トッコーのつぶやき

~トッコーの暮らしをシェアリング~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

輝いてますか?

2007年02月01日 | Weblog
現CFFの代表理事をしているFさん。厳しさと優しさを兼ね備えたすばらしい方です。私にとってはお父さんのような存在でもあります。 私がスワルで半年間のボランティアをしていたとき、Fさんから「あきちゃん、いつも輝いていなさい」といわれました。 それからというもの、この「輝く」という一言はいつも私自身の中で「生きる」という意味を問いかけてきます。 そして、Fさんはこんな詩も送ってくれました。 『 だから輝いていたいのです。    人はさまざまな試みの中に、思考し、選択し、育ちます。  悲しみは、怒り、優しさを持ち合わせ、人はそのどちらかを選択します。   優しさを選ぶ子は、愛することを学びます。  怒りを選ぶ子は、人を恐れ戦うことを学びます。   優しさの中に育つ子は、人を愛し、未来を信じようとします。  そして希望に満ちいきいきと輝き放ちます。   怒りの中に育つ子は、人を疑い、未来などないと信じます。  そして、怒りに満ちて争いにいどみます。   輝きの中にある子は、温もりを蓄えます。  温もりの中に育つ子は、永遠の愛を見つけます。    だから輝いていたいのです。』 う~ん、深いよね~。 人生いろんな「時」がある。さまざまな時と場において、無意識に、または、選択して、何らかの決断をして生きている私たち。 忙しい時間の流れに流されず、ほんの一瞬でもいいから心を静めて考えられるゆとりをいつも持って生きていたいな。 「輝くってなんだろう」 「どうしたら輝きあえるんだろう」 輝きを放ってる原石は、小さくともみんなの中に、きっとあるはず。 人と人がつながってる中で、その輝きを見出しあって、磨き続けていけばもっともっと、温か~い未来を築いていけるよね。 
コメント (46)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

心の赴くままに・・・・

2005年11月17日 | Weblog
新しい日は訪れ、時は流れる。
せわしない日々だけど、ふと立ち止まって、
自分自身の心に問いかける時間は大切だな、ってつくづく思う。


最近トッコーが自分の声を聴いた場所は、
朝日が昇る海を眺めながら、通勤電車の中、音楽を聞きながら、
ビルの合間から見える空を眺めて、庭の草花を見ながら、
仕事の手を休めて、紅葉を眺めながら、星や月を眺めて歩きながら、
睡眠にはいるちょっと前の布団の中・・・。まだあるかな?

ざっと挙げてみると、自然に触れているときが多いんだなあ。
フィリピンだと、一人で教会にふと立ち寄ったりというのが加わるけど、
日本では何かしながらって時が多いんだ。

でも、ベストポイントはやっぱりスワルの「子どもの家」だな~。
第一棟は朝も昼も夜も、その瞬間に見せる折々の自然の風景を
眺めながら自分を見つめられる。
ウォータータンクや山頂に昇って海を眺めながらっていうのもおススメ。

自分の問いかけることに対する声って、その時の自分の姿を現してる。
何かを見い出せる時もあるし、分からなくてモヤモヤしたままの時もある。
また、その心の語りかけてくる自分の言葉に、ちゃんと向き合っていると、
他者の優しさ、真心、親切、愛を改めてじ~んと感じることもできる。
与えられるものに感謝する気持ちを素直に伝えたいとも思えるようになる。

だから、どんなに忙しいときを過ごしていても、ちょっとでもいいので
自分の声に耳を澄ませることをしたいなと思う。


↓最近読んだ詩

Let Your Heart Show You the Way

Listen to the song in you.
It’s whatever puts stars in your eyes and makes your heart sing.
Listen to your feelings and you will hear who you are and what you must do.
Listen to your needs and you will know where to find what you are looking for.
Listen to the wisdom within.
It is trying to lead you to your destiny.
Listen to the song in you and your life will be full of harmony.
You will be who you were meant to be.
You will be complete and at peace and happier than you have ever been
― if only you will listen to the song in you. ―

Nancye Sims
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トッコー上陸

2005年10月11日 | Weblog

大学卒業後、フィリピンのスワルという村にある児童養護施設「子どもの家」に暮らした4年間…。周りからはサバイバルな日々を送っていると思われてるらしい。

本人はあんまり自覚ないんだけどな… 

(サバイバルなのかは皆さんの判断にお任せ♪)

 

 ブログをはじめるにあたって…

フィリピンと日本を行ったりきたりする暮らしっぷり、別に隠そうとしていたわけではないんだけど、今まで人にうまくシェアできてなかったのかもしれない。

生活の基盤を築いてくのに、やっとだったのかな。

言葉で自分の心にあることを表現するのはすっごい苦手だけど、このブログを通して、みんなにシェアしながら、もう一度自分自身と向き合いたいなあ

 今だってもちろんまだ完璧な形ではないんだけど、でも、なんか今、私は自分の中に揺るがないものを育みつつ、生きている気がする。

一粒の種から小さな芽が現れ、日々、根から水や養分を吸収し、一枚一枚の葉っぱでは光合成を通して酸素を世界に送り出す、― そんな植物のような行為を繰り返してる感じ。花や実はまだまだこれからかな。 

私の中に与えられた種がしっかり根をつけている感じだ。

これからまだまだ生育が必要なのだ 超マイペース・・・

でも近い将来これから花や実がついたと感じても、毎年、品種改良を続けながら、もっともっと素敵な花や実をつけられるよう成長を続け、誰かに喜びを与えられる人でありたいなと思う。

これからもそうあり続けたいと願うからこそ、今までの私の人生の中での出会いや関係のなかで、気づいたもの、感じてきたこと、大切にしているもの、築いてること、もっと誰かに伝えてみたくなった。

 普段口下手な分、すぐにはうまく言い尽くせないけど、ちょっとずつでも振り返りながら言葉を紡いでいきたいな。

もともと、のほほ~んとした性格なので、更新が止まってしまったら、温か~く 励ましてやってください…。            雷  は、苦手です・・・。

  

ブログをはじめるってことでちゃ~んと書き続けて更新できるのかなあとか 記憶の奥にあるものをどこまで呼び起こせるのかしら、私? とか不安でなこともあるけれど、でも今やらなかたっらいつはじめるんだ?まずは自分がどこまでできるかやってみよう!ってことで、がんばるぞ!

 

 たくさんの人たちに出会い、愛され、支えられてきた私の人生がこれからどんな道を切り拓いていけるんだろう。

きっとこのブログを通しても、もっとクリアに見えてくるかもしれない。

そんな期待もこめて

                                        よろしくおつきあいください。

コメント (9)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加