With A Little Luck!

趣味と生活と衝動買い日記です!(笑)。

ERIC CLAPTON / ROYAL ALBERT HALL 2017 1ST NIGHT

2017年06月20日 | 西新宿系


クラプトン、5月に行われたロイヤル・アルバート・ホール公演。
初日の22日をオーディエンス収録したタイトル
「ERIC CLAPTON / ROYAL ALBERT HALL 2017 1ST NIGHT」。

ネット上にUPされたものをプレス盤化したもの・・・だと思う。

R盤でなくプレスにてリリースという事で、とにかく高音質。
演奏を大きく捉えてるだけでなく、録音者からステージ(かなり近い?)、そして録音者から後方のオーディエンスの間にある、空気の層までもパッケージした様な理想的な録音。



インフォに使用マイクはSchoeps MK4と高らかに記載はしてあるものの、録音場所がステージに近い、かなりの高ポジションだったのではないかと推測。
そのくらいクラプトンを近くに感じることのできる綺麗な音。

自分は遅まきながら、本盤でレゲエ・アレンジの「Bell Bottom Blues」を初体験。
昨年の日本公演を踏襲した様なメンバー、セットリストだけに、どんなアレンジになっているのかは想像できたけど・・・、ほぼ想像通りだった(笑)。
熱量を抑えた分、メロディの良さが伝わってくるシンプルなアレンジは素晴らしい。
この曲、自分は生で体験していないので、いつか再び日本に来てくれた際には演奏してもらえるんじゃないか?、という微かな希望も生まれた。
「Badge」の徐々に昇り詰めていくようなバンドの演奏も最高。

限定シール付分には同公演をオーディエンス収録したDVDRが付属するのでお買い得。

Live at Royal Albert Hall, London, UK 22nd May 2017

Disc 1
1. Intro 2. Somebody Knocking 3. Key To The Highway 4. Hoochie Coochie Man
5. I Shot The Sheriff 6. Driftin' 7. Bell Bottom Blues 8. Layla
9. Nobody Knows You When You're Down And Out 10. Tears In Heaven

Disc 2
1. Badge 2. Wonderful Tonight 3. Crossroads 4. Little Queen Of Spades
with Doyle Bramhall II
5. Cocaine with Doyle Bramhall II 6. Hight Time We Went with Doyle Bramhall II

Eric Clapton - guitar, vocals Chris Stainton - piano, keyboards
Paul Carrack - organ, keyboards, vocals Nathan East - bass
Steve Gadd - drums Sharlotte Gibson - backing vocals
Sharon White - backing vocals
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Paul McCartney / BUDOKAN 2017 | トップ | Paul McCartney / BACK TO BU... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL