地域ねこ「ちゃあ」と「サバ」

隣家とのすき間で生まれたチャトラ♂「ちゃあ」と、いつの間にかいっしょに住み着いたキジトラ♀「サバ」の2にゃん写真物語

「ちゃあ」と「サバ」とは?

2017年10月23日 | ちゃあ と サバ
2015年5月、我が家と隣家との隙間に1匹の三毛猫がいるのを見つけました。お腹が大きく、どうも出産する場所を探してここに行き着いたようです。狭いので、追い出せないでいるうちに出産してしまったようで、小さな茶色い毛玉がそこにありました。この子が「ちゃあ」でした。そうなるとなおさら追い出すわけにいかず、見守ることにしたのです。
珍しく一人っ子の小さな小さな茶色い仔猫なので「チビチャ」と呼ぶようになりました。三毛のお母ちゃんの献身的な子育てで、チビチャはみるみる大きくなりました。
3ヵ月がたった頃、お母ちゃんはもう独り立ちできると思ったのか、子育てを終えてチビチャを残し出て行きました。
ちょうどその頃、チビチャより少し小さなサバトラねこが、時々チビチャを訪ねて遊びに来るようになりました。「サバちん」です。この子は何処からやってくるのかわからないうちに、いっしょに住み着くようになったのです。
2匹になっても自立するにはまだ早いように思われたので、うちをあわせてご近所さん3軒で世話をすることになりました。お隣の玄関先に小屋を置いて寝床とし、朝晩の食事はお隣さんが、昼のおやつはうちが担当してこの子たちを世話するようになったのです。
(避妊・去勢手術をしている証に耳がカットされています。)
『猫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちゃあ、そこはダメ | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ちゃあ と サバ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。