With A Little Luck!

趣味と生活と衝動買い日記です!(笑)。

Paul McCartney / ONE ON ONE AT BUDOKAN

2017年05月28日 | 西新宿系


ついつい映像モノがいいと、そちらを見返す時間が多いのだけど、
音楽アルバムとしてのCDも忘れてはいけません。

ライブ・アルバムとして発売中のBootlegの中で、武道館公演収録モノの個人的な一押しは
Empress ValleyとXavelのダブルネームでリリースされた「ONE ON ONE AT BUDOKAN」。

とにかく演奏が大きく捉えられている!。
さすがに武道館、コアなファンが集結しているだけあって、録音者の周囲の盛り上がりも尋常ではなく、
オープンングの「A HARD DAY'S NIGHT」からお祭り騒ぎ。
適度なオーディエンスの騒々しさはオーディエンス録音の醍醐味とは思いつつも、こりゃ派手過ぎるな、という印象。
でもそんな心配も束の間、2曲目以降はほとんど気にならない状態に。



無指向性マイクにて収録とインフォにあるけれど、バンドを真っ直ぐ狙ったかの様に演奏が大きく捉えられており,
武道館よりも小さいハコでのライブを聞いている様な印象。
このマスタリングの方向性が、このレーベルの音作りの特徴なのかな?。
後にリリースとなった同レーベルからの東京ドーム3タイトルも似た音場に仕上がっている。
個人的にはもうちょっと会場の空気感というか拡がり感があると好みではあるけれど。

まあ、あの2時間をこんな高音質で記録してくれたことに素直に感謝です。
この日しか聞けなかった「Everynight」がこんなにいい音で何度もプレイバックできるのだから・・・。


*ジャケは当方でソフトケースに入れ替えてます。

◆Nippon Budokan, Tokyo, Japan 25th April 2017 -EVSD & XAVEL Original Audience Master (Omnidirectional Microphone)-   (Disc 1)   01. Pre-show SE (Coming Up / Mrs. Vandebilt) 02. Opening (The End) 03. A Hard Day's Night 04. Jet 05. Drive My Car 06. Junior's Farm 07. Let Me Roll It / Foxey Lady 08. I've Got a Feeling 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred and Eighty-Five 11. Maybe I'm Amazed 12. We Can Work It Out 13. Every Night 14. In Spite of All the Danger 15. Love Me Do 16. Blackbird 17. Here Today   (Disc 2)   01. Queenie Eye 02. Lady Madonna 03. I Wanna Be Your Man 04. Magical Mystery Tour 05. Being for the Benefit of Mr. Kite! 06. Ob-La-Di, Ob-La-Da 07. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 08. Back in the U.S.S.R. 09. Let It Be 10. Live and Let Die 11. Hey Jude Encore: 12. Yesterday 13. Hi, Hi, Hi 14. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
◆Bonus Tracks:   15. A Hard Day's Night (Live at Nippon Budokan - 25th April 2017 / Multiple IEM Matrix Master - Rough Mix) 16. Miss Ann (Soundcheck at Nippon Budokan - 24th April 2017 / Soundboard Master)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Paul McCartney / ONE ON ONE BUDOKAN THE MOVIE

2017年05月27日 | 西新宿系


Beatles、Paul McCartneyの良質タイトルをリリースし続ける老舗レーベルからも、今回の日本公演全日程のライブアルバムが発売中。
さらに、全日程分の映像を収録したDVDも追ってリリースされた。

そのDVDの中でも、ネットや友人間で最も評判のいい武道館公演を収めたものを買ってみた。

2015年来日公演を収録したブルーレイ(某Nレーベル製)。
インフォ通りの高画質で素晴らしい映像だったんだけれども、隠密シューティングの宿命で手振れがキツめで酔ってしまい、なかなか視聴に集中できなかった経験から映像モノは苦手だったんですが、今回のこれはどうだろう・・・。



一言。「これはいい~」
3台のカメラを駆使し、果敢に撮影を敢行。



向かってやや左斜めからポール単体をしっかり捉え、顔面が白く飛ぶこともなく(厳密には飛ぶ箇所もあり)終始その雄姿を拝むことができる。
カメラ、アリーナ2台、スタンドから1台の3アングル!。



*画像は全てPCで再生した画面をキャプチャーしたもの



自分は当日D2ブロックで観ていたけれど、おそらくアングルからメインのカメラはより前方のD1ブロック辺りからの撮影じゃないかな?。



オフィシャルで撮影され編集、音声も整えられた映像は、それはもちろん魅力的ではあるけれど、客席からの撮って出し(もち編集はされてます)映像は、比べものにならないほどその場の生々しさを伝えてくれる。

手振れも個人差はあると思うけど自分的には許容範囲。音声もいい。
しかしよく撮影できたなあ。

東京ドーム編ではさらにカメラを1台追加した4カメアングルの物もあるとのこと。
気になります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Paul McCartney / CLOSED SOUNDCHECK AT BUDOKAN 2017

2017年05月23日 | 西新宿系


まもなく終了から一ケ月経とうとしているPaul McCartneyの「今年のジャパン・ツアー」。
「今年のジャパン・ツアー」なんて言えるほど頻繁に来日してくれるようになるとは、わずか5年ほど前には思いもしなかったことだけど。。。

終わってからの「振り返り」が個人的にはライブの愉しみで(笑)、
ほぼ出揃った「ONE ON ONE JAPAN TOUR 2017」のブートレッグ、購入したり友人とシェアしたりしながら
熱狂の1週間を再び噛みしめています。

いくつか印象的なブツをライブの時系列にそって紹介など。。。

今回は、初日武道館公演のリハーサル音源
「CLOSED SOUNDCHECK AT BUDOKAN 2017」。



キーボードのウィックスとギターのラスティのイヤモニをキャッチして、
非公開だった武道館のリハーサル風景を我々に聞かせてくれる驚愕のアルバム。

ウィックス、ラスティそれぞれの音源を左右に配置し、ステレオ感たっぷりに聞かせてくれる(自分は基本的にイヤフォンでなくスピーカー視聴)。
ポールがステージに登場する前の、バンド・メンバーだけでの音出し段階の時間は、確かに冗長に感じられるけれども、こんな音が聞けるだけでもすごいこと。

最も自分的に引き込まれたのは「MAGICAL MYSTERY TOUR」のリハーサル場面。
なんとビートルズのオリジナルバージョンを会場で鳴らしながら、ポールがベース・ラインの確認を行っているというもの。
こんなシーンは長年ツアーを共にしたバンド・メンバー、クルーにとっては見慣れた場面なのかも知れないけれど、
レコーディングした本人が、かつてのバンドの音「ビートルズ(!)」を聞きながら確認作業をしている姿をバンドメンバーとして見る、
というのはどんな心持ちだったんだろうって。
もうこのシーンを後追いで聞けるだけでもこのアルバムの価値は素晴らしいなと(自分的にはですけどね)。



当日、武道館の外でチケット受け取りの待ち合わせをしていて、この「MAGICAL MYSTERY TOUR」の演奏が漏れ聞こえてきた時は
「あちゃ~、オープニングはミステリー・ツアーかあ・・・」なんて複雑な気持ちになってしまったものですが(笑)

このタイトルにはおまけのギフト盤(CD-R)として前日24日に行われたリハーサルの
武道館の壁越しに捉えたドキュメント的なアルバム付(こちらも貴重)。



1. Here, There And Everywhere #1 2. Guitar 3. Here, There And Everywhere #2
4. Drums, Keyboards 5. Piano #1 (electric) 6. Conversation #1 7. Piano #2 (acoustic)
8. Conversation #2 9. Session 10. Honey Don't 11. Magical Mystery Tour #1
12. Magical Mystery Tour 13. Save Us #1 14. Save Us #2 15. Let 'Em In
16. Love Me Do 17. Queenie Eye 18. Bluebird 19. Ram On 20. Under Pressure
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Paul McCartney Live at Tokyo Dome 170430

2017年04月30日 | Beatles


あぁ、ついに終わってしまった。

Paul McCartney東京ドーム3日目、最終日。

ここ数年頻繁に来日してくれて、つかの間だけど、かつてのクラプトン状態になった?なんて思ったものの、ポールももう74歳。

自分がポールの演奏を聞けるのもこれが最期?、と一曲一曲を脳内に焼き付ける様に気合いを入れて(笑)臨みましたよ。

でも最後に、いつも通りの「See You Next Time ‼︎」が聞けて何だか安心した様な…。

また来日して元気な姿を見せてください‼︎。

朝起きると、昨夜のサイリウムが抜け殻の様にまだボンヤリと灯ってた。
さ、現実に戻りましょ。

















































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Paul McCartney Live at Tokyo Dome 170429

2017年04月29日 | Beatles


Paul McCartney東京ドーム2日目終了。

今夜もミラクルなシートから…。

常に心のベストテン第一位な一曲、
I Saw Her Standing Thereで遂に落涙f^_^;)

ヘフナー・ベースから叩き出される正確無比なビートの圧を身体中に浴びた。
ベースだけが抜きん出て聞こえてくる訳じゃなくて、でもちゃんと楽曲にグループを与えているという…そう、まさにビートルズだった。
うまく言えないけど、わかってもらえる人にはわかってもらえると思う。
とにかく素晴らしい体験だった。

もう何年も疎遠になっていた音楽友達にたくさん再会できたのも嬉しかったなぁ。



























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Paul McCartney Live at Tokyo Dome 170427

2017年04月27日 | Beatles


Paul McCartney 東京初日のドーム公演。

中央エリアの2列目という、ステージに斜めに向かえば遮る物がないという最高のシートで楽しませていただきました。
ドームの残響音も皆無で、狭い会場で聞いているようなド迫力サウンド。

セトリも演奏も、武道館を凌駕してるんじゃ?、と思わせる素晴らしいライブ。

なぜか今夜はLove Me Doで胸が熱くなりましたよ。









































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Paul McCartney Live at The Budokan

2017年04月25日 | Beatles


昨夜チケキャンでお安くゲットして、アリーナに降りる事ができた〜

Paul McCartney at The Budokan

聞きたかったあの曲を遂に生で聞く事ができて大満足。

果たして今夜が、この日本ツアーにおけるどんなポジションの公演になるんだろうか。。。











































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Paul McCartney / FLOWERS IN THE DIRT

2017年04月09日 | Beatles


Paul McCartney アーカイブ・シリーズの最新作はいよいよ「FLOWERS IN THE DIRT」

今回も自分はアナログ1本勝負。
DVDは気になるけれど…
やっぱ2万超えは高いよなぁ。


ジャケットはシリーズ初!?、のツヤあり仕様。
単なるppラミネート加工ではなく、かつてのビニール・コーティングのような深みのある艶で、所有欲を満たしてくれる(笑)。


リマスター具合は自分は十分過ぎるほどに満足できる仕上がり。
一つ一つの音が豊かに鳴り、生々しさが増してます。
かといって、オリジナルの今や軽く感じてしまう音も捨てがたく、愛聴盤であることには変わりません。


オリジナルは、自分が初めてリアルタイムで買った元ビートルズの新譜(「プレス トウ プレイ」はもう出てたし、ジョージの「クラウドナイン」は友達からカセットにダビングしてもらった)。
28年前はCDで買い、今回はレコードで。

曲順もすっかり体にしみこんでいる一枚を、もう一度新譜として楽しめることの幸せを感じとります。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

George Hrrison / LIVE IN JAPAN 2017 Remaster

2017年03月23日 | Beatles


ジョージの再発LP、持ってなかった「LIVE IN JAPAN」のみをゲット。

オリジナル盤(アナログ盤)は高嶺の花な高額盤になってるから、このアナログ再発は嬉しかった^ ^
音質も申し分なし…、と言うかめちゃくちゃいい!。


正直、オリジナルのCDの音は、平板でこじんまりとしたライブ感のない印象で(個人の主観ですよ)、好きなライブ盤ではなかったけど(2004年の再発でも印象変わらず)この2017年盤は、楽器の音の一粒一粒が艶やかで太く、臨場感溢れたものになっていて、これぞライブ盤って感じ。ジョージの声もいい…。
アナログ・マスター使用の強みか。

他のタイトルも聞いてみたいなぁ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

あれから一週間…

2017年03月08日 | Music


一週間前の武道館、午後6時過ぎ。

ザ・コレクターズ、デビュー30年目にしてたどり着いた武道館ワンマン。
一週間経った今日のこの時間になっても、あの2時間半を思い出すとウルっときそうな感覚が消えず・・・。

見どころ満載過ぎてなかなか咀嚼できていないけれど(笑)。

とりあえず、この写真から約30分後の瞬間が忘れられない。

客電が落とされた瞬間、悲鳴のようなオーディエンスの歓声があがり、
丁度Paul McCartneyのライブの様に、コレクターズ30年の歴史を綴ったオープニング・フィルムがスタート。
このフィルムが腰を抜かす程にカッコよかった。
コレクターズの名曲から印象的なメロディ、ギターリフ、コーラスをミックスして綴られた5分弱の映像。

何より嬉しかったのが、歴代メンバー、特に自分が好きになった時期のコレクターズを支えたベースの小里くん、ドラムのQちゃんの姿がきちんと映し出されたこと。

そしてフィルムのラストには「BUDOKAN」の文字が!(ポールの場合はヘフナー・ベースが大写しになる瞬間ですね)。
ステージ上にはスモークがたかれ、ゆっくりとメンバーが定位置につき、そして一瞬の静寂が訪れた瞬間に「愛ある世界」のイントロが・・・。


もうすっかりオッサンとなってしまったのに気持ち悪いけど、自然と涙があふれてしまった。泣いちゃった。
こんな体験したのは初めてかもしれない。
廻りを見回すと同じように涙をぬぐう人たちが大勢。
これこそ長く応援し続けた「時間」の重みなのかも知れない。
18の高校生がもう40代のおっさんだもんなあ。。。

しばらくコレクターズ・モードのままです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加