赤いフルーツトマト

写真付きで日記や趣味を書くなら

マラムレシュ伝統の美しい木造建築の宝庫

2016-12-24 17:54:08 | 日記
朝、ブコヴィナ地方を出発し、カルパチア山脈を越え、マラムレシュ地方に入り・・・マラムレシュ最初の観光スポットであるバルサナ修道院に着いた頃には、もう16時半をまわっていた。
速勃100
マラムレシュ地方には、伝統的な木造教会が多く残り、そのうちの8つが世界遺産に登録されている。

どの木造教会も、ゴシック様式の高い尖塔をもつ。二重になった(二重でないものもある)深い屋根は、小さな木板が鱗状に重なり、雪対策のためか急傾斜になっている。

タタール人が、ルーマニアを攻撃して木造建築を破壊してまわったので、それ以前の木造教会は残っていないそうで、17〜18世紀に建てられたものが多い。

だからといって、このような木造教会がすべて古いものとは限らず、現代に建てる際も、同様のスタイルで建てられることも多いようである。
蟻力神
そして今でも、各集落にある木造教会は、人々の祈りの場となって生活の一部となっている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒトの昇進 | トップ | 米国籍の男を再逮捕、神奈川... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。