ねこのひたい

ねこのひたいのような庭と、趣味の読書と,
おとぼけな日々のことをいろいろ書きたいです。

お寺のこと、戒名のこと、お金のこと

2017年07月29日 | いろいろ

「院号とは、生前にお寺を建立するほど寺院に尽くすとか、

社会的に高度の貢献をした人につけられます。

戒名の一番上に置くものです」

ネットには、そう書いてありました。

 

夫の実家は、江戸時代は庄屋とか名主とかそんな感じだったらしく

お寺の総代を務めたりしていたようです。

そんな訳で、代々戒名には院号がついているそうです。

 

義父が亡くなり、やはり戒名には院号を付けたい、と義母が言いました。 

 

しかし!

以前は豪農(?)だったものの

夫の祖父の代辺りですっかり落ちぶれ

義父は普通の勤め人。 

付けるのはいいよ、

でも、その後のおつきあいは、義兄(長男)では無理なのでは…

(院号がつくと、法事とか寄付とかいろいろ高いらしい)

 

そんなことを家族で話したのですが、

結局お坊さんの

「〇〇さんにはお世話になってるから、

院を付けない訳にはいかない」

との発言で、義母の願いは簡単に叶いました。

 

葬儀の日、お坊さんが

義父がいかにお寺に貢献をしていたかを話しました。

貢献=お金なんですけどね。

 

その後、義母が言いました。

お坊さんが、おとうさんに感謝してたけど

あれ半分以上は、私への感謝ね、と。

そう、お寺への寄付などは、義母が判断してやってたようです。

 

言い方を変えると、

夫の実家は、一般的な家庭にもかかわらず

義母が、寄付を頑張っていた、と言うことです。

 

そして、今回義父の戒名に院号を付けたせいで

この先の金銭的負担も、承ってしまった、訳です。

 

義母は言います。

「私には戒名はいらないから」

そうは言っても、夫婦は基本、同じ位だと聞きます。

つけないなんてできるの?

 

そして、多分「家を継ぐ」ことになる義兄は 

両親の戒名にふさわしいお付き合いができるのか???

 

今回、お布施と戒名で、ふくふくの1年分の学費相当を払いました。

もちろん、この他に葬儀屋さんへの支払いもあります。

葬式代は義父名義の定期預金になっていて

当座の現金はない、とのこと。

仕方がないので、私がパート代をコツコツためて蓄えた

ふくふくの学費で、建て替えました。

 

義父の葬儀を通して、改めて思いました。

義母とは価値観が全く違います。

正直、なんでそんなにお寺にお金を使うのが

全く理解できません。

なんのための、院号なんでしょうか…

 

夫は言います。

うちは分家だから、絶対あの寺の檀家にはならない、と。

自分たちが死んだら、永代供養、もしくは樹木葬にしようとも。

 

うん、それでいいよ。

娘たちに、そう言い残そう。

 

だけど、夫実家のお墓はどうなるんだろうか。

義兄が継ぐんだろうけど、義兄は独身。

義母の葬儀は義兄がやるとしても

義兄が亡くなったら…?

あの墓と、あの仏壇はどうなるんだろうか…

そして、お寺との付き合いは…?

 

疑問が頭の中に渦巻いています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 義父の人生 | トップ | 組のしきたり »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ぽぽんがぽんきち)
2017-07-31 15:18:01
院号ね~母方の伯父が亡くなった時と同じだわ。
母の実家は庄屋でも豪農でもないのに、祖父の戒名の位がとっても高い(誰がそうした?)→祖母も同じ位にしないといけない→当然伯父も同じ、で戒名の位が高いとお寺の付き合いがとても大変(高額)と言っていました。

そして、私の実家。
父も母も末っ子だったから、父が亡くなった時にお墓を買いました。後々みる人がいなくなるのに、どうするの?と思ったのだけれど、立場上何も言えず。
父が入るお墓がないのはかわいそう、と言っていた母は「死んだらどうせ自分はわからないんだから、自分は永代供養で十分」と言うし。
今はお寺の付き合いを妹がしているはずだけど、この先どうするんだろう。。。
夫の実家のお墓もお寺の付き合いも、全部義父母がやってきていて、夫はノータッチ。これもこの先どうするんだろうか。
お墓の問題はいろいろ大変だよね。
Unknown (chabonosuke)
2017-08-01 09:01:29
院号も、おうちが裕福だったら問題ないんだけどねぇ
うちと同じ悩みもおうちもあるのね。

そしてぽんきちさん実家のお墓も、今後が心配なんだね。
継ぐべき人が独身、全く同じ!
でも、今の世の中、そんなおうちがたくさんだろうね。

お墓問題、難しいよね

コメントを投稿

いろいろ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。