クリンの広場

たまっこくりんのおもいのたけ

わたせせいぞう「江戸恋もよう」・感想

2016-10-08 | 本と雑誌

 「大阪・花錦戸」の、まつのはこんぶの 包み紙を見て、

ふと

チットがもってる

きもの(着物)の柄

思い出したクリン。

 

 きおく(記憶)をたしかめるため、出してみました

・・・・

(やっぱり、

 じもん(地紋)のもようが、いっしょです) 

 

 うちのチットは、「京友禅」みたいな、はなやか

ものよりも、

どちらかというと

若いころから

シブ好み・・

 色むじ(無地)とか、江戸こもん(小紋)など、

ちょっと・こいき(小粋)な

かんじのに

ひかれます


チットいわく、

 「昭和の文豪・谷崎潤一郎は、『料理と女の着物は

上方に限る』

みたいなことを

言っていたけど、

 上方グルメの真髄みたいな 松の葉昆布には、

江戸小紋の散らし松葉と、一脈通じるセンスを感じた。」 


 かくいう・チットが、たまに引っぱり出して よんでいるのが、

イラストレーター

わたせせいぞうさんの

マンガ、

「江戸恋もよう」です



わたせさんは、80年代に 一世をふうび(風靡)した

シャレオツな

マンガ家

でしたが、

 いつしか、江戸こもん(小紋)のみりょく(魅力)にはまり

とちゅう(途中)から

作品にも、

江戸の人々を

とう(登)場させるように

なりました


 「江戸の人っていうのは、表面はさらりとして、中に粋なところを見せる・・」

とは

ご本人が語っていらした 

言葉です


 「江戸恋もよう」は、江戸の名所を フルカラーでしょうかい(紹介)

しながら、

そこに生きる

若い男女の

いちず(一途)で切ない・恋心

を、

わたせ流に

あわいタッチで描いた


たいへん キレイな作品です


 そこに出てくる人々は、たんせい(端正)にくらしつつも、

つつましやかに

うんめい(運命)に

た(耐)える

江戸こもん(小紋)のような

人々で、


地味だけど、変わらないことの価値を見せてくれる


うちのチットは

かんそう(感想)をのべています。


 3巻目のあとがきで、わたせさんは こんなことを書いてます。


 ボクが幼い頃は、

 明治生まれの人がたくさんいましたし、

 どこかに、古い箪笥の奥底などに、

 江戸の尻尾がのこっているような 

 気がしました。・・・」


 うちのチットも、子どものころに住んでた家の、和室の砂かべ(壁)の

うぐいす色に、


自分の知らない

100年前とかを

ついそう(追想)していた

クチで、


わたせさんのお話に、共かん(感)しきり 


・・・・・

 この話をきいて、りかい(理解)できる方には

おすすめしたい本です























ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まつのはこんぶ(大阪・花錦戸) | トップ | 禅語の茶掛け「釣月耕雲」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お江戸^ ^ (とも)
2016-10-09 00:54:42
こんばんは〜^ ^
わたせせいぞう、ハートカクテル読んでましたよ!
お江戸バージョン面白そうですね!読んでみようかな?
ちょっと趣きはちがうけど、杉浦日向子さんのお江戸漫画も、多分、全部持ってます!
以前チットさんの記事で、百日紅(さるすべり)のこと、書かれてましたよね!^ ^
時々読み返してます。独特な世界に、引っ張り込まれちゃう漫画ですよね・・・!
ともさんへ♪ (チット)
2016-10-09 01:33:55
ともさんには、理解していただけると思っていました!

さすがともさん・・杉浦さんの漫画もお持ちなのですね☆
(百日紅は名作ですね~~(^^)!

私、ハートカクテルはチラ見しかしてなくて、江戸恋もようが、ほぼ・初わたせでした。
わたせさん、とても気合入れて景色とか描いてます。(ご本人も江戸小紋、たくさん持ってらっしゃるそうです。←NHK「美の壺」で見ました)
内容もハートフルで、私は素敵だなあ、と思いました/m_0150/} ほぼ、お武家さんの恋物語です

機会がありましたら、お手にとってみてくださいね♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。