夏越の大祓(なごしのおおはらえ)

本日セラヴィ入り口に

茅の輪が取り付けられました。

 

茅の輪くぐりもいつの間にか

毎年の行事となりました。

 

いつものように

茅の輪の前で

宮司さまにお祓いをしていただき

祝詞をあげていただくと

 

祝詞の音が波動となって

心の奥まで真っすぐに響きわたり

不思議なことに

新たな気持ちが芽生えてゆきました。

 

茅の輪をくぐると

正月から六月までの半年間の罪穢(つみけがれ)を祓うと言われます。

夏越しの大祓(おおはらえ)に使用され

それをくぐることにより、疫病や罪穢が祓われるという言い伝えです。

水無月の夏越の祓する人はちとせの命のぶというなり

『水無月(六月)の夏越の祓をする人は、寿命が千年伸びるといわれている』です。

くぐり方は「左まわり・右まわり・左まわりと、八の宇を書くように三度くぐり抜けます。

こうして、心身ともに清らかになって、あとの半年間を新たな気持ちで迎えるのです。

 

あと半年

ゆっくり味わって

行こう

 

移りゆく自然と共に

丁寧に歩いて行こう

 

感謝と共に

歩いて行こう

 

新たな気持ちは

とても清々しく

気持ちの良いものでした。

 

6月30日には皆様のくぐったこの茅の輪

宝登山神社の夏越の大祓でお祓いし、焼納いたします。

 

それまでは

お越しのお客様の半年間の罪穢(つみけがれ)を祓い

新たパワーをお持ち帰り頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 折り返し 第13回落語会 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。