フラメンコ教室 大阪市住之江区 三重県名張市 『寝ても醒めてもフラメンコ番外』

フラメンコのこと、日々のささやかな想い、子供のことなどを、とりとめもなく綴っています。

黄昏の週末 土曜

2016-10-19 | 日記
セビージャ21日目 土曜。今日はミリアムの46歳のお誕生日。昨晩遅くに帰ったら、部屋のドアにメモが貼ってあった。
Hay una pena-gitana en mi habitacion.y Hugo. Tu ropa esta en mi estudio.
???可哀想なヒターナが部屋に居る、ってこと?(Hugoはミリアムの飼っている犬の名前。)
今朝洗濯をして、干して貰ったのが、書斎にある事はわかった。
ミリアムがヒターナ?と一緒に寝ていると思って、iPhoneの話をしたかったけど、私も部屋に閉じこもって寝た。
これが勘違いだった。土曜の朝「yukiko!夜中3時に帰ってきたら、入れなかったわ!あなた1人だけの時はチェーンは外しておいてね。」げげー!!!入れたのが3時と言っていたのかもしれない?どちらにしてもゴメンナサイ。そして友達を紹介された。カディスからやって来たベレンとパブロ。そしてヒターナ・・・って犬じゃん!どう見てもpenaに読めるけど、perraだったのね(女の子なのね)
スペインでは、自分の誕生日に友達を招待して御馳走すると聞くけど、本当なんだな。ミリアムは甲斐甲斐しくお料理に精を出して、友達は悠々と召し上がっていた。

この土曜は買い物に費やすことに。こちらに来てから3週間になるのに、まだお土産の物色もしていない。お店がひしめく通りをブラブラ散歩しながら、ゆっくり見て周った。フラメンコの衣装や小物を扱うお店も気にしながら歩いていると、フラメンコ・パッション8という店に行き着いた。店番をしていたのはマルケシータ。日本人と知るや否や、あれこれオススメされ、それもすごく的をついたセールスで、あっという間に全身コーディネートされてしまった。でも嫌な感じはしなくて、むしろ大満足。お値段も安かった。
気分ホッコリ、お土産も楽しく時間をかけて選び、ずいぶん歩き廻った。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金曜続き | トップ | 黄昏の週末 日曜 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む