EMW&CFD2014 テーマのお知らせ -私たちのみちは、私たちの選択で-

ヨーロッパモビリティウィーク&カーフリーデー2014年のテーマが決定されました!

今年も車が最優先の社会を見直す契機として、多くの都市でヨーロッパモビリティウィーク&カーフリーデーが活用・実施されることを期待しています。昨年、日本は参加10周年と節目を迎え、今年からまた新たな心持ちで取り組んでまいりたいと思います!


ヨーロッパモビリティウィークは毎年、持続可能なモビリティに関連したトピックに焦点が当てられます。地方自治体は、このテーマに基づいて、市民のために活動を組織しなくてはなりません。また、地方自治体は、このテーマを支援する恒常的な施策を開始し、推進することが奨励されており、国内でも、このテーマに沿って今年の取組みを実践していきます!

以下は、今年のテーマの概要です。(ヨーロッパモビリティウィーク公式HPより抜粋)

++++++++++++++++++++++++++++++++++


-Our Streets, Our Choice(私たちのみちは、私たちの選択で)-


2014年は上記をスローガンとして、公共空間の使い方に市民の声を反映させていきたいと思います。

何十年間も、他の交通手段を犠牲に(スペースをとり維持費がかかり、排気ガスを出す)車が最優先の都市計画が行われてきました。自転車は狭い自転車レーンに、歩行者は狭い歩道に押し退けられ、公共交通も同様に車の二の次にされてきました。

その結果、まちは混雑し汚染され騒々しくなり、ゆっくりできる憩いの場が失われてきました。交通渋滞が騒音や大気汚染を引き起こし、人々の健康や環境を阻害し、経済的生産性を失わせることで、私たちの生活の質は損なわれてきました。

交通渋滞の解決策として、単純に道路の拡大が行われてきました。しかし、それは結果的に車を選ぶ人を増加させ、事態を悪化させるということが数々の研究で示されています。

今年のヨーロッパモビリティウィーク&カーフリーデーは、現在の車優先の公共空間から、より快適な公共空間に再配分することで我々の生活の質を高めるということに焦点をあてます。持続可能な交通手段を選び、車への依存を減らすことで、公共空間を取り戻し、人に快適なまちにしていきましょう。

++++++++++++++++++++++++++++++++++


ヨーロッパモビリティウィーク公式HP 2014のテーマ(英語)

ヨーロッパモビリティウィーク公式HP(英語)
コメント?(?0?)?|?Trackback?(?0?)
« モビリティウ... 「モビリティ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
?
?