フランス都市交通最新事情2014 報告(2014/5/18-26)

少し前になりますが、先日望月真一が、フランスの地方都市(ストラスブール、ブザンソン、ディジョン、ランス)とパリで開催された「フランス派のトラム」展覧会を見てきましたので、ここに報告します。


自転車にあふれるストラスブール駅前広場


フランス派トラム展覧会(於リュ・デュ・デザイン)



【フランス都市交通最新事情2014 報告《さらなる展開を見せる地方都市と「フランス派トラム」展覧会》】

この数年は、自分のペースで落ち着いて地方都市の政策担当者、デザイナーなどから話を聞く時間を持てなかったので、今回は様々な人に会い各地で最近の情報収集の旅をしてきました。ヒアリングの内容も織り交ぜながら、注目すべき成果が訪れた地方都市だけでも様々展開されていますので報告します。

ストラスブールでは、公共交通網の骨格となる大きなトラムネットワークの基本部分は、ほぼ完成であるものの、さらなる延伸やBHNS(高サービスバス)等の準幹線路線の整備が目白押し、そして、自転車が爆発状態の普及を見せています。そして、今回訪れたブザンソン、ディジョン、ランス等人口20万人程度の都市圏人口の都市も、トラム導入が進んでいます。また、パリ圏でも数年後には10路線のトラム網となります。6、7年少なくとも10年前には実現には遠い構想レベルと思っていたことが実現しています。

ストラスブールで示された、トラム導入を契機に様々な領域を横断的に一体化して、都市交通にとどまらず都市政策全体で計画・実施するフランスの展開は世界でも突出しています。このフランス特有の政策展開を「フランス派トラム」と称して、これまでのフランスのトラム導入を契機とする様々な成果を、特にデザインの視点に重点をおいてレビューし、まとめた展覧会がパリ圏のデザイン戦略の拠点であるリュ・デュ・デザインで開催されていました。この企画から実現まで取り仕切った、RATP(パリ交通公団)のデザインをリードしてきたkaminagai氏に案内していただいたので報告いたします。
ヨーロッパモビリティウィークナショナルコーディネーター日本担当 望月真一

つづきは、詳細報告(PDF)をご覧下さい。
コメント?(?0?)?|?Trackback?(?0?)
« EMW&CFD2014... EMW&CFD2014... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
?
?