フラメンコ教室 大阪市住之江区 三重県名張市 『寝ても醒めてもフラメンコ番外』

フラメンコのこと、日々のささやかな想い、子供のことなどを、とりとめもなく綴っています。

セビージャ6日目レッスン4

2016-09-30 | 日記
朝は果物やヨーグルト、ハム、チーズ、ゆで卵などを食べてから出て行き、更にレッスン前、バルにて朝食。

パンを小さいのに変更してもらったら1.8ユーロになった

今日のテクニカは、先生お疲れ気味。少し難解な足の見本を見せて、「自分達で練習しといて。yukikoが教えるから。」と言って休憩に出てしまった!マジでか?!みんなスペイン人に習いに来てるのに、そりゃ無いぜー
ともかく、みんなの前で言われた足をやって、カウントとって、先生戻って来たらソソクサーッと引っ込んだ。常連の1人が、温かくヘルプしてくれて助かったよ。(その方は日本人で、英語もスペイン語もペラペラで頼もしい!)
続くフェリペのクラス前、昨日の足が思い出せなくて、自分の足を撮ったのを確認していたら、フェリペがやって来て、自分も忘れたから見せてくれ、と。
今日はギターに、外国人の練習生と、その先生が加わった。振付はレトラ2つに、シエレまで。明日は進まないな、たぶん。(たまにはエスコビージャ習いたいよっ)

夜は、キンテーロ劇場にファニジョロを聴きに出かけた。ビエナルの公式プログラムではないが、ヘレスのプラスエラ地区の方々に加え、ゲストにエンリケ・エストレメーニョとファン・ホセ・アマドールが出る。
開演の19時前に行ったら、まだ開場すらしていなかった。そこでバイラオールの出水くんに遭遇!ひゃあー、こんな所でっ、と話が弾む。

始まったのは19:30。最初から19時に始めるつもりないよね、ね、ね?
ファニジョロは顔を真っ赤にして熱唱。血管切れそう。カンテソロだけでなく、コーラスやパーカッションを従えたポップ調の曲もあり、リラックスして楽しめた。休憩の間に、同じ列に座っていた優しそうなマダムが、日本人?フラメンコやってるの?と話しかけてきた。色々質問されて、こういう時、もっと言葉が出来たらなぁ!って思う。後半はバイレも入り(そのマダムの先生らしい)ファニジョロの公演は大御所たちに見守られ、賑やかだった。

cazon en adobo サメの酢漬けを揚げたもの。ビールに合う。

ケン ケン パ 試してね、って。ソレアのコンパス。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セビージャ5日目レッスン3 | トップ | セビージャ7日目アレグリアス... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事