ちゃちゃ・ざ・わぁるど

日記と言うよりは”自分の中身”の記録です。
両親の闘病・介護顛末記、やめられないマンガのお話、創作小説などなど。

あの頃のKAZZ~セトリあれこれ➁

2016年10月29日 20時49分24秒 | KAZZあれやこれや
カズさんセトリ、大沢くん編の続きです~。

ARABLE SPECIALのセトリ紹介を前回致しましたが
少々追記・・・というか
その時の衣装カットをば。
記録が残っておりましたゆえ・・・まあ、こんな感じですってことで。



中に着ていたものははっきりしないんですが、
とにかく白・・・というよりはラメっぽいコートみたいなのを着てました。
他のライブはきれいさっぱり忘れちゃいましたがタブン他は私服。
この時のみユニで、みんなこのコート着てました。大沢くんも。
少なくともこのライブではカズさんはまだ化粧してて
曰く「癖になっちゃってて、化粧しないと乗れないんだよねwww」

ちゃちゃの直撃インタビューで語っておられたお言葉です。

さて、この頃大沢君はラジオ番組をいくつか持ち番組としてやってて
その一つに東京放送系の音楽番組で「サウンズ・ウイズ・コーク」てのがありました。
ウィキでみても詳細は不明で、しかも歴代DJに大沢の名前がない!!
・・・とほほですね。

でも、1984年ごろから86年にかけて大沢くんがDJやってたのは確かだぞ!
だって録音がちゃちゃ手元にあるんだもん。

ジュリーがゲストに来たことがあって、それが1984年。
その時カズさんのことがちょっと話題に出て
アシスタントの女性アナが「そのカズさんというのは?」と聞いたのに応えて・・・
大沢「あのー、EXOTICSのギタリストでね」
女性アナ「あ、ギターの人ね」
ジュリー「そうそう」
大沢「中々・・・ひょうきんな人なんですよね。」
ジュリー「はい、楽しい人です。」
はい。楽しい人です。

そして1985年にはそのカズさん本人がゲスト出演。
中でも印象的なアホ話がこれ・・・
カズ「(ツアーで)青森に行った時の話、板前がね、泣いて喜んだって言う」
女性アナ「どういう?」
大沢「カズさんがね、こう、魚をさばくワケですよ。上手にね。」
カズ「そうそうそう」
女性「へえ~!」
カズ「目玉なんか舐めながらね」
・・・何の話ですか・・・。

これについてはちゃちゃインタビューでカズさんが
「昔ちょっと勉強したことがあるの。板前になりたくてね・・・だってカッコいいでしょ?」
マジデスカ・・・??

そーいやカズさんてさ~、特技かなんかに「少林寺拳法」とか書いてて、聞いたら
「ああ、ほんのちょっとだけやったことある。ホントにほんのちょっとだけね。
カッコイイから、でも、ほとんど冗談。ていうか90%冗談。」
という風に、ちょっとだけ憧れてかじってすぐやめるパターン・・・多くね??
中学の時に体操部に入ってたのもきっと東京オリンピック見て
カッコイイな~とか単純に思ったんだろな~、きっと。
高校に入った時はもうやらなかったそうだから。
バンドだけは長続きしてプロになれたわけだからそれで十分スゴイッスけど。

閑話休題。

続いて時系列順に行きますと、1986年夏はツアーではなく
「THERE’S A LOT GOING ON」と銘打ったスタジアムライブを
今は亡き?大阪球場と神奈川の川崎球場の2か所で開催しています。
ところが! その川崎球場でのライブで、アンコール直前に大沢くんは酸欠でダウン!!
救急車で慶大病院に担ぎ込まれる事態に・・・!! 幸い大事には至りませんでしたが・・・

その頃はNHK-FMの名番組「サウンドストリート」のDJもやってまして
その番組中、ダウンしてしまった時の録音を流して
「皆さんにご心配とご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」と謝罪が・・・。
私は無事に完遂した大阪球場に行き楽しんで終わりましたが
川崎球場に行った関東地方の友人は大ショックを受けて帰ったことでありました・・・

残念ながらこのライブの記録は散逸してしまってセトリは不明。
ただ、インターバルあたりでカズさんがアコギで
「イパネマの娘」を演奏してたことのみ覚えています。
ちなみにこのライブタイトル、ソウル歌手の誰かは不明、
どなたかのツアータイトルか曲のタイトルか何かからまんまパク・・・取ったものだったらしい。

1987年はツアー活動再開・・・したっけ・・・。多分した。
この頃からバンド名が数年間「エル・タバスコス」に固定。
メンバーは毎回多少入れ替わりましたがカズさんだけはずっといました。
・・・まあ、カズさんもそのうちジュリーにシフトして
被った時期はジュリー優先にして大沢くんの方は欠席してたみたいですが。

その1987年12月19日放送のラジオ番組
「ローディ・ライブコンサート」でのセトリを紹介しませう。
1.Go Go ”Trouble” Heaven~ゴーゴーヘブン
2.スカしたBeatで
3.ダンスをしようぜ
4.フランス海岸
5.そして僕は途方に暮れる
6.まずいリズムでベルが鳴る
7.ウーレイ
1~4は時のアルバム「SCRAP STORIES」から。

通称「途方」はナンバーワンヒット曲、6は1stアルバムからタイトル曲
そして7は「途方」と同じく3rdアルバム「CONFUSION」から。
番組DJはお馴染み!!井上堯之さん!!
そしてカズさん紹介時に井上さん曰く「オレ結構お世話したよね!」とのお言葉が・・・
「お世話されました・・・」としか言えないカズさんであった。

「ローディ・ライブコンサート」には1989年11月18日放送にも出演してました。
その時のセトリをば・・・
1.G
2.REAL ACTION
3.CONFUSION
4.君の住む街角
5.ハートブレイク・ノイローゼ
6.STANDERD LOVER
7.STOP&ギミーラブ
8.ゴーゴーヘブン
この年はアルバムを2枚出してて、それもシリーズもので
「Serious Barbarian」無印から翌年のⅢまでの3枚、
大沢くん曰く同じコンセプトとタイトルで3枚出したら
「(たぶんEPIC SONYの)社長に怒られた」。(でもやめなかった。)
7はその無印から、1と2と6はⅡから。4はシングル(通常アルバム未収録)
他は従来のアルバムからの選曲となっておりました。

無印







さてさて、大沢くんのセトリはまだありますので次回、もっかいやります。
ホンマはもっともっとあってんけどね、ジュリー程きちんと残してませなんだ。スマソ。

『芸術家』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« KAIGO.介護 りたーんず 巻... | トップ | TSUTAYAでアニオタな日々 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

KAZZあれやこれや」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。