セントラル豊橋FCジュニアユース 

セントラル豊橋FCジュニアユースの情報です

本物の実力

2010-08-08 13:25:33 | 日記
夏の甲子園大会、いわずと知れた高校野球の聖地。過去に桑田・清原と言う伝説の高校生を擁した大阪PL学園が唯一負けた相手、茨城県取手二高。その取手二高は伸び伸び野球で全国制覇をする。清原は当時の相手高を「甲子園に来て、笑っている場合じゃねえだろう」と何度も思ったそうだ。桑田も「あんなに楽しく、伸び伸びやっても勝てるのはなぜだろう?」と実際にその敗戦の後、取手二高の練習に足を運んだほどだ。
ただ清原は「逆転のPL」と言われた伝統は、厳しい寮生活や練習で精神を鍛え、激しい練習量で他校を圧倒してきたのだと。彼をプロ野球界の中でも不動の4番と言わしめた原点はそこにあるのだろう。
また桑田は、こういう野球もあるのだな、伸び伸びも大事だな・・・でも伸び伸びと言うのは、短期的にはいいけれど、安定した強さ、長期的な強さを維持したいと思ったら、本当の実力を身に付けるしかない。だから最後の年に向けて、自分をもっと追い込んでいこう、そう考えたそうだ。
今の自分に満足しない。限界を超えれば、また新たな限界が表われる。本物の巧さ・強さにはおだてられ、はやし立ててられ、たやすくほめられることは不必要。物事に自律し、自ら立ち向かう信念と継続こそが不可欠。ここへ来ての甘えと油断は禁物。がんばれ3年生。早く気づけ2年生。1年生はこれからです。ハイ(~_~;)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三年生の夏②&③ | トップ | 浜名湖カップ1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。