株式投資入門

デイトレや短期ではなく3~6か月位のタームで株式投資を楽しみたい方へ

意味のないマイナス金利政策

2017-06-17 13:04:15 | 株式投資
マイナス金利政策を続けることによりデフレマインドは払拭されず、景気が良くなることも株価が上昇することもないだろう。民間資金が余剰の経済では、マイナス金利政策をとってもマネーが回ることはなく、デフレマインドを一層強めるだけだ。日銀は異次元の金融緩和策まではかつてない思い切った施策を断行したが、焦りからか最後に決定的なミスを犯した。マイナス金利政策の意図するところは理論的には理解できなくもないが、自分が経済学を学んでいたころのすでに陳腐化した理論のようでもあり教科書通りにはいかない。金融のグローバル化や資金構造の変化を背景に伝統的なマネタリー政策は機能しなくなっている。景気を良くし、株価を上げたければ、意味のないマイナス金利政策を止めるべきだろう。現状は株式を積極的に買える環境にはなく、今後の相場も円安に振れない限り為替に連動して循環的に往来するだけだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 持ち合い放れは期待できず | トップ | さらに円安が進まない限り株... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL