クリンの広場

たまっこくりんのおもいのたけ

兼六園切手~クリン家ドライブ能登半島旅行・20

2017-08-13 | 旅行記

 さて、「日本三名園」として 天下にその名を

とどろかす、

金沢・けんろくえん(兼六園)

 

 それは、前田家が 心血をそそいでつくりあげた

ていえん(庭園)です

 

 「兼六」というのは、6つのすばらしい・けいかん(景観)

をさすことば

 

 すなわち、・宏大・ゆうすい(幽邃)・人力

・そうこ(蒼古)

・水泉

・ちょうぼう(眺望)

そなえることを

いみ(意味)するそうで、

 広いえん(園)内を 歩きまわると、それが

ひとつひとつ

わかる

 

というのだそうです。

 

 

 実はクリン、ここに来る前から、けんろくえんが

絵になるってことは

知っていました。

 

なんでか?っていうと、

 しんゆう(親友)チットが、小学生のころ、

しゅみ(趣味)で

あつめていた

切手の中に、

 けんろくえんの有名な・とうろう(徽軫灯籠)を

描いた

名画があり、

 チットもクリンも、それを見て、子ども心に

(わ~、ステキ~~

思っていたからです 

 

 ・・・しかし、あこがれをいだいて、以前、「冬の兼六園」を 

おとずれた

チットは、

足首までうまる・雪と

たたかいながら

 やっと、ことじどうろう(徽軫灯籠)の近くまでとうたつ(到達)・・


そして、

(・・これはちょっと、ヘビーすぎる。)

おもったそうです

 

(しかも、その20分後に大雪のため閉園しました)

 

 

これだけの

ステキなけしき(景色)を

じっさいに

けんろくえんで

見るのは、、

 そうぞう(想像)以上に たいへん(大変)な

ことらしい

 

 

 

 

 

 

 

(その21、「前田家に嫁いだ女・溶姫」に、つづく)

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 兼六園でじぶそば~クリン家... | トップ | 前田家に嫁いだ女・溶姫~ク... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オイラも今日は・・・ (ヒゲ親父)
2017-08-13 17:31:18
とうとう兼六園まで来ましたね、
オイラは今日、クリン&チットさん達が今回の旅の最初の方に訪れた福井の東尋坊に行ってきましたよ~。今からブラオイラの記事作りますからね~。
Unknown (ユミ)
2017-08-13 18:37:48
切手に描かれた景色に憧れて、
実際に冬の兼六園に行ってしまう
チットさんとクリンさん、すごいでし!
でも、大雪で難儀したんですね。
歩いて見るには、夏場の方が
いいのかな。
ヒゲおやじさま (クリン)
2017-08-13 19:27:06
がんばって~~

ブラオイラだと、チリ(地理)みたいなお話がたくさん出てきそうだね!(^^)
チットは、とうじんぼうの近くにある・おしま(雄島)にきょうみ・しんしんで、「あそこで朝倉軍と織田軍が戦ったらしい。焼き討ちされたんだって、あの島の鳥居。」って、ワクワクしながら言ってます☆
のと半島方面、チリもれきしも、ネタがつきないね
ユミさんへ♪ (クリン)
2017-08-13 19:33:56
ユミさん、ここだけの話だけど、あの雪のシャシンは、近所のこうえんでとったやつなんだ(^^;
雪のけんろくえんに行ったのは、チットだけ☆
チットはそのとき、「白川郷」のがっしょう(合掌)造りのお家も見に行ったんだけど、大雪すぎて、かんいっぱつで通行止めをくらうところだったって、、
あっちの冬、ハンパじゃないみたいよ!
「兼六園の松の雪吊りだって、風流とかを越してる」って。ふつうに雪対策らしい
ユミさんには、秋のけんろくえんを、オススメします♪

コメントを投稿

旅行記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。