々に引き上げました。

 最初の写真は北側から太鼓橋を写しています。
 南側から写した写真が次の写真です。



       

 2度目は8日の成人の日です。この時は写真仲間と待ち合わせをしていました。一日中雨の予報が出ていました。自由参加でしたので、ほとんど来られないと思っていましたが当方含めて7人の参加がありました。

       



 最初の1時間ほどは雨が降りませんでした。和服姿の女性に当方の仲間が撮影を依頼しました。快諾を得て撮影です。写した写真は本人にみてもらいます。

     

 初辰さんの方まで行きました。



 初辰さんの方から熊野街道へ出ました。老舗の味噌や「池田屋」です。



 その後、阪堺電車が何本も走っていましたのでポイントごとでの撮影です。

      

 雨が降り出したので早々と終了です。ドラ焼きで有名な喜久寿へ案内した後、クリームコロッケで有名な「やろく」で食事をして解散です。
 今回は撮影と言うよりは住吉界隈を見る「街歩き」となりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年明けはスーパームーン

2018-01-05 08:45:55 | Weblog


 新年あけましておめでとうございます。2018年ブログ初めです。

 2018年はスーパームーンからの年明けです。年に1度のスーパームーンは一番小さく見える月と比べると、大きさも明るさも3割ほどアップしているそうです。

 二日の午後7時頃に岡山山岡さんから電話が入りました。この日がスーパームーンのとのこと。早速ベランダに三脚を据え月の撮影です。月の撮影は露出補正(-3~ー5)にする必要があります。そうすればきれい月を撮ることができます。

        

 月だけでは面白みがないのでハルカスとのツーショットにしました。

 岡山山岡さんからスーパームーンをうさぎさんが見えるように撮ってほしい、との要望がありました。



 うさぎさんの見える月です。三脚をセットして撮ると白いきれいな月になります。この状態の月はなかなか撮れませんでした。

 これには苦戦しました。今度はウサギのいる月とハルカスとのツーショットの要望。ベランダとは言え、当方の東側のベランダは北風が吹き抜けます。この日はあきらめました。

 翌日は家族で恒例のお墓参りに行きました。風がきつくお参りをした後、早々に引き上げました。



 その後、熊取町にある奥山雨山自然公園に行きました。今日はここでハイキングです。



 いくつかのコースがある中で展望台を目指して歩きます。

       

 かなりきつい所もあります。

       

 約1時間ほどかけて展望台に着きました。子どもたちは45分ほどで着いたと思われます。



 展望台からは関空をはじめ大阪港を見渡すことができます。前に写っているのは永楽ダムです。



 帰り道に人形の落とし物がありました。おそらくすれ違った若者3人組が落としたのでしょう。当方たちの前の者が後ろに石を置いて座らせたようです。その後に歩いてフクロウさんは飴に二個を備えていました。帰り道では若者たちはどんな顔をするのでしょうか?

      

 全員(急にお通夜が入った長男をの除く)で食事をとった後、帰路に着きました。帰りの高速道路の湾岸線ではちょうど月が昇てきていました。黄色いとても大きな月でした。建物の間から昇る月は太陽と間違えるほどの大きさでした。

 家に帰って昨日の続きに挑戦です。うさぎとハルカスです。昨日のスーパームーンではありませんが、何とかうさぎとハルカスのツーショットを撮ることができました。



      

 一枚目、二枚目とほぼ同じ構図ですが、月が肉眼で見た感じになっています。

 さて、お正月と言えば近くにある住吉大社です。太鼓橋で今回の最後です。

 北側から


 南側から

 最後まで御覧いただきありがとうございました。
 今年もよい年で過ごせることができますように。



 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年総集編(2)

2017-12-30 09:26:47 | Weblog
今年も残り今日を含めて後二日になりました。前回に引き続き、2017年の総集編(2)です。ここでは7月から12月まで2枚ずつ(10月のみ3枚)を掲載していきます。

 まずは7月です。7月の一枚目は北海道美瑛の青い池です。神秘的な青い水と立ち枯れをした木が印象的です。この景色も台風や大雨よって年々変わっていくようです。

       7月ー1



 7月の二枚目は同じく美瑛の「色彩の丘」からです。宿舎がこの丘のすぐそばでしたのであまり人がいないタイミングをねらって撮りました。そのため夕方に近くやや赤い目に写っています。この時期の北海道は例年になく気温が高かったようです。ペンションにはクーラーがなく扇風機を使いました。

       7月ー2



 8月の一枚目は本薬師寺にあるホテイアオイの群生地です。このホテイアオイは近隣の方々や近辺の小学生が毎年世話を続けているそうです。写真に写っているのは一部で奥の方までホテイアオイの花が広がっています。

       8月ー1



 8月の二枚目は夏休みに孫たちと海遊館に行った時に写した写真です。夏休みと言うこともありこの日は見物客がたくさんみえていました。海遊館ではジンベイザメがシンボルです。当方は不思議なクラゲに魅了されました。

       8月ー2

       

 9月は二枚とも夕景の写真です。1枚目は旧堺港から撮った写真です。左にあるのが旧堺灯台です。昔の灯台をこの位置に移して残されています。ここは数回行きました。この日も太陽が雲に隠れて引き上げる準備をしていました。夕日の写真を撮りに行って太陽が雲に隠れるということはよくあります。この日も諦めていましたが、日が沈んだ後に空が焼けて来ました。いわゆる「後焼け」です。「二度焼け」とも言います。今までで一番美しい夕焼けになりました。海面まで赤く染まっていました。

       9月ー1



 二枚目は南港にある咲州庁舎(旧WTC)の展望台から撮った写真です。3月の10日前後と9月の末の2度、この庁舎から明石海峡大橋に沈む夕日を見ることができます。この日は雲がなく明石海峡に沈む夕日を撮ることができました。その写真を撮る前からスタンバイをしています。その時に空や海面が黄金色に輝く瞬間がありました。

      9月ー2

      

 10月は3枚になりました。一枚目は伊丹空港で夕方の飛行機の撮影会に参加した時の写真です。場所は千里川からです。写真の撮る場所はジェット機が真上を通ります。すごい迫力があります。プロペラ機は二本ある滑走路のうち主に右を通りますが、このプロペラ機は左側を通ってきました。薄暮なので三脚を使っていてもブレる可能性があります。なおかつ、プロペラを止めないようにするのがとても大変でした。

      10月ー1



 10月の二枚目は台風が迫る中で、上高地に行った時に出会った猿の写真です。仲睦まじく毛づくろいをしています。当方がカメラを向けても警戒はしません。ここの猿は野生ですが観光客には慣れているのでしょう。この日は小雨が降っていました。

      10月-2



 三枚目は妙高高原のいもり池です。池のまわりは木道の遊歩道になっています。手前側から向こうに歩いている人の姿が見えます。西日本より紅葉は1か月ほど早いようです。このいもり池は四季折々景色を楽しむことができるようです。苗名滝かいもり池か悩んだ末にいもり池にしました。

      10月ー3



 11月は例年にも増して紅葉狩りに出かけました。その中で一枚目は滋賀県の永源寺の紅葉です。大勢の見物客がいました。ここで人をよけて写すのは難しいです。よほど早くからくるほかはありません。

      11月ー1

      

 11月の二枚目は静岡県の寸又峡からです。前日に行った愛知県の香嵐渓の紅葉も素晴らしかったですが、寸又峡に架かる「夢の吊り端」(当方は「夢の架け橋」と名付ける)が最も印象的でした。水面の色、紅葉した木々、雨に濡れた吊り橋など条件がそろいました。横から撮った写真もありますが、こちらを選びました。

      11月ー2

      

 12月は最近にもブログで投稿していますので、代わり映えがしません。一枚目は散歩がてらに行った長居植物園の池を撮った写真です。12月に入っていましたので晩秋と言えます。水面に木立が映り込んでいました。あまり強くない光が晩秋の雰囲気を醸し出しているかに見えました。

      12月ー1

      

 12月の二枚目が最後です。天保山からの夕景です。日の入り後の10分から15分の間に後焼けに恵まれました。この時は初めて多重撮影を試みました。天保山から南港を望む景色ですが、大阪とは思えないかもしれません。



 最後までブログを見て頂いて有難うございました。
 2017年のブログのアップ(更新)数は69回になりました。週に1回のペースをモットーにしてきました。週1回ですと52回ですが、それを17回も上回ったことになります。4月の桜の時期、10月11月の紅葉の時期に更新数が増えました。体調の悪い時が少なかったことも幸いしました。

 さて、当方が所属しているグループの写真展の案内です。

 時期  来年2月2日(金)~8日(木)
 会場  富士フィルム大阪 サービスステーション コミュニティギャラリイー。
 場所  心斎橋駅1番出口に直結している心斎橋プラザビル本館9階
 行き方 御堂筋線の1番出口を地上に上がらずに進むとそこがプラザビルです。右に回り     込むとエレベーターがあります。
 当番  当方の当番は3日(土)午前10時~午後2時、8日(木)午前10時~午後2時

     時間の許す方は御覧下されればありがたいです。

 PS 当方の個人展は3月9日~13日 いつものカフェギャリーで開催予定です。

 

 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年総集編(1)

2017-12-28 09:55:57 | Weblog
 2017年も残す所4日です。今年も例年のように1年の撮影を振り返って総集編を掲載します。
今回はその(1)で1月から6月までです。

 1月の最初の撮影は神社が多く、今年は成人式の日に神戸三宮の生田神社に行きました。おみくじが目に入ったのでそのおみくじの写真です。



 1月のもう一枚は京都府の美山の里です。雪の時に一度行ってみようと思っていた所です。2,3日前に大阪でも雪がちらつき、京都はたくさん雪が降った時でした。晴れた日をねらい電車で向かいました。雪はたくさん積もっていましたが、気温が上がり雪がどんどん解けていました。



 2月は梅の季節です。下の写真は大阪城の梅です。ピンク色の梅をバックにすることができましたが、白梅がこちらを向いていなかったのが残念でした。梅の花を作品にするのは難しいと感じました。



 2月のもう一枚は天保山からの夕景です。冬は空気が澄んでいるので夕景や夜景は適しています。天保山から此花区の倉庫群を写した写真です。クレーンがキリンのように見えます。



 3月の一枚目も梅のある景色です。安産祈願で有名な中山寺からです。この日は雲が多く雲が離れるのを待ちました。三脚を構え15分ほど待った時に雲と雲の間に晴れ間が覗きました。その間二、三分です。



 3月のもう一枚は鶴見緑地公園内にある「咲くやこの花館」からです。春と秋にラン展があります。ラン展ではいつもユニークな花を見ることができます。今回見つけたのがアニメに出てくる「ニャロメ」に似ているランです。

       

 4月の一枚目は郡山城址のしだれ桜です。とても良い条件で写真を撮ることができました。ちなみにこの写真は現職教職員向け季刊誌「希燦時」のグラビアに掲載されました。

       

 4月の二枚目は上野城の桜です。絶好の天気の下で遠足に来ている子どもたちの一行を撮影しました。今年は今までで一番たくさん写真を撮ることができました。



 5月の一枚目は万博記念公園の花の丘のポピーです。前の白や黄色や後ろの黄色の花をぼかして中央の赤い花だけにピントを合わせて撮りました。

       

 5月のもう一枚は奈良県にある「山の辺の道「」付近にある長岳寺からです。テマリ系の花やショウブの花が咲いていました。



 6月の一枚目は鶴見緑地公園の風車のある風景です。この景色は年に一度は撮りますが、風車の全面にある花は同じではありません。季節によって花は変わります。今回は階段を右下に入れたのがポイントです。

      

 6月の二枚目は天王寺動物園からです。この日は孫たちと一緒に行きました。孫たちはフクロウさんと爬虫類館のあるへ、当方はコサギが卵からかえったばかりの情報を得て鳥類館へ行き、象のいる所で合流しました。象が気持ちよく水浴びをしていました。



 総集編(1)はこれで終了です。次回(2)は7月から12月までです。


     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天保山の夕景&夜景

2017-12-22 16:35:20 | Weblog


 今週の火曜日は今年最後の撮影会でした。この日は晴れてはいるものの雲が多く日の入りの撮影にはあまり適していませんでした。
 案の定、太陽は雲に隠れたり出たりしていました。釣り人を入れて写しました。

     

 サンタマリア号が入港してきましたので、残照の残る空をバックにサンタマリアのマストを写しかけた時に鳥が見えました。⇒の先にいるのが鳥です(カラスか?)。



 マストの左側に止まりました。たなびく旗に同化しています。いっぱい望遠で撮りましたがこの大きさが限界でした。もう少し望遠で伸びるレンズが欲しいところです。



 この日は海遊館前のイルミネーションを撮って引き上げましたが、木曜日に再度出かけました。当方の家からだと午後3時過ぎに出ても大阪港に沈む日の入りに間に合います。

 木曜日は海面に近い所は雲がありませんでした。雲がなくても日没時に雲が出ることはよくありますがこの日は最後まで雲が出ませんでした。とても幸運でした。

      

 被写体の船はもう一つですが、サンタマリア号が前を横切ってくれました。そのおかげで航跡の所に別の光の帯が写りました。

      

 今時のサンタマリア号にはびっくりします。数年前ではあまり見ることができない光景が目に入ります。サンタマリア号には超満員の人が乗っています。ほとんどが訪日外国人のようでした。

 船の柱の先端が太陽の端にひっついた瞬間です。

      

 この後は雲は出ませんでしたが、たくさんの船が太陽の沈む海面に現れ日没の瞬間は絵になりませんでした。でも、これだけ太陽の沈む所を撮ることができたので御の字です。

 この後、イルミネーションのある所に移動した時に西の空を見ると後焼けをしているように見えました。急いで岸壁の方に戻りました。案の定、太陽が沈んだ後の空が焼けていました。



 上の写真は北西側(舞洲方面)の空です。
 下の写真は南西側(咲州方面:南港)の空です。一番高いビルが府庁の咲州庁舎が入っているビルです。この上からは明石大橋に沈む太陽を見ることができます(春と秋の2回)。



 海遊館前にはイルミネーションを目当ての人がたくさんいました。まずは人がいない場所からの写真です。



      

 撮影会では多重露光で撮影する機会がありました。一眼レフのカメラなら案外簡単にできます。イルミネーションには適しているかもしれません。



      

      

 帰る頃(とはいっても6時半頃)には真っ暗になります。出迎えるイルミナーションも帰りに撮って終了です。



 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

気の早いクリスマス会

2017-12-14 16:32:28 | Weblog
 先週の日曜日に恒例のクリスマス会がありました。例年、長女の家でします。今年の食事会は近所の店(アイラ)でした。この店ができたのは数年前で長女の家族が馴染みになっています。夕方の時間に貸し切りにして貰いました。料理も大人と子供用とに分けて作ってもらいました。

 子ども用のハンバーグ(数人前)



 これも特大のオムレツ



 この他に子供用に鶏の唐揚げがありました。美味しそうなので大人も頂いていました。

 大人用はいつもそうですが、食べ始めてから写真のことを思い出します。そのため一品しか写していません。鶏肉とポテトのソテー。



 貸し切りにして貰ったので皆で楽しむ簡単なゲームをしました。ペットボトルの中に割りばし1本を入れるゲームです。割りばしを自分の顔の高さから落としてペットボトルの中に入れます。

       

 これが難しく全員が3回ずつ挑戦しましたが誰も成功しませんでした。
 急遽ルール変更で、おへそあたりから落とすことにしました(上の写真)。すると子供たちの中で一番小さい子(当方の姪の次男)が入れました。その後、次々と入るようになりました。

 賞品は子どもはりんご、大人はコーヒーでした。おのおの3人が入れば終了でした。



 食事が終わった後は長女の家の方に向かいました。徒歩3分です。

 次男の子ども二人(当方からすれば孫)は前日から泊まっていました(必ずSoちゃんも泊まります)。当日の午前中は山から持ち帰った木の実を使ってリースを作っていました。下のリースはYuiちゃんの作品です。



 始まる前にSoちゃんがチョコレートの数を数え始めました。縦が6個で横が6個、さていくら? 答えが出たら2,4,6,8、と数えて確かめます。ここに居てる人数が18人でした。さて、一人何個になるでしょう? 奈良のおじいちゃんやおばあちゃんから送って貰ったお菓子で算数の勉強もできました。



 今年はどの家庭も忙しく、子供たちの出し物も急ごしらえです。今はやはりの歌でしょうか歌いながらダンスを披露してくれました。



 クリスマスケーキは当方の姉が準備してくれました。姉の長女(当方の姪、子どもたちのいとこ)は1回目のクリスマス会から参加しています。



 ケーキを食べ終わる頃、いいよいよサンタさんの登場です。今年は子どもたちの不意をついて玄関からの登場でした。

      

 このサンタさん、玄関からはいいのですが、チャイムを鳴らして入ってきました(!?)。ちなみにサンタさん役は当方→長男→義兄(岡山山岡さん)→姪の夫→長女の夫→次男(今年)。今回が6年目のクリスマス会になります。
 子どもたちはサンタさんからプレゼントをもらって大喜びでした。

      

 その後はフリータイムです。次男の長女(Yuiちゃん)は今練習しているピアノの曲を弾きました。もらったばかりのクリスマスプレゼントを提げています。




 男児は将棋です。藤井そうた四段の影響大でしょうか。

      

 積み木崩しで盛り上がる子ども(一部大人)もいました。昔と違って積み木崩しも変化したものです。

      

 今年もクリスマス会が無事終了しました。子どもたち(孫ではありません)は今、働き盛りです。そのため忙しい日々を送っています。今年のクリスマス会も1部カラオケ、2部アイラでの食事会、3部長女の家での会という案も出ていました。時間がとれなかったのか1部はカットでした。仕事が忙しくなる分、時間の調整が一番難しそうです。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

師走の山庭から

2017-12-10 10:21:29 | Weblog
 先週の木曜日から土曜日まで山の家に行きました。今週の日曜日は恒例の家族によるクリスマス会があるため土曜日までの滞在です。水曜日の夜はお世話になった方の偲ぶ会があったのでその間隙をぬっての山行きです。

 山ではすっかり冬景色になっていました。山庭で唯一咲いていたのがダイヤモンドリリーです。しかも一輪だけで斜面に倒れそうでした。



 この時期一番目立つのはマンリョウの実です。金曜日は一日中小雨が降っていたので雨粒がたくさんついていました。



 実がいっぱいついているマンリョウもあります。



 庭ではなく山の中には色々な木が実をつけています。フクロウさんはその実を使ってクリスマス用のリースを作っていました。

 9日は天気が回復しました。でも、気温は下がっています。水をためている鉢には氷が張っていました。



 帰るまえの少しの時間に散歩をしました。スモさんの山庭まで歩きます。
 スモさんの山庭にあるバンパースです。

       

 みつまたの蕾は大きくなっていました。



 塀の隙間から覗いて撮ったのがヤツデです。ちょうど塀が前ボケになりました。

       

 オブジェの自転車をいつもと違う角度で撮りました。



 最後は今年最後の山行きになりそうなので家から見える朝日を撮りました。
 太陽が見える前から空が茜色になってきました。



 12月9日、日の出直後の写真です。



 ちなみにこの日が一番太陽が速く沈む日でした。日の入りはもうしばらくゆっくりと昇ります。1月はもっときれいな朝日が見えることでしょう。若い頃はお正月にもよく行っていましたが、病気以後は躊躇します。      
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

晩秋の穏やかな日に

2017-12-06 12:55:39 | Weblog
 晩秋とは言え、12月に入ったので初冬と言った方がいいのかも知れません。でも、12月の第2の週末(9日、10日)は天気は晴れで穏やかな日和でした。

 この両日に長居公園の植物園に行きました。長居公園まではバスでも自転車でも行くことができます。バスでは20分弱、自転車でも20分強で行くことができます。歩くには少し時間がかかります。



 公園の中はイチョウの黄葉やメタセコイアやモミジバフウの紅葉がまだ残っていました。

 これはヤナギです。

          

 ケヤキやエノキも落葉前でした。下の写真はエノキです。

       

 大きな池では枯蓮がたくさんありました。



 中ほどにかかかる橋が水面に写っています。



 この橋は薄い虹色に塗っている所があります。当方はこの橋をバックにハスの花をよく写しています。いつもは背景ですが、これは主役です。ちょうど枯蓮(右下の黒いもの)は流れてきました。ここにピントを当てると映り込んだ所がそれほどボケなくてすみます。



 2匹のハクチョウが仲良くのんびりと泳いでいました。



 カモもたくさんいました。

      

 この他ではカワウでしょうか? 動きが速すぎてカメラで追うことができませんでした。動く撮りを写すにはそのためにだけの準備が要ります。

 大きな池の向こうには小さな池もあります。



 街中とは思わせないような景色です。



 ここは木々に囲まれているのであまり風の影響を受けません。黄葉した木(手前)と水面に映る向こうの木々を意識して写真を写しました。



 時間の経過とともに光の質や量が変わり見ていて飽きない景色でした。

      

 花があまりない時期ですが、長居公園内にある植物園は見どころがたくさんあります。夜はイルミンーションが点灯しているようです。

 9日、10日は天気予報で今年最後の「お出かけ日和」と言ってました。まさしくその通りになりました。フクロウさんはいつも行っているプールが改装のために閉鎖しているので、長居公園内にあるプールに行ってました。行先は同じでも別行動です。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

紅葉狩りin湖東&湖北

2017-12-04 15:56:11 | Weblog
 先週の火曜日(19日)、いつものメンバーと撮影バスツアーに行きました。この日は夕景まで写真を撮るので少しだけ遅い出発でした。
 最初に行ったのは近江八幡市安土にある教林坊です。今まであまり聞いたことがありませんでした。あまり期待はしていませんでしたが、教林坊に着くやいなや素晴らしい景色が目に入って来て感激でした。

       

 このお寺は紅葉だけでなく苔がたくさんあることでも知られているとのことでした。
 そんなに広くはないので人を写らないように撮るのに苦心が要ります。下の方にライトが写っています。ライトアップされた紅葉もまた素晴らしいとのことです。

      

      

 当方たちが行った数日後に関西のTVでこのお寺が紹介されていました。一時は無住になり荒れていたとのことですが、現在の住職や檀家や近隣の方の努力で庭が整備されたと報道されていました。

 ここは4,50分しか時間がありませんでした。次の目的地で時間を多くとるためと夕日の沈む時間に最後の目的地に着くためです。駐車場からの往復の時間を引けば30分足らずでした。ここで1時間ほど時間があればと悔やまれました。

      

 二か所目は長浜市木之本にある鶏足寺です。このお寺は散紅葉で有名なお寺です。鶏足寺に行くためにはバスを降りて30分ほどかかるようです。でも、隣の石道寺の前を通ると半分ほどの時間で行くことができました。

 鶏足寺に行くまでの道で撮った写真です。とても良い天気でした。

 

 帰りも同じ場所で角度を変えて撮りました。



 鶏足寺についてみると、散紅葉の色があせています。例年ならこの時期参道に積もる落ち葉が鮮やかだそうですが、今年は早く紅葉が始まったそうです。
 少し残念でした。それでも紅葉している木々がまだ少しあったのでめげずに撮影です。

        



       

 モミジの散紅葉は期待外れでしたがイチョウの落ち葉が代役を果たしてくれました。

       

 最後は湖北の水鳥ステーション(道の駅)近辺から夕景の撮影です。天気が雨や曇りではこの撮影はできません。ラッキーとしかいいようがありません。



 日が沈む前に海も空もオレンジ色に焼けてきました。竹生島のよこにある小島が真ん中です。後ろの山並みは比良山系と思われます。

      

 太陽は沈みかけるとあっという間です。こんなにも速く沈むものかといつも思います。
海の光線に黒い点があるのは水鳥です。たくさんの水鳥がいました。

 太陽がしずんだ後も空と海が染まっています。右端の黒く見えるのが竹生島です。



 この日の撮影を終了となりました。日帰りなのでバスは一路大阪に向かいました。

 紅葉狩りも今回で一応終了です。一応と言うのは名残の紅葉があるかもしれません。

    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加