ういーくえんど・なちゅらりすと

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

タイワンウチワヤンマ

2017-08-09 13:11:19 | トンボ
話を聞いた時から心に決めていたのだ。
これは、胴付きで勝負するしかないな。

三浦半島では歴史の古いため池。
先月、ここでタイワンウチワヤンマの羽化殻が採集されていた。
そして続けて成虫の目撃情報。
ため池に胴付き履いてデジカメ片手というのはかなり危うい行為。
それでも目指さねばなるまいて。
早速向かうと、すでに先人が。
挨拶をして状況を聞くと、ちょろちょろ飛んでいるよとうれしい情報。
良さそうな場所に目星を付け待っていると、確かに飛んでいる!
しかし、ここからが大変だった。

良さそうな足場は一回り大きなウチワヤンマに占められてしまっているためか、とにかく静止しない。
希に止まっても落ち着かない。
何度か遠目から写すことはできた・・・が証拠写真レベル。



アップは今後の課題かな。
そう思い始めたときに目の前の古びた杭にきた!


三浦半島産、タイワンウチワヤンマである。
数年前に1オスが見つかったときには完全に飛来個体だったようでそれっきりだった。
今回は違う。すでに羽化が確認され、繁殖行動も見られ、そして複数個体が飛んでいる。
この先どうなるかは神のみぞ知るだが、定着するなら素直にうれしい。
そしてこの日はチョウトンボの産卵も見ることができた。


いままで、三浦半島では確実な繁殖の証拠がなかなかつかめなかったチョウトンボ。
この池、今シーズンはもう少し通いつめないといけないかな、こりゃあ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イボバッタ | トップ | クルマバッタモドキとクルマ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トンボ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。