フラメンコ教室 大阪市住之江区 三重県名張市 『寝ても醒めてもフラメンコ番外』

フラメンコのこと、日々のささやかな想い、子供のことなどを、とりとめもなく綴っています。

セビージャ4日目レッスン2

2016-09-28 | 日記
朝食はピソで、火を使わずサッと盛れるものを摂取して、11:30〜のレッスン前に、近くのバルでカフェ・コン・レチェとパンを頼むパターンでいってみよう。


今日は洗濯デビュー。セニョーラに見張られて(笑)洗濯機に入れて洗剤投入。操作はセニョーラがやる、とのこと。理由は「水が冷たいから」???意味分からないけど、従いまーす。



2ユーロ。

レッスン2日目。テクニカは昨日の内容にプラスα。
続くフェリペのクラスは、マダムが消えて3人だけになった。初日の復習が殆どで、ほんのちょっぴりしか進まない。NYのラナは、ガッツで頑張る人。オハイオ州のルチアナは、もう泣きそう。クラス前に、全然わからない、昨日やった事も忘れた、と嘆いていた。聞いたらフラメンコ歴2年だって!!!マジでか?!そりゃ相当苦しかろう。でもフェリペはすごく彼女に気を配っていて、ボードにアレグリアスのコンパスを書いて、まずはコレをマスターするように説明していた。(それしか無いわな)levelがバラバラで、クラス進行に頭を痛めている様子。フェリペ頑張って!

レッスンが終わるのが14:30。昨日はスタジオ借りて練習したけど、もう疲れて無理やわ。
ピソで昼ご飯を作って食べる。

リゾット。味噌とんこつ味。

夕方にシャワーを浴びて、今夜の劇場へ。
とにかく早めに出る。余裕で着いた時はタパる。 このパターンでいく。

タコのポテサラ。何ユーロか忘れた。3、4辺り。

20時頃、まだ明るく、気温は36度!(来る時マドリッドは寒かったのに、セビージャは暑い・・・持ってきた服は、寒さ対策ばかりで、完全に間違えた感)

36度の写真を撮って振り返ったら、Jちゃんが居た。びっくりしたなぁ!!

今日はロペ・デ・ベガ劇場で、アントニオ・レジェスという人のカンテ。伴奏のディエゴ・デル・モラオが観たくて(聴きたくて)やってきた。


初めてバルコニー席に。このドアの向こうに椅子が3席だけの半個室。

私、やらかした!このドア、ホテルみたいに、外に出たら自動でカギが閉まる。案内係のお姉さんに鍵で開けてもらった



アントニオは、これからの人なのかな?綺麗にしっかり唄っている印象を受けた。
ディエゴは、めちゃめちゃ良かった。あの身体の揺すり方が好き。色気を感じる。音色も色っぽくて、カナステーラという曲のサリーダだけでもウットリした。
パルメーロが3人のブレリアは、聴きごたえがあった。

帰りにJちゃんに、興味深い話を聞いた
ヒターノの男性に習った時、ひたすら速いテンポで足をやらされたそうだ。ゆっくりはダメなんだって。こういうのは速くやらないとダメ、ってひたすら。こんなにやるんやー、と思ったのだそう。
ゆっくり出来ないと、速くは出来ない、っていう先生も居るし、どっちの先生も本当の事言ってるんだよね、って話をした。
ひたすら足っていうレッスン、私にはもう厳しいかな・・・今日、レッスン中に指が攣ったし
フェリペが、自分もよく攣る、って。え〜?!ほんまぁ?!
私の5本指ソックスを見て、分かれてるのはダメだ、ひとまとめじゃないと、って。え〜?!ほんまぁ?!
わざわざ靴を脱いで見せてくれたんだけど、黒い薄手のやつ履いてた。
靴を脱いで、冷たいところ歩くんだ、揉んだりしないで、ゆーっくり歩くんだ、って。スタジオ出たところの床を歩いたら、ひんやりしていて、これはホンマや!と納得した。
スタジオ内でレッスン中、スタジオ外をソーッと歩いているマヌケなワタクシ。ole〜!

この記事をはてなブックマークに追加

セビージャ3日目レッスン開始

2016-09-27 | 日記
月曜、目的のレッスンがスタートした。前回来た時に、カサ・デ・ラ・メモリアで観たフェリペ・マトが気になって、いつか習ってみたいと思っていた。そう、元々ビエナルの事は考えてなくて、スペインへ行こう!誰に習おう?あ、フェリペ・マトのクルソがあるんや!!あ、ビエナル期間にかかってる!やったぁー!という感じで決めたのである。
彼が教えているスタジオは、タジェール・フラメンコという、スペイン語その他のレッスンもされている総合的な教室が経営していて、ずっと前からあるようなのだが、私は初めて。ピソもこちらでお願いしたら、スタジオまで1分!こんなん初めて!レッスン着で行くことにした。
予約していたLevelのクラスは、申込者が私1人だったので違うクラスに入ることになった。
まずは、別の先生によるテクニカ90分。あらかじめ聞いていた先生と違うんですけど???・・・ま、いいか。今まで習った事が無いスタイル。内容は超ベーシック。そのままレッスンに取り入れられるテクニカばかりで勉強になる。こうして、この土地で習える幸せを噛み締めた。しっかりやろう
続いて、楽しみにしていたフェリペ・マト。思っていたより小柄で若い兄ちゃんだった。ピソのセニョーラが、「フェリペは踊り手としても素晴らしいけど、先生としても優れているのよ。」って。
最初はアレグリアスを唄ってくれて、私達にパルマを叩かせた。メトロノームみたいにバチバチ叩いたらダメ、もっとスアベ(柔らかく)に、と言われた。あ、そーか何年やっていても、ハッ!と気付かされる事がある。
私を含めても4人しかいないので、一人一人を細かく見てくれる。そして私に言ってくれた事、あー、それなんだよ、貴方に習いたかった事ー!と思った。
オハイオ州の女の子とニューヨークの女の子と、個性的なマダム、そして日本人の私。
すっごく上手なスペイン人がギューギュー詰めかけている人気のクラスも刺激的だが、それだと、自分から気付く事しか学べないから、こういうのもイイなぁ。

夜は、イサベル・バジョンの公演へ。マエストランサ劇場にリベンジ!である
大通りに出るのをやめて、セントロを徒歩でズンズン突っきったら、50分近くかかった









レッスン後の脚には堪えたが、バス待ちストレス無し。

公演は、奇才イスラエル・ガルバンが監修したもので、かなりシュールな喜劇。イサベル・バジョンは、イメージを崩すようなノリノリの演技で頑張ってた。言葉がわからなくて笑えない所が沢山あったけど、面白くて、ずいぶん奇妙な作品だった。

帰りは勿論バスに乗った。ところが油断してた!絶対曲がると思ってた所で曲がらず、どんどん市内から遠ざかっていく。どうしよう、ここで降りたら引き返すバスが捕まえられるのだろうか?と迷っているうちに、取り返しがつかないほど遠くに来てしまった。疲れは判断力を鈍らせるんやな。
運転手さんに救いを求め、結局終点まで行ってしまい、「大丈夫。10分休憩するけど、また引き返すから。」と励まされた。道中 何度か気にかけて声をかけてくれ(運転しながら、思い切り振り向くのヤメテ〜)、降りる場所がきたら合図してくれた。
12時だが人通りはある。あぁ、運転手さん有難う。教えてくれた方向に駆け出しながら振り向いたら、走り出すバスから大きく手を振ってくれているのが見えた。優しいなー、この土地の人は、みんな。

この記事をはてなブックマークに追加

日曜日続き

2016-09-26 | 日記
Blog楽しみにしてます、と何人かに声をかけてもらったので、いつもより頑張ってアップしている。せっかくスペインに来ているのだから、それに時間をかけるのは勿体無いかなー、と以前の私なら思っていたが、こうして文章にして振り返ってみると、頭の中が整理されるようで、なかなか良いものだ。読んでくれている人の愛のお陰ね

ロペ・デ・ベガ劇場へ向かうべく、早目にバス停に向かった。今度はさほど待たずに乗れた。バスの中のTV広告が面白い。el caqui で柿の宣伝。kumonはスペインにもあるのかぁ。。。

早めに劇場に着き、今度はバルに寄る余裕も。



開演時間の20:30になっても、まだ長蛇の列。地元のアルティスタが何人も観に来ている。
さて、自分の席がどこかわからなくて困った。真ん中の通路を歩きながら、端の座席の上の番号に目をやるのだが、みんな同じ数字?!列番号は、座席のサイド下にあった。列を見つけて座りに行くと、私の席は13番なのに、12の次が14になってて動揺!!
通路を挟んで左右が、奇数と偶数席に分かれておる。不思議な構造。

公演の内容や出演者については、専門のフラメンコ・ジャーナリストのサイトなどを参考にしてもらうと良くわかると思うので、私は個人的な感想程度に。
えーっと----、良かったです!!!(爆)
いやぁ、感想言い出したらキリ無いわ。アントニオ・カナーレスが看板の舞台に、カルメン・レデスマのグループが堪能できるとはサプライズ。これ、日本で彼らを組み合わせたマンサニージャさんの功績が大きいと思う。カルメンが踊る時はアントニオ・モジャが弾き、カナーレスの時は振付にピッタリ張り付いたモダンなギターだなぁ、と思っていたらパコ・イグレシアス。フェステーロのルイス・ペーニャの見せ場もあり、みーんな日本でお馴染みのアルティスタ達やん?日本のフラメンコ関係者はすごく良い仕事してくれてるんやなぁ、と思った次第であります。
私的には前半がすごーく良くて、後半が少し物足りなかったので、このあとのサンタ・クララを目指してみる気になった。どうやって行けばベストなのか全然わからなかったけど、間に合わなければ縁がなかった、ということで。
バスの中で、iPhoneの地図が相当役に立っている。難なく11時前に着いてしまった。その時、なぜか私の頭の中では、11時開演が11:30開演に変換されていて、なんかちょっと小腹に入れていこうと思い立ち、お手軽なモンタディート(小さいボカディージョ)の店に飛び込んだ。前の人の注文が長いっ!あぁ時間が過ぎて行くよう〜と思いながら、自分の番が来て、テイクアウトで注文。そしたら、30分待ちと言うでは無いかっ。あきらめて会場に行ったのが11:15頃。受付でチケットありますか?と聞いたら、あっさり売り切れと言われてしまった。そっか・・・そうだよね、あきらめて帰ろうとしたその時、入り口付近にいた男性がチケットを差し出してきた。あ、これがダフ屋というやつか!と身構えた私は思わず いくら?と聞いた。するとタダであげる、って。マジで?!そのやり取りを見ていた受付のおっちゃんが、おいでーと手招きしてくれたので、私は御礼を言って会場に急いだ。急ぎながら、あの人、ええ人やったんやー、お金払えば良かったかな・・・と頭をよぎった。
運良く入れたサンタ・クララでは、人々がワイン片手に開演を待っていた。こりゃ、テイクアウトを持ち込める雰囲気じゃないなしかし、開演後の暗闇に紛れて、念の為に持参して来た おにぎり にこっそりかぶりついたのであった。
ペペ・アビチュエラはご年配なので、若い共演者たちが彼の演奏を、一生懸命汗だくで支えていた。カンテの人は、踊り伴唱っぽくて、ソロで聴くには物足りない。演奏はまったりしていて、ところどころ往年の響きのような感じを受けた。バイレにアルバ・エレディア。すごいなーとは思うんだけど、好みじゃない。モネタが良くやってる野性的なマルカールや首のグルン!が出てきて・・・なんだろう?モネタがやるとイイのに、この人のは何かが違う。古い動画で観たことのある、マリキージャの衝撃の床寝技が出てきて会場が湧いたけど、私はやっぱり好きじゃない。押しの一手だからかなぁ?グラナダの個性だなぁ。
終演後にパチリ。

素敵な雰囲気の会場。

この記事をはてなブックマークに追加

セビージャ2日目日曜日

2016-09-26 | 日記
日曜日、お昼にビエナル主催の無料の催し物がある。会場となるサンタ・クララの場所を調べてみたら、滞在先から近そう!歩いていける
突き当たりがサンタ・クララ。



写真展をぶらぶらして待つ。

いよいよ始まった!

初めて生で観るオルガ・ペルセは、ヌーディーなコスチュームに、爬虫類?的な動きで壁に張り付き、子供もビックリ。

観客の反応を巧く捉えて、即興的な動きに繋げているようだ。コケティッシュな魅力。
壁の光と影も、舞台装置に思えて、つくづくアートだなぁ。


オルガ・ペルセ、身体能力の高さと優れた感性の持ち主の上に、手を抜かない体当たりのパフォーマンス。
ここでのショーが終わり、アナウンスがあって観客がゾロゾロ移動を始めた。え?終わりじゃないの?
なんと裏手に特設舞台が設けられていた。
床面全体を覆うバタ・デ・コーラ。その履き口は、登場したカンタオーラに繋がっていた!

最前列にクラウディア・クルスが観に来ているのを発見!
ひとしきりカンテが終わると、目の前をコーラが空に引き上げられ、なんと日を遮るテント代わり。
再びオルガ・ペルセ登場。さっき水中で暴れたのに、まだ踊ってくれるなんて

間近で しかと堪能した。(爬虫類で終わらなくて良かったわぁ)いやはや、一流の舞台を無料で楽しめた。ビエナルあっぱれ。
帰り口に向かった時、ペペ・アビチュエラと遭遇!(iphoneを向けて、いいか?とジェスチャーしたら頷いてくれたのでパチリ!)

今晩11時から、ここで彼の演奏がある。ピソから近い事がわかったし、行きたいな。チケットまだあるかなぁ?・・・でも明日からレッスン始まるし、無理しない方がいいかも・・・。今晩は20:30〜のカナーレスのチケットを買っている。それが終わった時の気分と状況で決めることにしよう。
道順と景色を頭に叩き込みながら帰路につく。日曜のアラメダ公園は大賑わい。

ピソに着くと、日本人の彼がギターを練習しているのが聴こえてきた。彼は長く居るようで、食事もセニョーラに作ってもらっているようだ。こうしてこの土地の生活に溶け込んで、また1人、日本で活躍するギタリストが育っていくのだな


お昼ご飯に、早くもお米登場。キッチンを気兼ねなく使える時間が限られているので、いつもこんな感じになりそう。
ひと休みして、夜はロペ・デ・ベガ劇場だ。今度は余裕を持って出発するぞ〜。


この記事をはてなブックマークに追加

ファルキート公演、涙涙の遅刻の巻

2016-09-25 | 日記
滞在先から、公演のあるマエストランサ劇場は遠かった。そこでバスで向かう事にしたのだが、いま思えばもう少し下調べして早くに出れば良かったのだ。
夕方、セニョーラがカルメン・アマジャの映画を観ていたのに興味が湧き、少しご一緒して まったり過ごした。開演1時間前にピソを出て、バス停がある大通りを目指し、劇場まで行くであろうバスを待つこと、まさかの30分経過 どれだけ歩いて会場に向かおうかと迷ったことかっ!でも私より早く待っている人もいて、だんだん人数が膨らんできて、いま歩いて行ったら入れ違いでバスが来ちゃうんじゃないかと思って、辛抱強く待った。それなのに、ようやく来たバスは、まさかの超満員で誰一人乗れなかった。(みんなファルキートに行くのか?!)この時点で既に20時を過ぎていた。タクシーを呼び留める人もいたけど、殆どの人が溜息と共に辛抱強く待ち続けた。判断に迷ったが、バスカードがあるし、きっとすぐに来る!と信じて運に任せた。
公演開始時間の20:30が過ぎ、絶望的な気分になった。20:40頃、2台続けてきたバス(!)にようやく乗り込んだ。この時点でマエストランサ劇場に一番近いバス停がわからなくて、乗り合わせた人に聞くと、バス停名はわからないけど近くに来たら教えるわ!と親切。良かったぁ・・・そして、とても歩いて行ける距離ではなかったと気付き、ホッとしたような微妙な気持ち。
その人が降りる直前に、もうじきマエストランサ闘牛場が見えるから、そこで降りて道なりに歩いて行くのよ!と教えてくれた。でも、私の頭の中の位置関係では、闘牛場と劇場は少し離れていて、バス停はもう一つ先かもしれない気がしたので、こりゃもう運転手さんの横に張り付いて確認するしかない!と、ゴソゴソ移動。すると、チケット用紙を握りしめた女の子が先に、運転手さんに質問していた。良かったー、ついていこう闘牛場前に来たところで女の子が降りるのか?と聞いたら、次だよ、って。
劇場に駆け込んだのは、涙涙の21時過ぎ。
ショックで気持ちが騒ついたままで、楽しみにしていた舞台に集中できるまで少し時間を要した。
公演は、期待を遥かに超えた、夢のような時間を与えてくれた。本当に夢のような、めくるめく展開。彼らのフラメンコが、前より好きになった。(失敗話が長く、公演の感想が短くてすみません。なんと言葉にしてよいものか、書き出すと長くなりそうで)
帰りはあっさりバスに乗れ、iphoneの地図のGPS機能が恐ろしく役に立つ事に気付き(←Wi-Fi繋がってなくても見れるんやぁ 知るの遅い?)ピソの近くまで来たところで降りた。
セニョーラが「その路線のバスはいつも遅れるのよ」って
土曜夜、日本を出てからようやくゆっくり眠れる時がきた。



バスのカード。カード代が1.5Euroで、7Euroチャージして10Euro分乗れる。

この記事をはてなブックマークに追加